なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

【仮想通貨自動売買】
月利7%実質コスト0円
仮想通貨自動売買ツール

仮想通貨もFXのように自動売買ツールで運用したい!だけど費用は安く抑えてしっかり利益を確保したい。そんな仮想通貨の個人投資家に安定した利益と実質コスト0円の自動売買ツールを紹介します。

仮想通貨の自動売買ツールで
こんなお悩みはありませんか?

仮想通貨の自動売買ツールの
コストが高くて利益が出ない…
もしも詐欺だったら怖いので購入を躊躇してしまう…
本当にその仮想通貨自動売買ツールで利益が出るのか不安
なるべく放置した状態で安定して稼ぎ続けてくれる自動売買ツールが欲しい
なるべく放置した状態で安定して稼ぎ続けてくれる自動売買ツールが欲しい

このような不安や悩みがすべて解消される
月利7%コスト実質0円の仮想通貨自動売買ツールとは?

QubitTech(キュービテック)が提供しているAPIロボット

Qubittech(キュービテック)は量子技術とブロックチェーンを駆使した仮想通貨トレードによる運用益を、安定的に個人投資家にもたらしてくれるクオンツファンドです。

簡単に説明すると人の判断ではなく人工知能(AI)によってデータを分析し、そのデータをもとに仮想通貨の売買を行い利益を得ているのがキュービテックです。

APIロボットはそのキュービテックが提供している仮想通貨の自動売買ツールで、集められた膨大なデータに従って仮想通貨を運用し月利7%もの利益を上げている優秀な自動売買ツールになります。

キュービテックに会員登録して、ある条件を満たすことで無料でAPIロボットを利用することができます。
APIを介してシステムを(BitfinexまたはBinance)アカウントに接続して仮想通貨を運用できるAPIロボットを運用プランに合わせて3種類、キュービテックではユーザーに提供しています。

え?390$って費用が発生するじゃないですか!

無料登録だけでは390$の費用が掛かるのです…しかしある条件を満たせば

キュービテックに登録しただけではまだ無料でAPIロボットを使うことができません。しかしある条件を満たすことでAPIロボットを無料で利用できるうえに、あなたに配当として利益までもたらしてくれるのです。

キュービテックのデジタルライセンス(シルバー以上)を
購入することでAPIロボットが無料で利用できます!

なんだ…やっぱり他の自動売買ツールと同じで
大金を投じて購入しなければ

APIロボットは利用できないんじゃん…

結局のところはお金を出して自動売買ツールを
購入するのと変わらないと思いましたよね?

でも違うのです。

キュービテックで投資パッケージを購入する
ということに変わりはないのですが、
この投資パッケージとは「投資信託」のようなもので

購入=投資額

のようになっており、購入したパッケージの金額を
キュービテックが量子コンピューターの力で
仮想通貨を運用
してくれるのです。

そこから得た利益を毎日あなたに配当としてユーザーに
還元しますので、投資したお金はほぼ確実に返ってきます。

そのためAPIロボットは無料で利用できるうえに
投資パッケージの契約内容により投資額の250%が
あなたの手元に戻ってきます。

キュービテックの投資パッケージとは?

仮想通貨のビットコインもしくはイーサリアムを
利用してキュービテック内で購入するデジタルライセンスが
投資パッケージと言われるものです。

デジタルライセンスを購入することで、
購入金額に対して1日平均0.83%の利益を得ることができ、
最終的には投資金額に対して250%の収益が還元されるまで
配当をもらい続けることができます。

月利で約25%の利益なので契約から4ヶ月で元本を回収し、
10ヶ月で250%の収益が還元された後は自動的に
デジタルパッケージが終了します。

デジタルライセンスには投資金額に応じた8つのプランがあり、
仮想通貨の自動売買ツールであるAPIロボットを
無料で利用するためにはシルバー以上のライセンス購入
が必要になります。

シルバーライセンスを購入して
APIロボットを使うとこんなにお得!!

シルバーライセンスは1000$(約105000円)で購入できます。APIロボットに10万円以上もお金を出すの?と思いますよね?ちょっと待ってください!

