なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

本気で人生変わりたい方以外、
おすすめできません。


スマホ一台で・・・

いえ、これは「スマホ一台で稼げるビジネス」ではありません。
しかし、やることはとてもシンプルです。

もしかしたらあなたの勤めている会社より、このビジネスの存続の方が長いかもしれません。

ボタン

今のあなた、
こんな状態に
なっていませんか?

  • 毎日残業続きとそれに見合わない収入で不満に感じている。
  • 前夜の疲れが残ったまま出勤して朝から疲労困憊である。
  • 取引先や上司に気を遣いすぎて正直精神的に苦痛である。
  • 仕事中、拘束・管理されていることを窮屈に感じる。
  • 日々の仕事に対してやる気がない、やらされ感で仕事をしている。
  • 休みの日も仕事のことを考えたり、上司から電話がかかってきたりして常に仕事に追われている。
  • 自分の給料を時給換算すると絶望的だ。
  • ぶっちゃけ給料日前は銀行の残高がギリギリになっている。
  • 頑張ればなんとかなる、と自分に言い聞かせている。
  • インターネット上で転職サイトや独立起業サイトをネットサーフィンして情報ばかり集めている
  • このままでは良くないと思っている。かといって今後どのようにしてよいかも分からなくなっている。
  • 仕事中、拘束・管理されていることを窮屈に感じる。

あなたはいくつ
あてはまりましたか?


もし1つでも当てはまる様な状態であれば、時間がある時で構いませんので、
このページを最後まで読んで一度じっくり考えてみて下さい。


今日本では「スマホ一台で」といった副業や投資ビジネスがインターネット上やSNS上に溢れています。たくさんの大きなビジネスコミュニティができており、市場は飽和状態だそうです。もちろんそういった副業やビジネスを否定するつもりはありませんが、今たくさんの人が手を出しているビジネスに参加することが果たして賢い選択と言えるのでしょうか。


答えは「NO」ですね。


なぜならそのような市場のアッパーは先にビジネスに参入した人たち、時間をかけて試行錯誤した人たちで埋まっているからです。
あなたにはその市場で稼いでいくのは無理です、と言っているわけではありません。
私はただ、もっとニッチ(市場が小さく誰も手を付けていない分野)でアナログなビジネスをお勧めしたいと思っています。


このビジネスはけっしてオシャレでかっこよいといったイメージはありませんし、もちろん実際にもオシャレでもかっこよくもありません。しかしだからこそ、参入者が少なくてあまり知られていないので、ビジネスとしての穴場なのです。

さて、いったい
どんなビジネスなのか。

まず、このビジネスの一番の魅力は、
仕事の日や休み、収入、取引先との人間関係、すべてにおいて

「自分でコントロールできる」


といったところにあります。


つまり、出勤時間も自分で決めれて、休みたいときに休めて、ほしい収入の分だけ頑張る。取引先も自分で選択することができるのでトラブルが発生しそうな顧客と付き合う必要はありません。もちろん上司からの「あれどうなった?」といった電話がかかることもないのでノンストレスで仕事に集中できます。


さらにこのビジネスの醍醐味は、

稼いだものは「100%すべて自分のものになる」

ということでしょう。どれだけ残業しても毎月の給料はほとんど変わらない、といったサラリーマンとは違います。また、自分で頑張って成し遂げた結果が上司や同僚の手柄になることもありません。


もう、「会社のために」働いているのを分かっていながら、「自分のためだ」と言い聞かせる必要がないのです。

上司に体調不良を訴えたら元気になる薬が返ってくる、なんてこともなくなる

そんなおいしい仕事があるのか、何か特別なスキルや知識が必要なんじゃないか、と思われるかもしれません。しかし、この仕事は特別なスキルも知識も必要ありません。


必要なものは、

「コミュニケーションがとれること」
「運転免許」
「最低限の開業資金」

のみです。
そのほかの必要なもの、ノウハウは研修でしっかりフォローしています。


そしてもう一度言いますが、このビジネスはオシャレでもかっこよくもありません。
独立開業とはいえ、仕事においてスーツをビシッと着る機会も、高級な時計をする機会もありません。オフィスと呼ばれるような事務所を構えることもありません。


なんだか地味そう、、、と思ったあなた、
実はここがポイントで、脱サラ初心者には大変嬉しい、「仕事においての経費」がほとんど必要ないのです。


通常、ゼロからビジネスを立ち上げるには時間もコストもアイディアもビジネスモデルの構築も必要になってきます。事務所を借りて備品をそろえたり、ビジネスパートナーを探して何度も打ち合わせをしたりと、「カネ(資金)」「コネ(人脈)」に加えて「時間」も必要になってきます。


なんとなく脱サラしたいと思っているサラリーマンも、一番大事な準備の時点で独立することを後回しにしているのではないのでしょうか。しかしながらこのビジネスは店舗を持つ必要がありません。人脈も必要ありません。脱サラするにあたっての膨大な労力を省いて資金を最低限に抑えたものが、私がおすすめするビジネスです。

