史上最高価格 更新中

億り人になって働かずに生きていこう!

突然ですが、

あなたは仮想通貨を持っていますか?

【2020年代に億り人になるたった1つの方法】

ー貧乏な人ほど読んでください。

数年前に、一気に盛り上がり、テレビでは出川哲朗が仮想通貨のCMに出演。

まさにバブルと言える、狂喜乱舞の状態でした。


この時に、仮想通貨という名前だけでも聞いた方は多いのでは?


当時はわずか数ヶ月で、資産が100倍以上に膨れ上がり、

爆益を得て、税金逃避のために海外移住する方も多くいました。


そしてこのバブルに乗って、資産を1億円以上に増やした方は「億り人」と呼ばれました。


2017年から2018年にかけての出来事です。



その後はあまり日の目を浴びることなく、

一部の投資家やサポーターによってひっそりと続いていました。


仮想通貨はもうオワコンだと言われ、

バブル当時の半分以下の価格で売り買いされ、

価格が6分の1に下がってしまったこともありました。


そうなると愛想を尽かされ、

多くの投資家とモノ好きな一部のマニア達でさえ離れていってしまいました。


そして2020年3月。


新型コロナが直撃し大きく影響を受けました。

株価と一緒に暴落し、

仮想通貨の価格はバブル以降2番目に安い価格になっていまいました。



しかし、

そこから恐るべき回復と、

新しく、力強い伸びが始まりました。


現時点で、コロナショックの安値から4倍以上の価格上昇を見せています。


私自身も、この数ヶ月で数百万の利益が出ました。


しかし、

これは、まだほんの始まりであるという意見が大多数を占めています。


来年以降の仮想通貨のさらなる価格上昇を、

多くの仮想通貨業界人、アナリスト、投資家達が、

確実視しています。


多くは仮想通貨の価格が、

5000万円以上になるだろうと予想しています。

新しい金融

1、DXが加速し、ビットコインの通貨としての地位は向上する。


DXとは、デジタル・トランスフォーメーションという

社会の根本からデジタル化して、

経営や事業の在り方、働き方、生活を変革するという考え方です。


これは、効率化や単に価値を高めるデジタルとは全く別物です。



例えば、

コロナの影響でソーシャルディスタンスを保って感染リスクを下げるために、

在宅ワークでZOOMを使って会議することや、


紙や印鑑を廃止したり、

免許証や保険証を一元化したり、

新しい規格の電波(5G)を用いて、

自動運転、医療、介護など、幅広い分野で変革が起き始めています。


これからの通貨の分野では、

紙幣や硬貨といった手に取ることができるお金の流通量が減少し、

DXが浸透した社会では支払い時に紙幣や硬貨を使うことは、

とても少なくなると考えられます。

【実際に開発が進んでいます】

2、銀行口座がなくてもスマホで決済でき、

金融が進んでいない国や地域の人々が商行為に参加できると期待されている「libra」。

facebookは「libra(リブラ)」の開発を進め、

その機能性は大きな話題になりました。


また国家で世界で最初にデジタル通貨の開発に取り組んだのはスウェーデンでした。


スウェーデンはユーロ圏ですが、

国内で使えるクローナという通貨のデジタル化を世界に先駆けて始めていました。


eクローナと呼ばれるデジタル通貨は、

現在も店舗を使ってテストをしているようです。


さらにアジアでは、

中国がすでに“デジタル人民元”の実証実験を国家主導で始めています。


高い技術力を持ち政治は一党制のため、

法律や規制に時間がかからず、

使用開始まで多くの時間はかからないでしょう。


社会の流れがDXに向かい、

管理やコスト面の手間を考えると、

便利なデジタル通貨の発行を国家も進めているのです。



こうした通貨のデジタル化が進む中、

多くの企業や投資家がデジタル通貨の生みの親【仮想通貨】に注目し、

金融資産、投資資産として

数100億、数1000億の資産を仮想通貨に変え始めているのです。


この仕組みで必然的に価格上昇

3、驚くべきことに、

仮想通貨は発行枚数が決まっているものがほとんどです。


買いたい人が増えるほど、

価値が高まっていく仕組みの中で存在しています。

最も有名なビットコインは発行枚数2100万枚と決まっています。



これは地球上に存在する金の量は、

だいたい21万トンと言われているところから来ています。

ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれる所以です。


そして、金はあと10年くらいで全て掘り尽くされてしまうそうです。


もう掘れなくなったら、

希少価値が付いて、

欲しいと思う人が増えるでしょう。


今よりも高い価格で買っていく人が増えていくと思います。


需給バランスの偏りが、

価値の上がる原則ですね。


コロナ発生後のマスク価格の高騰のようなものかもしれません。



現在ビットコインは、すでに1850万枚が発行済です。


早い時期に参入した方、

開発関係者、

大口の投資家などが持っている数量がとても多いため、

残された枚数は限りあるものとなっています。


今後実用化が進むことで、

価格はさらに上がっていくのではないでしょうか?

この仕組みで必然的に価格上昇

3、驚くべきことに、

仮想通貨は発行枚数が決まっているものがほとんどです。


買いたい人が増えるほど、

価値が高まっていく仕組みの中で存在しています。

最も有名なビットコインは発行枚数2100万枚と決まっています。



これは地球上に存在する金の量は、

だいたい21万トンと言われているところから来ています。

ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれる所以です。


そして、金はあと10年くらいで全て掘り尽くされてしまうそうです。


もう掘れなくなったら、

希少価値が付いて、

欲しいと思う人が増えるでしょう。


今よりも高い価格で買っていく人が増えていくと思います。


需給バランスの偏りが、

価値の上がる原則ですね。


コロナ発生後のマスク価格の高騰のようなものかもしれません。



現在ビットコインは、すでに1850万枚が発行済です。


早い時期に参入した方、

開発関係者、

大口の投資家などが持っている数量がとても多いため、

残された枚数は限りあるものとなっています。


今後実用化が進むことで、

価格はさらに上がっていくのではないでしょうか?


価値が上がる前に初めて欲しい。

このサイトでは、
多くの人が仮想通貨で稼ぐことを目的に、
情報を提供していきます。