先ほど投資パッケージに対して日利約0.83%の配当が付くと説明しました、月利にして25%です。そうすると1ヵ月で約25000円の配当がもらえるのです。

ようよく考えてみて凄くお得じゃないですか?

すなわち仮想通貨の自動売買ツールを購入したり利用することに対して費用が発生するのではなく、逆に配当をもらいながら自動売買ツールを使って仮想通貨を運用することでダブル収入を生むことができるのです。

投資パッケージからの収入=月利25%
APIロボットからの収入=月利7%

2つの運用益を合算すると約32%の月利で仮想通貨を運用することが可能になります。

でも、キュービテックて怪しくない?
そんな大金を投資しても大丈夫なの?

仮想通貨トレードで注意が必要なHYIP案件

ハイプ(HYIP)とは、「High Yield Investment Program」の頭文字を取って作られた言葉で、高利回りの投資案件を意味します。

2017年ころから暗号通貨の運用をもとにしてハイプ(HYIP)が登場し、2019年にはプラストークンという詐欺案件で4,000億円の被害を出し世間を騒がせました。

このキュービテックも同じくハイプ案件として認知されており、多くのサイトで詐欺案件ではないか?と酷評されています。

しかし、そのようなサイトの多くがキュービテックを批判することでアンチマーケティングを行い、自分が勧めるハイプ案件への誘導に使っています。

ここはひとつ、キュービテックの運営状態をあなたの判断でしっかり見極めて、提供されている仮想通貨自動売買ツールを使うべきか考えてみるべきです。

キュービテックの経営陣について考察

社会的に実績と地位のある経営陣が運営!

キュービテックの経営陣はその他のハイプ案件の運営者とは異なり、世界的にも実績と地位がある人物により運営されています。

よくあるネット上の意味の分からない組織や団体のCEOと言ったものではなく、一部上場企業のCEOやファーウェイなど世界的企業のCTOが実名で参加していることが安心材、他のハイプ案件などとは違った安心材料になります。

キュービテックCEOのグリッジリモン氏とは?

その中でもキュービテックCEOのグリッジリモン氏は、カナダの一部上場企業である会社のCEOでもあり、今までに2回もIOCに成功している人物です。

※IOCとは新規仮想通貨の上場のことです。

カナダの投資銀行でCEOをつとめる傍ら、仮想通貨の将来性に目を付けて積極的に仮想通貨の設立に関わってきました。その知識と経験をキュービテックの運営にも活かしています。

ファーウェイのCTOでもあるジョージセバスチャン氏

世界的企業であるファーウェイの技術責任者がキュービテックの量子技術のCTOに就任しています。セバスチャンは量子技術の第一人者であり、その知識と経験は疑いようのない世界的技術者のひとりです。

キュービテックの投資ライセンスを運用する量子コンピューターやこのサイトで紹介している仮想通貨自動売買ツールであるAPIロボットの制作に彼が中心となって携わっています。
このように世界的にも信頼と実績のある人物
キュービテックは運営しているためハイプ案件と言われながらも健全な運営とされています。

そうは言われても、やっぱりハイプ案件である以上、
今までのように出金制限を受けたり投資した資金の
持ち逃げをされそうで怖いです…

でも安心してください!仮にキュービテックが
詐欺案件であったとしても仮想通貨自動売買ツールである
APIロボットで運用している資金は持ち逃げされません

仮にみなさんが心配するようにキュービテックが
詐欺案件であったとしても、仮想通貨自動売買ツールで
運用している資金を持ち逃げされることはありません。

と言うか不可能です!

