海外FXデメリット。

  • 海外FXのデメリットを把握していなかったことがきっかけで、海外FX口座に入金した資金を失う体験や、海外FX口座でのゼロカットを避けるために1万円再入金を繰り返す体験や、海外FX口座での60枚ドル円ショートポジションがゼロカットされる体験などをします。これらの体験をした後に感じるのは、なぜ海外FX口座でゼロカットされたときの自分の金銭状況について考えようとしなかったのか?ということや、なぜ海外FX口座で通貨ペアのロット数が多ければ多いほうがいいという考えに至ったのか?ということや、資金がありさえすればいくらでもFX取引でお金を稼げるという当たり前のことにすら気づくことができなかったのか?ということ。

    人は、お金を稼ぎたい欲が強くなりすぎると、お金を稼ぐメリットにばかり目がいき、失敗してお金を失うリスクを直視しようとしません。これこそが、海外FX口座でトレード中に、海外FXのデメリットを考えずに、海外FXのメリットばかりを考えてしまう原因です。

    人は、リスクある行動で成功が続いてしまうと、リスクをとることが成功への近道だと思い込んでしまいます。これこそが海外FX口座通貨ペアのロット数が多ければ多いほうがいいと思い込んでしまう原因です。

    人は、資金があるうちが資金があるのが当たり前となってしまい、資金があることがどれだけ素晴らしいことなのか?という本質がわからなくなってしまいます。これこそが、資金がありさえすれば、いくらでもFX取引でお金を稼げるという当たり前のことにすら気づくことができなかかたということの原因となります。今回は、海外FXデメリットについて触れて生きます。

    海外FXのデメリット。

    海外FXのデメリットは、クレジットカード・デビットカード入金に対応していること&大きなリターンを見込めるが大きなリスクを背負うことになること&海外FXの利益にかかる税率が高いこと&資金力がない海外FX口座が日本での活動を辞めてしまうことがある&スプレッドを大きく設定する海外FX口座が存在していること&出金の手続きを複雑にしている海外FX口座が存在していること&USD建て入金しか対応していない海外FX口座が存在していること&信託保全制度がない海外FX口座が存在していること&海外の金融ライセンスは保持しているが日本の金融ライセンスを保持していないこと&海外FX口座の入金ボーナスキャンペーンに参加しませんか?などの電話がくることがある&通貨ペア以外の仮想通貨や株や商品などの取引が可能であるなどがあります。

    1.クレジットカード・デビットカード入金に対応していること

    クレジットカード入金・デビットカード入金未対応の国内FXであれば、銀行振り込みが面倒くさいからFX取引を後回しにしておこうかなという思考回路になるし、FX取引を無理にやらなくてもいいという思考回路になります。当然、FX取引回避することができれば、FX取引のしすぎでストレスをためることもないし、FX取引で利益を出しすぎて傲慢になることもないし、FX取引で損失を出しすぎて精神が崩壊することもなしです。

    クレジットカード入金・デビットカード入金対応の海外FX口座であれば, クレジットカード入金は楽だから海外FX口座に50万円ほど入金しておこうかなという思考回路になるし、海外FX口座に50万円入金完了したことだしFX取引を頑張ってみようかなという思考回路になります。当然、FX取引をやってみるとFX取引独自の苦しみを感じることになるし、FX取引で儲けを出しすぎて傲慢な気持ちになるし、FX取引で利益を出しすぎて金使いが荒くなります。

    2.大きなリターンを見込めるが大きなリスクを背負うことになること

    最大レバレッジ25倍かつレバレッジ5倍~レバレッジ10倍でスキャルピングをする国内FX口座であれば、レバレッジ25倍に見合ったリターンを得つつ、レバレッジ25倍に見合ったリスクを背負うことになるし、レバレッジ10倍に見合ったリターンを得つつ、レバレッジ10倍に見合ったリスクを背負うことになるし、レバレッジ5倍に見合ったリターンを得つつ、レバレッジ5倍に見合ったリスクを背負うことになります。

    最大レバレッジ888倍かつ、レバレッジ100倍~レバレッジ200倍でデイトレードをする海外FX口座であれば、レバレッジ888倍分のリターンを獲得しつつ、レバレッジ888倍の分のリスクを抱えることになるし、レバレッジ200倍分のリターンを獲得しつつ、レバレッジ200倍のリスクを抱えることになるし、レバレッジ100倍のリターンを獲得しつつ、レバレッジ100ばい のリスクを抱えることになります。

    3.海外FXの利益にかかる税率が高いこと

    最大レバレッジ25倍のDMMFX口座は、150万円の利益をだしても税率20パーセント、1億円の利益を出しても税率20パーセントと税率が安く設定されていることから、利益額がいくらよりも手元にいくらお金が残るかどうかを優先するようになります。これに当てはまる人は、1万円の利益、2万円の利益で大満足でき、別に1000万円規模の利益を出さなくてもいいかなとなっています。

    最大レバレッジ400倍のiforex口座は、利益195万円以下をキープできているうちは、税率15パーセントの超低税率となり、利益額330万円以下をキープできているうちは税率20パーセントの国内FXと同水準の低税率となり、利益額330万円以上になった途端税率が30パーセントと割高な税率となり、利益額4000万円を超えると税率55パーセントをかされることになります。

