突然!社員が
「介護の為会社を辞めたい」
と言ってきた・・・

すぐに対応いたします!
介護離職防止支援助成金の対象になる場合
費用は助成金で賄えます。企業の支出0で!
相談無料

今すぐ無料相談

こんなお悩みありませんか?

社員への対応はどうすればいいの?
育児・介護休業法についてよく理解していない
公的介護保険制度についてアドバイスはできるかな
介護と仕事の両立支援対応モデルって何?
自社の就業規則はどんな規定だっただろう
介護離職防止支援助成金の条件は満たしているかな

「仕事と介護の両立支援」をお手伝いいたします!

社員の方の悩みは時間がたつにつれどんどん大きくなる為、速やかな対応が望まれます。しかし、業務多忙の為「すぐに対応できない」と感じる労務担当者の方はいませんか?。社員との面談、両立支援プラン作成、社内セミナー、助成金申請まで承ります!業務への影響を最小限に、介護と仕事の両立に悩む社員の対応が可能となります。

業務への支障が最小限に対応できます!

「すぐ対応するように」と言われても・・・
今抱えてる案件も急いでいるし。

労務担当者は複数の仕事を同時に進めることが多いのではないでしょうか?急いで対応しなければいけないのはわかっているけれど、とても手が回らないという場合は、すぐに無料相談をご依頼ください!

今すぐ無料相談

支出0!費用は助成金で賄うことができます。

対象社員が介護休業・介護制度利用前に申請要件を満たしている必要があります。

介護離職防止支援助成金の申請条件を満たしていれば、最低でも20万円、最大で60万円の助成金が支給されます。基本メニューでのご利用の場合は20万円以下の料金設定となっております。申請要件を実施していないまたは申請要件がわからない場合はご相談ください。今なら「解説」無料動画を取得できます。

「解説」無料動画を取得

介護の知識が無くても安心です!

「相談に乗れるように介護のことも調べておくように」と言われても経験ないし・・・

介護の経験を持つスタッフが対応いたします。メンタル心理カウンセラーの資格を持っているため、社員の悩みに寄り添い一緒に問題を解決していくように対応いたします。無料相談からご依頼ください!

今すぐ無料相談

法律・制度がわからなくても大丈夫!

育児・介護休業法
について

介護に直面した社員に合った、制度の利用法をご提案いたします。介護休業93日の3分割取得の意味など、制度を理解することで有効な利用が可能になります。今なら「解説」無料動画を取得できます。

「解説」無料動画を取得

公的介護保険制度
について

制度利用の流れの説明だけでは不十分です。介護を経験したスタッフが申請に至るまでのポイントの説明やよくある利用者の悩みをもとにしたアドバイスをいたします。今なら「解説」無料動画を取得できます。

「解説」無料動画を取得

介護離職防止支援
助成金について

介護離職防止支援助成金に受給できる条件があります。社員へのアンケートや社内セミナーの実施、両立プラン作成や申請書の作成など申請に必要なことをサポートいたします。今なら「解説」無料動画を取得できます。

「解説」無料動画を取得

一件一件精一杯対応いたします!

POINT
1

突然の案件にも対応します!

介護は育児と違い予想外に訪れるものです。急な相談にも早急に対応いたします。
POINT
2

社員の個別のカウンセリングを承ります!

介護は先が予想しにくいため、不安が大きくなります。メンタル心理カウンセラー資格を持ったスタッフが社員の方のお悩みに寄り添います。
POINT
3

社員と会社、お互いのために。

社員と会社がお互いに「離職しなくてよかった」と言えるようにサポートいたします。

サービスの流れ

STEP

1

無料相談

サービスの説明と、状況の把握をいたします。この時点でご希望に添えない場合は料金は発生いたしません。

STEP

2

状況把握

社員が抱える問題・課題を把握します。社員と労務担当者とスタッフの3者での対応が理想です。難しい場合は事前に社員からのヒアリングを実施する事で2者で対応可能です。

STEP

3

対応検討

社員の抱える問題に対して、どのような対応ができるかを検討します。助成金の対象になるかならないかをこの時点で判断します。

STEP

4

助成金申請に必要な対応

助成金申請に必要な、社員へのアンケートや社内セミナーが実施されていない場合は、実施に向けたプランを立てます。

STEP

5

プラン策定面談

対応検討した内容を相談するために社員と面談を行います。

STEP

6

プランの実施(フォーロー面談)