なぜならAPIロボットはキュービテック内に
ストックしてある資金で仮想通貨トレードを
行うのではなく、

バイナンスなど仮想通貨の取引所内の資金で
運用するため、資金はその口座の中に残り続けます。
キュービテックが不正にお金を引き出すことは
不可能な状態にあります。

※バイナンスは世界でもトップクラスの取引量を
有する仮想通貨の取引所です。キュービテックで
API取引を利用するにはバイナンスの口座を
開設する必要があります。

キュービテックの仮想通貨自動売買ツールAPIロボット

月利7%の仮想通貨自動売買の実績を誇るAPIロボット

仮想通貨自動売買ツールは3種類ありますが、今回はシルバーライセンス購入により無料で利用することができるトレンドロボットとフラットロボットについて説明します。


TrendRobot(トレンドロボット)

キュービテックで提供されているAPIロボットのひとつ「TrendRobot」は、その名のとおりトレードする仮想通貨がトレンドに乗っているときを中心にトレードします。

少し仮想通貨の値動きが激しいときにトレードするため、取引にも波があります。しかし設定のところでリスクも3段階で調整できるので上手くバランスをとれば安全に運用することができます。


FlatRobot(フラットロボット)

キュービテックが提供しているAPIロボットのひとつ「FlatRobot」は、仮想通貨の値動きが比較的落ち着いているときを中心にトレードします。

トレンドロボットよりもトレード運用の波が安定しているので、小さく積み上げながら利益を獲得していくタイプになります。

APIロボットでのトレード実績

トレンドロボットでの仮想通貨トレード

 実際に自分が運用しているトレンドロボットの取引詳細です。

右上の円のところが取引のバランスを示しており、このロボットの場合は16回の取引を行い、そのうち7回の取引で利益を出していることになっています。
収益は530$の元本に対して17.41$、4.62%の月利という計算になります。

たまたま使っている画像では、ここまでの取引で損になるものはなかったため赤色のマーカーはありませんが、損失取引が生じた場合は円の中に赤色のマーカーも加わります。

フラットロボットでの仮想通貨トレード

こちらは自分が運用しているフラットロボットの状況です。
稼働している期間が少し仮想通貨の値動きに波が大きかったせいか、あまり取引回数は多くありません。

しかしながら5回の取引で3回のプラス取引、約239$の元本で4.02$、+5.6%の利益になっています。もう少し稼働期間が長くなればキュービテックの公表している月利7%に近ずくのかもしれません。

仮想通貨の自動売買ツールは
圧倒的にキュービテックがお得です!


ここまでキュービテックが提供するAPI取引ロボットの紹介をしてきました。仮想通貨の自動売買ツールは様々ありますが、その多くは購入したり利用料を支払ったり、取引に対して手数料が発生したりなど、自分の利益を圧迫するツールがほとんどです。

しかしキュービテックの仮想通貨自動売買ツールは、あなたの利益を全くもって圧迫することはありません

なぜならキュービテックの投資パッケージの中からシルバープランを購入することで無料で使い放題になるからです。

もちろんシルバープランの購入には1000$の費用が必要ですが、こちらも投資となっていますので、上記で説明した通り月利25%で運用して250%まで還元してくれます

すなわち10ヶ月の利用料をいったん保証金のような形で納めて、その後10ヶ月の利用期間(厳密には利用期間ではありません)が満了する頃に2500$にして返してくれるのと同じことです。

仮想通貨自動売買ツールを使用するにあたり、こんなに優遇されることが他にあるでしょうか?

やはり自動売買ツールを提供する側もビジネスであり、そこから利益を取るのは当然です。しかし、その利用料で自分の資産運用がはかどらないのも勿体ない話です。

しかしキュービテックの仮想通貨自動売買ツールを使うことで、ツールによる運用益はもちろん、ツールの利用資格となるシルバープランでの投資も同時に行うことで、あなたの資産運用は一気に加速します。

計算例)

シルバープラン1個×月利25%=250$
APIロボット500$運用×月利7%=35$

キュービテックの自動売買ツールを使って運用すると1ヵ月に285$の運用益を獲得できます。これが他の仮想通貨自動売買ツールであれば、仮に月利7%で運用できたとしても、そこから手数料や利用料を差し引かれるとかなり少ない利益になってしまいます。

せっかく仮想通貨で資産運用をするのであれば、他よりも効率の良い自動売買ツールで行うべきです。しかもキュービテックは今がいちばん伸び盛りの案件ですので、この投資チャンスを逃すことなく参加して仮想通貨で大きな資産構築をしていきましょう。