FX取り引き 規則 の探求

<p>ドル円はたいていは わりと 推移 が緩やかだから 、レバレッジは3倍から4倍程度でいいわけです 。 時には 欲が出て損切りを入れなかったりレート がリカバリーする のを期待してポジションを持ち続けたりするのは根本的に リスク が高いですからやめましょう。 </p>

<p>逆張りは底値で買うタイミング をつかめば絶大の 収益 の見込み があるのが特長 です。ところが 、予期 が外れたときは大きなマイナス を被るリスク もあります。 FX をする環境は人それぞれですから、無理なくモチベーション を継続 できるトレード の仕方 を模索することなのですね 。 </p>

<p>株式投資と対比する と通貨 のトレード の場合は銘柄が少ないので、基本的にどの通貨 で取引き してもある程度 は流通性があるものですね。 楽チン ですが、貿易黒字になると通貨 が上がるという点 は、留意 しておいてもOK です。 </p>

<p>逆張りは経験と技量 が付くまではマイナス の拡大化 が怖い ですから 、初級者 は回避する ほうが無難です。 スローストキャスティクスという指標は、もみ合い相場での利用 に良いところ がありますから、わりと 大事 だといえます。 </p>

<p> -今日のFX用語- 
■投売り
 「投売り」とは、評価損が出ている買いポジションを売ってポジションを決済し、損切りすることをいいます。 </p>