    4. 資金力がない海外FX口座が日本での活動を辞めてしまうことがある

    資金力がない海外FX口座は、日本で自社の海外FXユーザーが存在しているという事実を無視して、日本での海外FX口座の提供をやめてしまうという暴挙にでます。これをきついと感じるユーザーは、資金力がある海外FX口座でデイトレードをするか、国内FX口座専門でデイトレードをします。

    資金力があるgemforex口座やXM口座は、突然日本でも海外FX口座の提供をやめることはないですし、日本ユーザーのために100%入金ボーナス・口座開設ボーナスのサービスの提供をし続けています。

    5.スプレッドを大きく設定する海外FX口座が存在していること

    資金力があるDMMFXやgemforex口座は、国内最狭水準の通貨ペア・スプレッドを提供しつづけていますし、gemforexユーザーはスプレッドの狭さを生かしたスキャルピングで利益を出している・dmmfxユーザーはスプレッドの狭さを生かしたスキャルピングで利益を出しているなどの事実もあります。

    資金力がやばい・利用ユーザーを大幅に減らしている海外FX口座は、国内でワースト1位・2位クラスの高スプレッドを提供しつづけています。これに分類される海外FX口座は、出金が遅い・口座開設ボーナスのキャンペーンが存在しない・入金ボーナスノキャンペーンが存在しないなどの共通事項があります。

    6.出金の手続きを複雑にしている海外FX口座が存在していること。

    fxユーザーが海外FX出金させないために、海外FX出金のたびに出金書類に署名させる海外FX口座が存在しています。これに当てはまる海外FX口座を使っていると、あのとき海外FX出金を面倒くさがらず、海外FX出金をやっておけば、今ごろ自分の銀行口座に50万円の現金があったのにという気持ちをもつことになります。

    FXユーザーの成功を第一と考えているgemforexオールインワン口座・gemforexノースプレッド口座だと、gemforex出金のたびに出金書類提出なしです。

    7.USD建て入金しか対応していない海外FX口座が存在していること

    クレジットカード入金でUSD建てしか対応していない海外FX口座だと、40万円分を海外FX口座に入金したというのに、海外FX口座には37万円しかないという事態や、100万円分を海外FX口座に入金したというのに、海外FX口座には90万円しかないという事態がおこってしまいます。これをやってしまうと、海外FX口座で3万円の利益を出さないと原資回復できない、海外FXで10万円の利益を出さないと原資回復できないという問題と戦うことになります。

    海外FXのgemforex口座のようにUSD建てに対応していると、50万円分をgemforexオールインワン口座に入金したら、gemforexオールインワン口座残高が50万円になっているとか、100万円分をgemforexノースプレッド口座に入金したら、gemforexノースプレッド口座残高が100万円になっています。これを体験すると、やっぱり一番安全なのは、gemforexオールインワン口座とgemforexノースプレッド口座だよなという結論が出せます。

    8.信託保全制度がない海外FX口座が存在していること

    信託保全制度を採用していない海外FXの運営会社が破綻すると、海外FX口座〔信託保全制度なし〕にある顧客の金銭は、顧客の元に返金されることはありません。

    信託保全制度を採用しているgemforex〔海外FX〕運営会社が破綻しても、gemforexオールインワン口座・gemforexノースプレッド口座にある顧客の金銭は、顧客の元に100%返金されます。

    9.海外の金融ライセンスは保持しているが日本の金融ライセンスを保持していないこと

    全ての海外FX口座の運営会社は、海外で権威がある金融ライセンスを保持しているが、日本で権威がある金融ライセンスを保持していません。この部分に問題あると感じた人は、国内FX口座でスキャルピングもするし、海外FX口座でも短期デイトレードもするというスタイルを貫いています。

    10.海外FX口座の入金ボーナスキャンペーンに参加しませんか?などの電話がくることがある。

    海外FX口座の極1部は、自社の海外FX口座でトレードをしている人に、海外FX口座の100%入金ボーナスのキャンペーンに参加しませんか?、海外FX口座の50パーセント入金ボーナスのキャンペーンに参加しませんか?などの営業電話をかけてくる。これをハッピーと感じる人もいれば、海外FXの営業電話きついと思う人もいる。

    11.通貨ペア以外の仮想通貨や株や商品などの取引が可能。

    通貨ペア以外の仮想通貨や株や商品などの取引が可能な海外FX口座を使っているユーザーの不満は、仮想通貨取引をしなければ10万円の損失を出すことはなかったのに、株取引をしなければ20万円の損失を出すことはなかったのに、商品取引をしなければ30万円の損失を出すことはなかったのになどとなっています。

    ドル円専門トレーダー・ユーロ円専門トレーダー・ポンド円専門トレーダーからしたら、gemforexのように通貨ペアの取引しかできない状態のほうがよいと感じる。その理由は、仮想通貨取引でスケベトレードをして損失を出すことを防げるからや、株取引で適当トレードをして損失を出すことを防げるからや、商品トレードで損失を出すことを完全にふせげるから。

    公式サイト
    GEMFOREX
    海外FXのgemforexでは、口座開設ボーナス2万円プレゼントのキャンペーン開催中です。