読むワクチンで不登校の
呪縛から解放されたい人、
他にいませんか?

悩める保護者のみなさん、
この本を読んで早くラクになってください。


『もう不登校で悩まない!
おはなしワクチン』
蓑田雅之・著

定価:1,320円(税込)

『おはなしワクチン』を
お読みいただいた方からの声

認識が180度変わる

学びの民主化さん

不登校に対する認識が180度変わる本

不登校は何の問題もないこと、平成28年度の教育機会確保法など国の方向性の変化、国内外には様々な学びの機会があることを知れた。

VOICE

不安がなくなる

きのこさん

みんなの「不登校」に対する認識と、漠然とした不安をなくしてくれる本

義務教育の法律をていねいに、ロジカルに、わかりやすく伝えてくださっていることで、不登校が法を犯すわけではないことが理解しやすかった。

VOICE

呪縛から解かれた

かめとめさん

「あなたはあなたのままでいい」と子どもに言ってあげられるようになる本。

当たり前に「学校は行くべきもの、親の言うことを聞くもの」と思い込んでいました。呪縛から解かれた感覚でした。早く知りたかった。

VOICE

最高の不登校本

公園家さん

日本一わかりやすく事例もある不登校に関する著書。

もしくは最高の不登校本。

★★★★★←それ以上の価値がありました!

VOICE

不安がなくなる

きのこさん

みんなの「不登校」に対する認識と、漠然とした不安をなくしてくれる本

義務教育の法律をていねいに、ロジカルに、わかりやすく伝えてくださっていることで、不登校が法を犯すわけではないことが理解しやすかった。

VOICE

不登校の悩みから自由になる日を、今日から始めよう

From:金子純一(びーんずネット事務局)

ほとんどの親は子どもが不登校になると、まるで底なし沼にはまってしまったかのような、言い知れぬ将来への不安を感じます。中にはそれで何年も苦しみ続ける人もいます。
かつての僕自身もそうでした。
もしあなたが今、先の見えない真っ暗なトンネルの中にいると感じているのなら、この本に出会えたのは本当にラッキーです

あなたがこの本を読み終わる頃には、漠然とした先の見えない不登校の悩みや呪縛からは解放されて、明るい見通しと安心感を感じることができることでしょう。

もちろん、この本を読んだからと言って、不登校に対する不安が立ちどころに綺麗さっぱり煙のように100%完全に消滅する、、、とまではお約束できません。

しかし、きっとこの本を読み終わった後、あなたの不登校に対する考え方、その先の将来のことや新しい教育についての知識、また子どもとの関わりでやるべきこと・やってはいけないことなど、不登校に対しての見方が全く違うものに確実にアップデートされていることでしょう。
あなたはきっとこの本を気に入って何度も読み返したくなると思います。

多くの人が陥ってしまう
義務教育や不登校の”罠”

義務教育って?

「義務だから無理にでも行かせるのが親の役割」

多くの人がそう義務教育を誤解しています。
そもそも義務教育や不登校って法律的にはどうなんでしょうか?

育て方の問題?

「子どもを甘やかしている」
「不登校はただの怠け」「親失格」

多くの人がそんな偏見に傷ついています。
果たして不登校は親の育て方の問題なんでしょうか?

他に選択肢って?

「学校以外にどんな教育の選択肢があるの?」

子どもが豊かに育つ――学校以外の場所でそんなことって果たして可能なんでしょうか?
どうやってそれを選べばいいのでしょう?

他に選択肢って?

「学校以外にどんな教育の選択肢があるの?」

子どもが豊かに育つ――学校以外の場所でそんなことって果たして可能なんでしょうか?
どうやってそれを選べばいいのでしょう?

