火災保険に加入するメリットとおすすめ商品について

自己所有物件がある場合、火災保険は必ず加入しておくものという認識があるでしょう。しかし、なぜ火災保険に加入するのかメリットが分からない人もいるのではないでしょうか。今回は、火災保険に加入するメリットや選び方、おすすめ商品について紹介していきます。

火災保険に加入するメリット

火災に遭う確率は少ないのだから、保険料が勿体ないとい考えの人もいるでしょう。こちらでは火災保険に加入するメリットについて見ていきましょう。
 
・火事の際の補償を受けられる
火災保険なので「火事」の被害による補償を受けることができます。残念ながら、現在の法律ではよほどのことがない限り「火元の責任者に損害賠償」をすることができません。つまり、火災に巻き込まれていても「自分の保険で対処しなければいけない」ということなのです。火災保険に加入していないと、自分が火元になった時はもちろん隣家からのもらい火でも補償を受けることができないのです。
 
・火災以外でも補償を受けられる
火災保険ということで「火事のみ」という考えを持っている人もいるかもしれません。しかし、火災保険でカバーできる補償は意外と多いのです。ただ、これは加入する際のプランによって異なるので加入の際はプラン内容をしっかり見極めておきましょう。
 
・過去にさかのぼって申請が可能
火災保険は3年以内であれば、過去に受けた被害の申請もすることができます。修繕済みの場合は、修繕前の写真など罹災証明書などで被害が証明されることで保険金請求をすることができるのです。ただ、こういった「証明できるもの」がなければ修繕済みの場合は保険金が支払われない場合もあるので注意してください。

火災保険の選び方とは?

火災保険と言っても、さまざまな会社から展開されています。どれも同じ「火災保険」ですが、会社によって違いなどが多いのです。こちらでは、火災保険の選び方について見ていきましょう。
 
・補償範囲を決める
保険会社の言いなりになって、あれもこれもとプランを追加していると保険料が大変なことになってしまいます。火災保険に加入する際は、まず「補償範囲」を決めましょう。火災保険に水災補償も追加するのか、落雷補償も追加するのかなど「自分にとってどんな補償が必要なのか」を決めてください。
 
・家財の補償額を決める
火災保険では家財の補償もされます。ただ、いくらまでを保障してもらうかによって保険金なども大きく変わってくるのです。大は小を兼ねると言いますが、あまり兼ね過ぎると保険料の負担が大きくなるので気をつけましょう。
 
・地震保険は別加入しなければいけない
火災保険でオプション追加することによって、落雷や水災などの補償もされます。ただ、地震保険は「別に加入する必要」があるのです。基本的には火災保険とセットで加入するケースが多いようですね。

どんなことが火災保険で補償される?

火災保険はオプションを追加することで、火災以外の補償もしてもらえます。こちらでは、どんなことを補償してくれるのかを見ていきましょう。
 
・水災
台風や豪雨による「水による被害」を補償してくれます。近年は台風の影響なども強くなっていることから、火災保険に加入する人が必須としている追加オプションでもあります。
 
・建物外部からの衝突など
自動車などの飛び込みによる損害を補償してくれるものです。ただ、一戸建てなどでは加入するメリットはありますが、マンションの上層階などは自動車の飛び込みなどは、まずないと考えられるので住居環境によって加入率が大きく変わります。
 
・風災や雪災
暴風や暴風雨、雪崩や豪雪による被害を補償してくれます。水災と重複しますが、台風なども風災に含まれているようです。

おすすめの火災保険とは?

火災保険と言っても、検索することでさまざまな会社が提供しています。こちらでは、比較的加入率が高い火災保険について見ていきましょう。
 
・ホームアシスト
築10年未満など、築浅物件を対象にした保険料がリーズナブルな火災保険です。火災だけではなく、さまざまな補償がされるので「どれを追加すればいいか分からない」という人におすすめです。プラン内容はワイド、ベーシック、エコノミー、フリーの4種類があり、プランによって補償額なども変わってきます。
 
・GKすまいの保険
災害を6つに分類にして「自分が必要な補償」だけを組み合わせることができる火災保険です。そのため、火災保険料を抑えたい人におすすめされています。
 
・トータルアシスト住まいの保険
保険業界の最大手と評判の、東京海上日動が提供している火災保険です。住んでいる地域によって、被害が少ない部分については縮小支払い特約があるので火災保険料を抑えることができるのです。
他のおすすめ火災保険の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

火災保険は物件購入時には、ほぼ強制的に加入させられるところがほとんどです。しかし、更新忘れなどで「火災保険に加入していないところ」もゼロではありません。保険の見直しなどをするついでにでも、しっかり火災保険に加入しているか確認しておきましょう。