なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

フィルテックのVCスキンジェル
販売店や効果はどうなっているの?

フィルテックのVCスキンジェルという商品が今少しずつ話題となってきているようです。

インナードライ肌の人、またニキビや皮脂過多で悩んでいる人にとっての対策として効果があると言われています。


ビタミンC誘導体を含むビタミンC系美容液という位置づけの商品になるのですが、ビタミンC化粧品の刺激が苦手という人でもVCスキンジェルは刺激がないということも特徴となっています。

ここでは、フィンテックのVCスキンジェルについて販売店やその効果の情報、実際に使ってみた人の口コミ情報等の総合的な内容について紹介をしていきます。

VCスキンジェルの販売店はどこにあるの?

VCスキンジェルが気になるけど購入はどこでできるの?
販売店は?ということで調べてみましたが、現在、特定の店舗での販売は行っておらず、通販専用商品となっているようです。

ちなみに通販でも公式サイト経由の専用商品となっています。
yahooで検索すると、出てくる商品があるのですが、それらは類似商品であり、VCスキンジェルではありません。

今後の展開は未定ではありますが、今のところは公式サイト経由で購入するようにしていきましょう。

VCスキンジェルのアットコスメでの評価は?

VCスキンジェルのような肌への効果がある商品で評価が気になるときはアットコスメ。

アットコスメでは評価は現時点で7点満点のうち5.5点となっていました。

・使い切りパウチになっているので衛生的です。肌がしっとり、もちっとするのにべたつかない。

・1包使っただけでも保湿力の高さを実感しました。VCスキンジェルの美容液なら保湿クリームいらずでも大丈夫です。朝ケアをして夕方まで保湿クリームなしで大丈夫でした。

・パウチ式というのが便利で、外出するときにも持ち運べるのがいいです。快適に使えます。

・見た目は乳液のようです。伸びがよくてよくなじみます。でもべたつかない。使いやすいです。

・柔らかいミルクのようなジェルです。伸びがなめらかです。べたつかないのが好みです。カサカサな肌も潤ってくれました。

このような口コミが出ていました。(口コミは要約しています)

全体としてまだ口コミ件数は少ないものの評価が高いものが多いです。
「パウチが衛生的で使いやすい」
「べたつかないのに保湿力が非常に高い」
というような評価が出ています。

アットコスメの評価は他の商品も含め厳しめだったりするのですが、VCスキンジェルは評価が高く期待できますね。

インスタでの口コミ評価は?

インスタでもVCスキンジェルについての投稿は出てきています。

写真はきれいなパッケージの紹介というものばかりですが、実際の効果はどうなのかということ。
コメントを見てみるとこのようなものがありました。

「これからの時期はべたつきが嫌ですが、そこはフィルテックさんのお品ですから、なじみがいいの。べたつくことなく、すーっとお肌に吸い込まれるようになじみ、そしてしっとり保湿できてる感じ。

使っていく内にお肌の乱れ切った(笑)キメが少し整ってきてる感じです。
ハリ感も徐々に戻ってきて良い手ごたえ!」

「1ヶ月使ってみましたが、皮脂分泌がコントロールされて今までベタついてテカっていたところが治りました。
乾燥してる所には音を立てて入り込んでいって、お肌の内側から保湿されてお肌が柔らかくなったのが1番の変化。

美白化粧品は乾燥しやすい、肌荒れするという経験のある方も多いと思いますが、そのイメージを覆してくれる、敏感肌の味方になってくれる美肌育成美容液です。
紫外線が気になるこれからの季節、美白ケアにもってこいの商品です!」

「テカリみたいなのは全然残らなくて、触ってみると手がちょっとくっつくような感覚で肌はすぅ~っごくしっとり!
私は超乾燥肌だから保湿クリームを使わないことに対して不安をもっちゃうんだけど、この美容液ならクリームいらずでOK。

「使い始めて特に私のお肌には皮脂のコントロール作用が効果抜群で、混合肌で今までテカってた部分が気にならなくなりました。
もう少し使い続けて美肌美白を目指します!!」

このようなコメントが出ています。
技術的な部分を書いていた人も多いのですが、これはおそらく商品の説明をそのまま書いたものになりますので、そうではなく本人の直接の感想という部分をピックアップしてみました。

インスタということで、あまり悪いことを書くよりは良い面が強調されるというところはあるかもしれませんが、他と比較しながら見ていると大体の傾向がわかり、参考になる部分も大きいと思われます。

他の口コミサイトでの評価は?