プラン策定面談で確認したプランを実施します。実施後フォーロー面談を行い、仕事と介護の両立が図られているかの確認を行います。

STEP

7

プラン終了(フォロー面談)

プランに沿った復職に向けて、フォロー面談を行います。

STEP

8

助成金申請

申請に必要な書類を作成し、申請します。

STEP

1

無料相談

サービスの説明と、状況の把握をいたします。この時点でご希望に添えない場合は料金は発生いたしません。

よくある質問

Q
本当に支出0でサービスが受けられるの?
A
介護離職防止支援助成金の利用で料金が賄えます
介護と仕事の両立のための職場環境整備で5つの要件を満たしている必要があります。5つの要件を実施後に対象社員が介護休業・介護制度の条件に該当した場合に助成金が支給されます。詳しくは無料相談にて承ります。5つの要件についてや社員の制度利用の条件について不明な点がございましたら、至急ご相談ください。今なら「解説」無料動画も取得できます。

Q
社員アンケートや社内セミナーは実施しないといけないの?
A
介護離職防止支援助成金の申請に必要です
対象社員が介護休業・介護制度利用前に5つの要件を満たしていなければいけません。厚生労働省が指定する内容で実施する必要があります。詳しくは無料相談にて承ります。すでに社員からの相談を受けている場合は早急にご相談ください。今なら「解説」無料動画も取得できます。


Q
社員との面談は必ず必要?
A
介護離職防止支援助成金の申請に必要です
しかし、対象家族の状況等により対象社員との面談が困難な場合には、電話、メール等による相談・調整の結果を記録することで差し支えありません。詳しくは無料相談にて承ります。ご不明な点がございましたら至急ご相談ください。今なら「解説」無料動画も取得できます。


Q
対象社員の職場復帰内容は会社が決めていいの?
A
原則として原職等に復帰させることが必要です
ただし、対象社員の希望により、原職等に復帰しない場合には、⾯談の記録により対象社員の希望する職場復帰内容が確認できることが必要です。詳しくは無料相談にて承ります。ご不明な点がございましたら至急ご相談ください。今なら「解説」無料動画も取得できます。

Q
対象となる社員は今はいないけど、準備をしておきたい。
A
対象社員が出る前の準備もサポートいたします。
対象社員が出る前に準備しておくことで、社員からの申し出に落ち着いて対応することができます。助成金申請に必要な要件や対象社員への対応のポイントなども提案いたします。詳しくは無料相談にて承ります。ご不明な点がございましたら至急ご相談ください。

Q
本当に支出0でサービスが受けられるの?
A
介護離職防止支援助成金の利用で料金が賄えます
介護と仕事の両立のための職場環境整備で5つの要件を満たしている必要があります。5つの要件を実施後に対象社員が介護休業・介護制度の条件に該当した場合に助成金が支給されます。詳しくは無料相談にて承ります。5つの要件についてや社員の制度利用の条件について不明な点がございましたら、至急ご相談ください。今なら「解説」無料動画も取得できます。

プロフィール

K・T supporter 代表 田中 浩一

介護に悩む人のサポートをしています。父の介護に直面して介護離職した経験を活かして、介護と仕事の両立に悩む人の悩みに寄り添います。会社員時代に総務部に在籍した経験から、社員と企業にとってより良い結果となるように全力でサポートします!

資格:認知症介助士
   認知症ライフパートナー3級・2級
   認知症サポーター
   メンタル心理カウンセラー
   国家一級小型自動車整備士

私の思い

 少子高齢化による介護の問題とともに、労働人口が減少していることによる企業の人手不足が問題になっています。
経験があり優秀な社員が介護を理由に離職することは企業にとって大きな損失になります。介護離職を経験した人の多くは、その後大変な苦労をしていることから、介護と仕事の両立は社会的にも大きな課題となっています。
 今後日本人が豊かに暮らすためには、介護と仕事の両立が必ず求められると考えています。介護に悩む社員や企業の力になれるように精一杯活動していきます。