建築のやりがいや
注目されている職種とは?

やりがいのある仕事と言えば「建築」と答える人も多いです。今回は、建築のやりがいやどんな職種があるのかについて見ていきましょう。やりがいのある仕事を探している人は、建築業界も候補にいれてみてはいかがでしょうか。

建築のやりがいとは?

こちらでは、建築の仕事でどんな時にやりがいを感じるのかを見ていきましょう。やりがいを知ることで、建築業界に興味が出てくる人もいるのではないでしょうか。

 ・街作りに貢献できる

建物は完成してすぐに壊されることは滅多にありません。建物にもよりますが、数十年残ることの方が多いのです。つまり、自分が携わった建物が何十年と残ることで、街づくりに貢献出来ていると考えてもいいのではないでしょうか。

 ・完成した建物を見た時

携わってきた建物が完成した時の感動は、他の職種では決して味わえないものです。言葉に言い尽くせない感動が身体中を駆け巡ります。真っ白な図面から始まったことが、完成した時の感動は建築業界に携わる人にしか味わえません。

 ・人の人生を豊かにできる

注文住宅などに携わることで、多くの人の「笑顔」に貢献できます。さまざまな人の理想を形にしていく仕事はそう多くはないはずです。人の人生を豊かにできるということで、建築業界はやりがいがあると言ってもいいでしょう。

建築業界で働くことで将来性はある?

仕事はやりがいだけでは続けられません。将来性を見いだせない職種は「やりがい」を感じることができないからです。こちらでは、建築業界の将来性について見ていきましょう。

 ・キャリアアップ

建築業界は取得資格や実務経験によってキャリアアップを測ることができます。例え、建築会社に所属していても数年から10年ほどで独立することも可能なのです。技術力を高めつつ、独立の機会をはかっている人も少なくありません。

 ・街作りには欠かせない

建築業界は決して廃ることがありません。その理由として、人や街づくりに欠かせない仕事だからです。そのため、建築の仕事がゼロになることがありません。ただ、すべての建築会社が安泰というわけではありません。全体を通して見ると需要性の高さが低くなることはない、ということです。

 ・チャレンジができる

建築デザインなどは流行などがあります。そのため、常に新しい建築にチャレンジできる魅力があるのです。逆を言えば、常に勉強を続けなければいけないという大変さもあります。ただ、それらを乗り越えることによって見いだせる将来性もあるのでしょう。

建築業界の大変さとは?

建築業界はやりがいがあるだけではありません。建築業界ならではの大変さもあるのです。こちらでは、どんな大変さがあるのかを見ていきましょう。

 ・責任感の大きさ

注文住宅の場合は暮らす人、商業施設の場合は訪れる人、さまざまな人に影響する建物を建てることから責任感は他の職種の比ではないと答える人もいます。建築には数千万、数億の費用が掛かります。つまり、ひとつのミスが大きな損害を招く可能性があるのです。

 ・高品質な仕上がりが求められる

先述したように、ひとつのミスが大きな損害を招く可能性があります。そういった緊張感の中で高品質な仕上がりをしなければいけません。しかも、納期厳守となるので天候なども考慮してスケジュールを建てなければいけません。

 ・手続きが大変

建築は法律に基づく手続きが多くあります。そのため、ただ依頼されたものを建てればいいというわけではないのです。トラブルにならないためにも、建築に関する法律に明るくならなければいけません。


建築業界で注目されている職種について

こちらでは建築業界にはどんな職種があるのかを見ていきましょう。建築業界と簡単に言っても、さまざまな職種によって成り立っているものです。こちらでは、注目されている職種について見ていきましょう。

 ・建築デザイン

住宅の魅力を演出、必要な設備や装飾品などを建物の外観に関することをデザインします。外観だけではなく室内の空間造りもするので、建てた家をどうやって魅力的にするか重要度の高い職種です。

 ・設計

お客様の要望やライフスタイルを聞いて、間取りなどを設計する仕事です。注文住宅の骨組みとなる職種でもあるので、お客様が満足する家になるかどうか重要な役割とも言えます。

 ・施工管理

現場監督のようなポジションであり、スケジュール管理、品質管理、安全管理などさまざまな責任がある立場です。仕事内容はさまざまなのでハードですが、大変な分だけやりがいも大きい仕事です。

建築のやりがいについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。 

まとめ

建築にはさまざまなやりがいがあります。
やりがいのある仕事を求めている人は、建築業界を目指してみてはいかがでしょうか。
さまざまな職種があるので、自分に合う職種を慎重に見極めましょう。