ベトナム人の日本ビザの
取得、変更なら
「チェンジビザ行政書士」
におまかせ!

Vietnam people japan visa
相談
無料

今すぐ相談する

ベトナム人の日本ビザについて
こんなお悩みありませんか?

ビザの申請書がわからない
ビザの理由書が作れない
いつビザがもらえるか不安
誰に聞いたらいいの?
忙しくて時間がない
実務経験ってなんですか?

そのお悩みを解決します!

ベトナム人の留学ビザ、人文知識国際業務ビザ、家族滞在ビザや永住ビザなど、複雑な手続きに悩んでいるベトナム人の方が多いですね。そこで、チェンジビザ行政書士阿部隆昭では、ベトナム人に代わって、ビザの取得や変更手続きをまるごとお手伝いします!

WeChatで簡単便利に打ち合わせが出来ます!

「WeChat」対応!

チェンジビザ行政書士は「WeChat」に対応しています。WeChatでのやり取りが可能なので簡単便利。
しかも、メールよりも素早い対応によって迅速なビザ申請を可能にしています。

バーコードをスキャン!

左の二次元バーコードをスキャンして友達登録することにより連絡可能になります。

ご依頼の流れ

STEP

1

お問い合わせ

「電話」、「WeChat」または、「お問い合わせフォーム」からチェンジビザ行政書士阿部隆昭に連絡をお願いします。
相談の日にちと時間を決めましょう。
私の事務所に来ていただくか、私から訪問してヒアリングします。

STEP

面 談

東京都北区赤羽の当事務所に来所いただくか、お客さまのご指定の場所まで面談に行きます。
充実した相談にするために以下の書類をご用意ください。
着手金として基本報酬額の半額をお支払い頂きます。

【ビザの変更・更新の場合】
・在留カードのコピー
・パスポートのコピー
【日本ビザの取得】
・パスポートのコピー
・実務経験証明書、卒業証明書など

STEP

書類作成

ヒアリングしたデータや資料をもとに、ビザの申請書、理由書などを作成します。

STEP

確 認

作成した書類を一緒に確認して頂きます。

STEP

入国管理局へ申請

入国管理局に申請をします。ビザの変更や更新の場合には、外国人本人が入国管理局へ出頭しなくても大丈夫です。

STEP

入国許可

申請から1ヶ月から3ヶ月後に許可(または不許可)の通知があります。
入国許可がされた場合には、成果報酬として基本報酬額の残りの半額をお支払い頂きます。

STEP

1

お問い合わせ

「電話」、「WeChat」または、「お問い合わせフォーム」からチェンジビザ行政書士阿部隆昭に連絡をお願いします。
相談の日にちと時間を決めましょう。
私の事務所に来ていただくか、私から訪問してヒアリングします。

よくある質問

Q
雇用契約書は特別に用意する必要がありますか?
A
通常お使いの契約書で大丈夫です。内容を見せていただき、必要なアドバイスをさせて頂きます。
Q
ベトナム発行の文書は翻訳してもらえますか?
A
ベトナム発行文書を英語に翻訳して発行してもらってください。
英語の文書は、行政書士が日本語に翻訳することが出来ます。
Q
相談から何日後に申請できますか?
A
実務経験証明書や雇用契約書などが揃っていれば、最初の面談から1週間程度で申請出来ます!
Q
外国人本人は入国管理局に行く必要がありますか?
A
パスポートと在留カードをお預かりさせて頂くことにより、外国人本人は入国管理局へ行く必要はありません。
Q
報酬はいつ支払えばよいのですか?
A
着手金として基本報酬額の半額を頂きます。ビザ変更、取得の許可が下りた後に成功報酬として残りの半額を頂きます。

ビザ取得・変更で準備してほしい書類

ビザの取得・変更の必要書類

  • 【外国人本人が準備する書類】
      1.パスポートコピー
      2.写真
      3.履歴書
      4.実務経験証明書(技能ビザ、人文知識国際業務ビザなど)
      5.卒業証明書(人文知識国際業務ビザ)

  • 【招へいする会社が準備する書類】
      1.会社の謄本
      2.直近の決算文書のコピー
      3.雇用契約書のコピー
      4.雇用理由書
  • 【その他の書類】
    上記のほかにも準備してほしい書類がありますので面談の際に説明致します。
      

  • 【外国人本人が準備する書類】
      1.パスポートコピー
      2.写真
      3.履歴書
      4.実務経験証明書(技能ビザ、人文知識国際業務ビザなど)
      5.卒業証明書(人文知識国際業務ビザ)

刻印

雇用理由書(招へい理由書)の作り方
ワンポイントアドバイス

ビザ申請で一番のポイントになるのが「理由書」、ストーリーです。
理由書の作成は、ただオーナーの思いを書けばいいわけではありません。
また、理由書の枚数が多いほど許可されるものでもありません。
むしろ、要点をまとめて書いていない「理由書」は審査官にまともに読んでもらえません。

「理由書」で大切なことは、入国管理局の審査官が知りたいことを書く、ということ。
入国管理局は、日本の外国人政策の最前線の部署。将来、日本政府が困るような外国人の入国を未然に防ぐことを目的としています。


であるならば、入国しようとしているベトナム人がしっかりと日本で生活できる安全・安心な人であるということを書くことが一番のポイントになります。

「チェンジビザ行政書士阿部隆昭」は、ビザ申請のための「理由書」の作成を得意としていますので、他の行政書士から理由書の作成を頼まれることもあります。

理由書の作り方でわからないことがあったら、何でもご相談ください。

ベトナム人のビザならではの理由書の作り方のノウハウに自信があります!

