ママの
お洒落をお手伝い

ママに出来る
我が子のビデオ撮り

我が子の成長は早いもの、今のうちに成長記録をビデオで残しておきたい、でもビデオカメラの知識ゼロ、そんなママさんにも簡単に解る撮影の基本を学ぶことが出来る、元プロビデオカメラマンが易しくお教えします。



プロローグ

私の動画撮影へのきっかけは、自動車事故でした、当時むち打ち症等と言う
病名など聞いた事もなく、それは突然にやって来ました。

その頃私は車を利用してのセールスマン活動に一生懸命でした。

東京は中野区の交差点で信号停止していた時、
何が起こったのかも記憶にない
追突事故を受けてしまいました。
何分後かは定かではありませんが
多くの人たちの、大丈夫か、大丈夫かと窓越しに
声を掛けられながら我に返りました。

と同時に首の自由が利かない、頭が痛い!当日そのまま、新大久保の近くにある
病院に即入院となりました。この時の入院で既に週刊誌などで報道されていた
むち打ち症なる病名であることを知りました。
症状は経験者でなければ解らない、毎日の不安感、頭痛長期の治療期間一年有余が
費やされました。

其のころテレビで流れていたのが「私にも写せます!」と言うコマーシャルと共に
登場した富士フイルムのシングル8(エイト)と言うフイルム式の動画撮影の出来るカメラでした。

当時は長男が4歳、長女1歳の頃、まだ生活の安定性もない自分には大変な試練の始まりに
なってしまいましたが、

そうだ、この危機をチャンスと捉え、シングルエイトカメラを利用して「我が子の
成長記録」を残してあげよう

そんな気持ちで動画の撮影に没頭しました。

この頃のフイルムは全てテレシネという技法を通し今ではDVDと言う
財産に替わっています。

お陰で今では父親、母親となった我が子の一生心に残る動画を
時々テレビ画面に再現しながら懐かしく当時を偲んでいます。

勿論、我が子にもDVDのコピーを渡し今も受け継がれています。

今ではデジタルビデオカメラも益々進歩しそのままDVDやブルレイに
して次の世代に引き継ぐことが出来る素晴らしい時代になりました。

是非、私の拙いビデオ撮影の仕方を参考にして頂き
あなたのご家庭でも
「我が子の一生の想い出ビデオ」を残してあげて頂ければ幸いです。








用語集等

◎アイリス

カメラの絞りのことで。通常はレンズ装着されている羽根を回し入ってくる光量を調整する機構の事でホームビデオではスライダー形式のものもあります。
普通には「F値」で表現される。一般的には一眼レフスチールカメラには標準的に付いています。
初めてビデオカメラを取り扱う場合には、オートで撮影してみて下さい。
空や明るい部分が多くレンズに映り込むほど画像が暗く映って居ることに
気が付くと思います。
どちらかと言うとこれが自然な訳ですが、表情が全然見えない場合などは
手動に切り替えて操作をして見ましょう。あまり明るくすると(絞りの開きすぎ)
ハレーションが起こり、益々表情を読み取ることが出来なくなりますので
ビデオの場合は何度でも消して撮り直しが出来ますのでいろいろといじってみて
一番好きな明るさに慣れましょう。

ホームビデオカメラでは「明るさ」と表現され、電気的に映像を明るくする装備が一体になっている事が一般的です。

◎ティルト

カメラワークで縦方向にカメラを動かして撮影すること。テイルト・アップ、テイルト・ダウンという言い方をしますが「パン・アップ(ダウン)」という言い方をする場合もある。→パン  これも静かに行いましょう。後で公開するときに
みなさんが映像に酔ってしまいます。

◎IEEE1394端子

映像等大量のデータを伝送するためのコネクター・ケーブルの規格をいい。「iLINK」「DV端子/ケーブル」「ファイヤー・ワイヤー」等いろいろな表現されています。
。今ではほとんどのビデオカメラ、デジタルビデオ機器に装備され、PCにも装着され、双方向のデーター転送に使用され、編集などののコントロールも可能です。コネクターには4ピンと6ピンの2種類がある事に注意が必要です。大変便利になりましたが、意外と破損や、抜けやすいので取り扱いには十分しましょう。

◎アスペクト比

映像の横:縦の比率のこと。これまでのSDテレビ放送やビデオで使用されてきたのが4対3のサイズ。HD(ハイビジョン)タイプの映像はサイズが16対9が一般的です

◎アドレス

映像編集に必要なデータに記録されているタイムコード(TC)などの数値や記号などの情報のことで。、撮影されたテープには必ずタイムコードが記録され、以前のビデオテープのカウンターのもっと精密なもの程度に覚えておいてください。

◎フィックス

カメラを固定し、ズームやパンなどの動きをしないで静止して撮影するカットの事を言います。フィックスは撮影の基本中の基本と思ってください。
ビデオカメラでの撮影を始めて最初に多用したくなるのが、パンとズームかもしれませんがこれを極力我慢することが、見やすい映像を撮る秘訣ともなります。

◎フェード・イン(アウト)

編集時に黒色などから徐々に映像を現していくことを「フェード・イン」その逆を「フェード・アウト」という。音声の場合は徐々に音声レベルを上げていくことを「フェード・イン」その逆を「フェード・アウト」と言います。

◎フォーカス・イン(アウト)

撮影でフォーカスがピンボケの状態から被写体にフォーカスを合わせていく表現を「フォーカス・イン」その逆を「フォーカス・アウト」と言います。

フレーム・イン(アウト)

カメラの画面の外側から被写体が入り込んで来るカットを「フレーム・イン」、画面の外に被写体が出て行くカットを「フレーム・アウト」と言います。

運動会の
撮り方のコツ

お子様のビデオ撮影の中でも最も難しいと感じるのが、この運動会かもしれませんね
でもコツさえつかめば、決して難しいものではありません

慌てず我が子の
位置確認!

