未来の動物まで救いたい
POINT 1
現場での使いやすさを追求
細菌が複数検出された時、飼い主様に追加費用が発生する検査を不便に思っていました。そこで、『何菌種でも同一料金』という料金システムを採用しました。

さらに、菌が未検出だった場合、『1ヶ月以内の再検査を無料』としております。一刻一秒を争う場面を想定し、土日祝日も検査業務・問い合わせ対応を行っております。(※検体到着から結果結果まで平均2.6日)

→検査パンフレットはコチラ(PDF)
料金プラン (全て菌種同定+感受性試験の料金)
  • 基本セット  :4,500円/検体
  • よくばりセット:6,000円/検体
※ 基本:ガイドラインの優先順位が高い抗菌薬中心
※ よくばり:耐性菌と闘うための抗菌薬

POINT 2
未来の動物まで救える
『アンチバイオグラム』作成 

アンチバイオグラムは、医療施設で検出された細菌種ごとの抗菌薬の感受性率を集積して、表にまとめたものであり、院内での適切な感染症治療と薬剤耐性菌対策に有用なツールです。
→ アンチバイオグラムの詳しい資料(PDF)

累計50検体利用して頂いた動物病院様に対し、無料で貴院ver.のアンチバイオグラムを作成します。 また、初回の解析後も、年間30検体利用することで毎年継続して年間アンチバオグラムを作成します。

院内の耐性菌出現傾向が上がっていないか、年次推移を比較していくことで、貴院の抗菌薬適正使用の評価にお役立て下さい。

POINT 3
検査測定値と判定基準までを明記

実は、動物の細菌検査は、ヒトの細菌検査と比べて、精度が低いのが現状です。これは『ガイドラインにおいて、判定基準が設定されていない動物由来細菌が多い』ことが理由です。

そのため、S/I/R の判定だけを見ていては不適切な薬剤を選択し、治療が奏功しないリスクが高まってしまいます。そこで私たちは、検出菌ごとの「測定値」と「判定基準」を明記し、治療に適切な薬剤を選択するための指標にしました。


→本当にあった怖い誤判定リスクの話(PDF)

\CAMPAIGN/
初めてご利用頂く動物病院様対象(先着50病院)
キャンペーンへのお申し込みで、
皮膚よくばりセット(6.000円相当)無料券プレゼント
申し込みフォームに必要事項を記入の上、キャンペーンにお申し込み下さい。
無料券および検査必要資料を郵送させて頂きます。

※ 過去にご利用履歴がある場合、キャンペーンに該当致しません
\CAMPAIGN/
既にご利用頂いている動物病院様対象
お知り合いへのご紹介で、
皮膚よくばりセット(6.000円相当)無料券プレゼント
申し込みフォームの『紹介してくれた動物病院』に貴院が選ばれた場合、
無料券および検査必要資料を郵送させて頂きます。
※ 上限は5枚までとさせて頂きます

お知り合いの先生にご紹介頂けましたら幸いです。また、今後とも宜しくお願い致します。
キャンペーン申し込み
申し込む