コラム:雇用理由書

作文と理由書は違います!

インド料理店のオーナーがネパール人やインド人シェフを雇うときに最も難しいのが、「雇用理由書」の作り方です。
ビザ申請の申請書の作り方は入国管理局が教えてくれますが、雇用理由書の作り方は入国管理局では教えてくれません。
インターネット上にも雇用理由書の作り方の情報はなかなか見つかりません。

ですのでどうしても自己流で理由書を作って不許可になる事例が増えています。
情報が不足しているので「論文」や「作文」のように長々と理由書を作ってしまう方がいるのですが、それは間違い。
理由書の文章の長さは問題ではありません。

なぜ、そのベトナム人を雇用したいのかという理由を淡々と書くことが良い理由書を作る第一歩です。

ビザの手続きの報酬額


基本報酬額
ビザの変更 100,000円(税抜き)
【着手金】として50,000円(税抜き)
  ※初回の面談のときにお支払いください。
【成功報酬】として50,000円(税抜き)
  ※ビザの許可があったときにお支払いください。
ビザの更新 50,000円(税抜き)
【着手金】として25,000円(税抜き)
  ※初回の面談のときにお支払いください。
【成功報酬】として25,000円(税抜き)
  ※ビザの許可があったときにお支払いください。
ビザの新規 120,000円(税抜き)
【着手金】として60,000円(税抜き)
  ※初回の面談のときにお支払いください。
【成功報酬】として60,000円(税抜き)
  ※ビザの許可があったときにお支払いください。
ビザの更新 50,000円(税抜き)
【着手金】として25,000円(税抜き)
  ※初回の面談のときにお支払いください。
【成功報酬】として25,000円(税抜き)
  ※ビザの許可があったときにお支払いください。
ビザの更新 50,000円(税抜き)
【着手金】として25,000円(税抜き)
  ※初回の面談のときにお支払いください。
【成功報酬】として25,000円(税抜き)
  ※ビザの許可があったときにお支払いください。

ベトナム最新ニュース(写真をクリックでニュースサイトへ)

ベトナムの小学校で日本語が第一外国語に

在ベトナム日本大使館は1日、ベトナム全土の小学校で日本語を英語などと並ぶ「第1外国語」として教えることを目指す方針でベトナム教育・訓練省と一致したと発表した。

農家でベトナム実習生受け入れへ JAおきなわ、来夏に最大20人

JAの外国人技能実習生の受け入れは初めて。農家が実習生に技術を指導しながら雇用することで、高齢化や担い手不足などで人材難に陥る農家を支援。

ベトナム版「ロト6」当選者の自宅に人々が大挙、警察も出動

宝くじに当選したことを聞きつけた多くの人々がプレゼントを求めてDさんの自宅に大挙している。知人だけでなく見知らぬ人までも自宅に押しかけてくるため、Dさん一家は親族の家に身を寄せており、地元警察も周辺の治安維持にあたらなければならない状況だ。

チェンジビザ行政書士阿部隆昭Facebook

お問い合わせは↓こちらから

事務所の所在地

行政書士プロフィール

行政書士阿部隆昭

「チェンジビザ行政書士」こと東京都北区赤羽の行政書士阿部総合事務所、行政書士阿部隆昭です。
東京入国管理局に認められた「入国管理局申請取次行政書士」として、ビザ変更・ビザ更新手続きを通して外国人と日本人との国際交流をサポートしています。

事務所概要

事務所名 行政書士阿部総合事務所(愛称:チェンジビザ行政書士)
代表者 行政書士阿部隆昭
(入国管理局申請取次行政書士)
代表者 〒115-0045 東京都北区赤羽1-59-9-204ネスト赤羽
電話番号 050-3638-0876
電話番号 050-3638-0876
【対応地域】
東京都:北区、足立区、葛飾区、江戸川区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、中央区、千代田区、文京区、豊島区、板橋区、練馬区、新宿区、中野区、杉並区、渋谷区、港区、品川区、大田区、目黒区、世田谷区、その他市部。
埼玉県:川口市、さいたま市、その他川口県全域
千葉県:千葉市、他千葉県全域
神奈川県:横浜市、川崎市、その他神奈川県全域