他の口コミが掲載されているところでの評価についても見てみました。

・伸びが良くてパウチはちょうどいい量でした。浸透してトラブルが起こりにくい肌になるという感じがあります。乾燥や肌のぴりつき感は一切ありませんでした。

・価格は少し高いのでもう少しなんてなればなとは思います。

・美肌、ニキビ対策、毛穴、エイジングケアと多くの効果が期待できる美容液。べたつかないのに保湿力が高くて肌がふっくらするのを感じています。

・特に香り等はなし。刺激もなく、かゆい、赤くなるなどもありませんでした。すぐに肌に浸透してくれます。パウチで毎回新線なジェルを使えるというのは良いと思いました。

このような口コミが確認できました。
まだそこまでの口コミ量が出ていない状態です。amazonや楽天、yahooでの販売も行っていませんので、なかなか商品が広まりにくいというところもあるのかもしれません。

ただ販売前に多くのモニターテストは行っているようで、応募した方がかなりいるというな跡が見られました。モニターだからという面もあるかもしれませんが、その方達の評価もかなりの高評価となっています。

基本的にはアットコスメの評価と同じく、べたつかないで保湿力が高いということでの評価、衛生面での評価があるという感じです。
マイナスポイントとしては価格が高めであるというところ、またパウチで1回ずつは便利だけれど、ゴミが出てしまうという点があります。

衛生面を重視するのか環境を重視するのかというところでここはなかなか難しいものになってしまいますね。

VCスキンジェルの価格は?

VCスキンジェルの価格についてですが、公式サイトのみの販売ということで、どこが高い、どこが最安値というものはありません。

VCスキンジェル 0.5ml×30包 定価8,500円→6,000円(税込)で販売・送料無料

2箱での販売  0.5ml×30包×2箱 11,000円(税込)・送料無料

スキンウォーター 100ml+VCスキンジェル0.5ml×30包 7,500円(税込)・送料無料

購入パターンはこの3つになります。
VCスキンウォーターは通常100ml 1,980円送料別ということなので、同時に購入すると若干お得になります。

VCスキンウォーターは肌を洗浄し、美容成分をより浸透しやすい状態にすることができるということ。VCスキンウォーターはVCスキンジェルと同様に半導体技術ですくられたスチーム水をベースに作られています。

同じ分子構造、性質を持つ水同士だからこそ効果が最大限になるということです。

ただ、他社のスキンケア商品と一緒に使っても良いということも書かれていますし、化粧水と美容液をどうするかは好みの範囲でということでもいいと思います。

価格は高いというデメリットが指摘されていましたが、まとめて購入すると若干は安くなるということがありますね。
それでもまだ一般的な美容液と比べると高級であることは間違いなく、ここぞというところで使ってみるというのでもいいのかなとは思います。

半導体技術のスチーム水って?

半導体技術のスチーム水とはどういうものなのか?
ライバル商品はあるのかということで比較してみましたが、直接半導体技術を使ったライバル商品というのは今のところはないようです。

つまりこのスチーム水を使うにはVCスキンジェル・またVCスキンウォーターしかないのです。

スチーム水がどのようなものなのかということの詳しい情報はわかりませんでしたが、この製法によって99%が保湿・美容成分という高純度のジェルを実現できているということ。乳化剤や石油系界面活性剤、合成着色料等の余計な成分が入らないものを実現できているということです。

独自製法ということで、私達には簡単にわからないというもの、またライバルすらも簡単に作れないものになってくるのかもしれません。

いずれにせよ純度が高い美容・保湿にこだわるというのは、毎日のお手入れによって余計なものを塗る、肌に取り入れる必要がないということで、長期的な肌のメンテナンスを考える上でも良いものにはなるのでしょう。

インナードライ肌の人にこそ有効

VCスキンジェルはインナードライ肌の人にこそ効果を発揮するものとされています。保湿を求める中でもインナードライ肌だと一番このジェルが合っているんですね。

インナードライ肌は表面は皮脂でべたついているように見えるのに、角層の水分量は不足しているという状態。

オイリー肌と間違いやすいですが、かさつき感やガサガサ感がある、肌が硬い、潤っているのにベースメークのノリが悪い等の場合はインナードライ肌を疑った方がいいでしょう。

インナードライ肌の疑いを持っている、自覚しているけど、まだそんなに肌に合う商品を見つけられていない。
そんな方はVCスキンジェルを試してみてもいいのではないでしょうか。

VCスキンジェルの公式情報も確認してみましょう