ボタン

仕事とプライベートのギャップ
経費が最低限でよいためプライベートにお金をまわせる

一歩を踏み出す。

もしあなたが、


「稼ぎたい」

「独立したい」

「自分に挑戦したい」


このようなことを思っているのであれば一度、「チャンス」ととらえて一歩踏み出してみてください。


もちろん、反対の


「現状を変えたい」

「会社のノルマや人間関係から離れたい」

「将来のないところにとどまりたくない」


といったネガティブな動機でも結構です。


ちなみにポジティブな感情よりもネガティブな感情の方が、行動の原動力になると言われています。
通常、新しいビジネスが始まるのはネガティブな感情からですし、世の中はネガティブな感情によって変化しているので、もしあなたが不満や不安を持っていて、それを「なんとかしたい」という気持ちでこのビジネスに向ければ想像以上の結果が生み出せると思います。


今まで過ごしてきた「サラリーマン」というフィールドから抜け出し、
自分自身でコントロール可能な人生を送りませんか。


本気で変えたい人を全力で応援します。

ボタン

お先に開業した
先輩自営業者のリアルな声

「前職は歩合給でした。休みなく朝から深夜まで働いても成績の悪いときは手取り20万円をきることもありました。この仕事は時間が遅いとお客さんにも迷惑かかってしまうので、どんなに頑張っても19時には帰れますね(笑)もし前職くらいの長時間で働けたとしたらこんな私でも三桁はいくと思います。」
(T.Y様 30代 元保険会社勤務)

「午前10時から午後5時の週4、5で仕事しています。他の仕事と掛け持ちしているので、午後から勤務することも。がっつり働いている人もいるみたいですが、ぼくはゆるゆるっとやっています。それでも前職より労働時間も短いし、今月の収入は前の給料より12万円もプラスになってるのでもう戻れません。」
(R.O様 20代 元飲食店店員)

「前は小売りの仕事をしていて、なんの資格もスキルももっていませんでした。だけど、一度きりの人生なのにこのまま何もせず、歳をとったときに後悔するのは嫌だと思い、独立することに挑戦してみました。開業資金で僕の全財産使い果たしました。もちろん家族や彼女には大反対されましたが(笑)それでも今はなんとか一年ほどやれています。開業資金?とっくに回収していますよ。」
(J.H様 30代 元小売店勤務)

「ずっと転職をしたいと思って、条件のいい会社がないか転職サイトで探していました。いろいろ見たんですけど、どこもたいして条件が変わらないってことに気づいて、独立も視野に入れて調べていたんです。独立することに関して全くの知識ゼロで最初は不安でしたけど、これだったら自分にもできそうだと思って開業しました。最悪失敗したらまた履歴書をもってやり直せばいいやという考えもありましたが、今は真剣に取り組んでいます。正直パソコンとかそんなに使えないので、このビジネスに出会えて本当に良かったと思っています。」
(H.K様 40代 元工場勤務)

「二年前に自分の会社が倒産してしまい、路頭に迷っていました。借金を抱えたまま、また会社を立ち上げようかどうしようかというときにこちらのビジネスに出会いました。自分も事業をやっていたのでわかりますが、ビジネスモデルがシンプルでかつ安定しているので、信頼して開業することができました。
もとは経営側でしたが、今は初心にかえってお客様に頭を下げています。ある程度資金がたまったら、また自分の会社を持とうと考えています。」
(S.E 様 40代 元経営者)

これらの方々はもともとはそれぞれの状況に不満や不安を抱えていました。
彼らが収入のあげ方を「昇進」や「転職」に求めなかったのは、会社というフィールドでどんなに頑張って結果を出したとしても、給与に反映されないシステムに気づいていたからです。
そしてもちろん、ここに書いてある事情はほんの一部で、実際には上司に対しての気疲れや、社内の飲み会、満員電車のストレスまで日々の小さなことが積み重なって巨大な雪だるまのようになっていました。


そのような環境でどうして頑張ることができるのでしょう。


もはや一つの会社に長く勤めあげるのが良いこととされてきたのは、一昔前の話です。
今は日本の政府ですら、会社に依存しすぎない人生を推奨しています。
こういうことをいうと、
「個人の時代がくるとか、大企業が没落するとかまだまだ先の話でしょ?」
という人たちがいます。私に言わせてみれば甘い!といいたいところですが、
そういう時代になることが分かっているのならば、
今からどんどん準備をして先行者利益を得ればよいのです。

賢い人は時代の先を行く

開業して得たもの・・・

このビジネスを開業したみなさんが口をそろえて言うことは、


「独立してまずは精神的自由を得ました。」

そして

「働けば働くほど、
経済的にも時間的にも豊かになっています」

と。




あなた自身はどのような人生を送りたいですか?




私は、サラリーマン時代では決して得られることの出来なかった、
お金と時間、そして精神面での「圧倒的自由」をあなたにも手に入れて頂きたいです。


ぜひ一度自分の現状と向き合ってみてください。


そしてもしあなたが本気で「稼げる環境に身を置きたい」と決意して一歩踏み出すのであれば、私も全力であなたの決意に協力します。
そしてこのビジネスをあなたにお伝えできる日を楽しみにしています。

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

LINE友達追加