運動会でも、お遊戯会でも一番苦労するのが、我が子の姿を見つけ出すことではないでしょうか、特に運動会では帽子は白組か赤組さん判別のしようが有りません。そこでご提案、前日にお子様との打ち合わせで可能であれば見つけやすい特徴の色付きのシャツ不可能でも靴下だけは規制はない限り、ど派手なカラーにし発見しやすくしておきましょう。
其の上で
①当日の撮影禁止の場所
②プログラムの入手
➂我が子のスタート位置、ゴール板の位置
演舞の位置確認などを頭に入れる







Rental

徒競走の撮り方

運動会の当日、パパ・ママのビデオ撮影の失敗談で一番多いのが
撮影のONスイッチの入れ忘れや入れ違い
これでは一生懸命我が子を追いかけても、ファインダーを利用して
我が子の走る姿を追いかけての一瞬の事に終わってしまい
二度と再び再現することは出来ません。
こんな事の無いようくれぐれもご注意くださいね

ママのシューズ探し

ゴールで待ち受ける

①まづ、ここでの基本はゴールで待ち受ける事と何番のスタートか?そして何コースを走るのかを必ずお子さんに確認を取っておく事が重要です。

②カメラのスイッチを入れる前に、画角を広角(カメラにはWideと記されている場合が多い)にして

➂スタート数秒前早めに撮影を始め、ここで必ずファインダーの中の録画ボタンのライトが点灯している事を確認してください。(これを見落とすと全ての努力も水の泡になります)

④初めての撮影の場合は特にズームをむやみに使用せず、広角で撮影を続け、もしも
もう少しズームアップしたい気持ちが出てもぐっと我慢し、ゴールに向かって来る
走者を追い続けましょう
⑤そうすれば、自然にあちらから大きい姿でゴールに飛び込んで来てくれます。

※ズームインは控えめに揺れの無い安定した撮影を心がける事が大切です!
どうしても、ズームアップで追いかけたい「自信のある方」は
数日前から、表通りの自動車など走る物体を追い撮りし、練習を積み重ねた上で
挑戦して見てはいかがでしょうか?




ビデオカメラの
性能はどうなの!?

まず今年(2015年初旬)に発売されたビデオカメラの基本スペックとしては、

以前に比較して低価格帯の機種でもそれなりのスペックを載せてきています。

フルハイビジョン(=200万画素以上=1920×1080)
10倍以上の光学ズーム(デジタルズームでは100倍以上ととてつもない時代です)
内蔵メモリ搭載のSDカードも32GB以上
以前のスペック、価格帯をし体験してきた私にはとてつもない驚きの価格とスペックです。

カメラを選ぶ時には、画質・機能など見て機種選びをすることが肝心だとは思いながらも

ホームビデオカメラの入門者ママさんにとってはここまでこだわらず、
近年に発売された機種ならばどれでも充分と考えていいと私的には考えますが

ビデオカメラを選ぶ

初心者用ビデオカメラ選びは以下をクリアーしていれば新人ママさんには充分なスペックです。

フルハイビジョン(207万画素以上の機種)ならOK。



ズーム 余り高倍率を多用するとブレの原因ともなりますので
私的には。光学ズーム20倍程度を選んだ方が得策と考えます。
なおデジタルズームは無視して使用しないとお考え下さい。
折角の画質が低下するだけ、がっかりします。

センサー(撮影素子)大きいほど画質がきれいにとれますので。
1/5以上がおすすめです。(分母の数が小さいほどよい。)
「手振れ補正も」同じで価格帯なら電子手振れ補正より光学式手振れ補正を重視してください。
撮影に慣れてくればテクニックでカバーすることが充分可能になって来ます。

室内で動物や赤ちゃん撮りにはより広角のものが良いでしょう。

35mmレンズ変換値という項目の値が小さい、例えば 35mm変換値:
29mm等々

ビデオカメラの
重さの理想値?

カメラの重さは バッテリー込みで300グラ或いはもう少々軽め、ママさんにはこの辺までか?。

内蔵メモリ32Mb程度
SDカードであとから増やせば良い。
むしろ連続撮影時間稼働するバッテリーに予算を振り向けた方が理想的かもしれません。


静止画撮影(デジカメ)機能は今はIPone等で十分だと思いますので必要なしと考えます。



※画素は1画面内の点の数の多い方がきれいに撮れる程度の知識で十分です。

室内が綺麗に撮れる
ビデオカメラは?

※室内が綺麗に撮れるビデオカメラ?


室内でもきれいに撮影できるので幼稚園生活では大活躍!

等とカタログにうたわれていますが、私は今のカメラならばそこまで気にすることが必要かは
疑問で、むしろ屋外でしまって見えるきれいな画像に気をそそられますが。。。。
一般的にはホームビデオカメラは明るさ重視で、ハレーション気味のメーカーも存在するような気がします。

ビデオカメラ
探しの結論

長時間稼働するビデオカメラは「重さや大きさ、持ちやすさ」が一番大事となります!

ビデオカメラの重さや持ちやすさはとても大事です。旅行や子供撮りとなると軽く
手軽に持ち出せることが大事です。

「お手軽に、いつで どこでも撮れる」

そんなビデオ三昧のシーンを思い浮かばながら

あなたの名機を選んでみては如何でしょうか!

ビデオはレンタルから