老後までに、3000万円は用意する必要がある?

公的年金は夫婦で月額22万円?

老後資金は少なくとも4人に1人が生きている年齢までを想定。国立社会保障・人口問題研究所の予測では2050年時点で男性は93歳、女性は98歳なので、今回はこの中間に当たる95歳までを想定した。まずは持ち家を前提に支出を考える。総務省の家計調査では高齢夫婦無職世帯の1カ月の支出は約28万円。これを「平均的な生活」とみなすと30年で1億80万円だ。しかし「介護やリフォーム費用などの予備費を少なくとも夫婦で600万円は見ておこう」と話す。すると1億680万円になる。一方、生命保険文化センターの意識調査では「ゆとりある老後生活のための費用」は、月35万円とある。旅行や趣味などにお金をかけたければ、必要額は増える。この30年分と予備費600万円を足すと、支出は1億3200万円必要となる計算である。

刻印

プラスαの収入を得るには?

今の会社で出世をする。転職をする。時間を切り売りして、アルバイトをしてみる。独立開業も夢だけど今の会社を辞めて全てをかけるには到らない。そんな思いも当然です。資格取得をしてキャリアアップを目指すのも大切な考え方です。しかし起業して経営者となると責任も伴います。その為の準備資金や家族の理解も得なければいけません。まずは手軽に「副業」というか「スキマ時間」の有効活用で、今の生活リズムを一切変えず会社に勤めながらプラスαの収入を得られることが可能なのが、「日経225」シグナル配信サービスです。

見出し

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

今回オススメする情報パターンは?

     1:時間
     2:リターン
     3:初期資金
     4:リスク

最大限、上記4点を考慮して組み上げた情報です。

この情報を活かしてのトレードであれば!

                ・専門的な知識
                ・難しいスキル
                ・面倒な作業
                ・経験年数
                   etc

一切、必要ありません!