この本ではそんな疑問に
わかりやすく応えています

1人の父親が、子育てや
学校選び
で感じた疑問を調べ、
たどり着いた
新しい子育て論

専門家の視点ではなく、1人の父親が実体験で感じた疑問や気づき・学びを丁寧に掘り下げて、わかりやすくまとめた本です

著者はコピーライターという言葉の専門家でもあり、法律の話もとてもわかりやすく解説されています。

学校以外の選択肢もたっぷりと紹介されているので、「学校だけがすべてではない」ことがわかり、安心感が得られます。

●憲法や教育基本法といった法律のそもそもの成り立ちからわかりやすく解説されているので、不登校や義務教育の誤解がなくなる

●学校以外の選択肢や新しいオルタナティブ教育の知識が増えて、考え方や価値観がアップデートできる

●「価値観が180度ひっくり返る思いをした」という著者の子育て実体験から語られているので、古い固定観念が崩れ考え方が自由になる

目次

第1章
不登校ってどんなこと?
・不登校の人数
・隠れ不登校がいる
・不登校は、はじめが肝心
・原因は千差万別
・子の気持ちを理解せよ
・まれに家庭崩壊のケースも
・学校アレルギーだと思え
・学校につぶされる才能
・不登校のその先へ
第2章
義務教育の大誤解
・若いお母さんの涙
・憲法に明記された権利
・残念な教育基本法
・罰則がある学校教育法
・共通項は昭和22年
・解消された憲法の矛盾
・さぁ、多様な学びへ
第3章
オルタネティブスクールって何?
・そもそもオルタナティブとは?
・オルタナティブ教育の必要性
・シュタイナー教育
・サドベリー教育
・イエナプラン
・フリースクール
・オルタナティブスクールへの通い方
・新しい時代の新しい教育へ
第4章
新しい子育ての考え方
・第1回 サドベリー教育の衝撃
・第2回 すべての親は子育ての素人だ
・第3回 親の権威の失墜
・第4回 保護者にとっての価値
・第5回 勉強しなくて大丈夫?
・第6回 子どもに任せていて大丈夫?
・第7回 「子ども」という子どもはいない
・第8回 反抗期がない?
・最終回 世界に一つだけの花
第2章
義務教育の大誤解
・若いお母さんの涙
・憲法に明記された権利
・残念な教育基本法
・罰則がある学校教育法
・共通項は昭和22年
・解消された憲法の矛盾
・さぁ、多様な学びへ

著者紹介・蓑田雅之プロフィール

早稲田大学第一文学部卒業、コピーライター。
「東京サドベリースクール」の元保護者であり、現在は評議員を務める。

子どもがオルタナティブスクールへ通うようになり、従来の学校教育のあり方に疑問を持ち、教育分野の研究に着手。
自立した人間を育てるための保護者のあり方を探求するとともに、各地でお話し会を開催。
また、企業や保育園・幼稚園にて、不登校にならないための予防薬「おはなしワクチン」の活動を続けている。

不登校は何の問題もない

From:蓑田雅之(著者)

2017年の秋から始めた「おはなしワクチン」。幼稚園や保育園、企業などで開催してきたセミナー形式のお話会の内容を一冊の書籍にまとめました。

「おはなしワクチン」で伝えたいことは、以下の4点です。

 ① 不登校はなんの問題もない。
 ② 問題にしているのは社会のほう。
 ③ 親は視野をひろげてほしい。
 ④ 子どもをリスペクトしてほしい。

とってもシンプルで簡単なことです。ただ、シンプルで簡単なだけに、腑に落ちるまでには時間がかかることもあります。だから、200ページ近くも長々と文章を書きました。

でも、この一冊を通して読んでいただければ、「不登校は何の問題もない」ということが分かっていただけるはずです。そして、「不登校は何の問題もない」ことを理解していただければ、その先の未来が開けてくるのです。

本来は一人ひとりとお話をしながら、本を手渡していきたかったので、出版社からとか、アマゾンKindleでとか、そういう出版の形は取らず、私と一緒に不登校の問題に取り組んでいる「ぴーんずネット」から出版させていただくことになりました。

ですから、本屋さんやアマゾンでは買えません。読んでみたいという方は「びーんずネット」の購入サイトからお申し込みください。

発行者・びーんずネット
代表 金子あかね

申し遅れました。びーんずネットの金子あかねと申します。

私たち夫婦は神奈川県川崎市で、お子さんの不登校に悩んでいる親御さんを対象とした様々な活動(セミナーやイベント、出版など)を2018年からしています。

わたしたち自身が、息子の不登校を経験してそれぞれに迷い、悩んだ親です。

その経験から得た気づきをもとに、不登校をテーマにしたセミナーやインタビュー事例集をお届けしています。

蓑田雅之さんとは保護者仲間というご縁もあって、活動を開始した当初からご一緒させていただいています。

「不登校という概念をこの世からなくしたい」

との想いから「おはなしワクチン」というお話会の活動を始められた蓑田さんですが、今回こうして出版という形で私たちがお手伝いさせていただくことになりました。

「不登校ってどんなこと?」
「義務教育の大誤解」
「オルタナティブスクールって何?」
「新しい子育ての考え方」

蓑田さんご自身が一人の父親として、息子さんの子育てや学校選びの中で感じた疑問を丁寧に調べ、考えを深めていらした経緯をやさしい語り口で書かれています

学校とは? 親とは? 家庭とは? そして教育の目的とは?
突き詰めていく過程でそれまでの子育てに対する価値観が180度ひっくり返る経験をした、という蓑田さん。
特に第4章の「新しい子育ての考え方」には目からウロコの思いをされる方々も大勢いらっしゃると思います。

おはなしワクチンを推薦します!

とても実践的な素晴らしい本

医師・臨床心理士
田中茂樹

蓑田さんの「もう不登校で悩まない おはなしワクチン」はとても実践的な素晴らしい本です。第2章の義務教育の話、第3章のオルタナティブスクールの話、第4章で展開される、ご自身の育児も含めての教育観も、平易な言葉で書かれていますが、とても深い内容だと感じました。

さて、蓑田雅之さんのこの素敵な本のなかで、もっとも大切な部分はどこかと言われれば、私は迷いなく、21ページの次の一文を選びます。


“「学校に行きたくない」とお子さんがいいだしたときは、ぜひともその言葉を受けとめ、理由も聞かずに味方になってあげてください。”


この対応は、まちがいなく最高ですし、かっこいいです。

でもこういう、かっこいい、贅沢で幸福な対応ができるためには、親には心の準備がやはり必要だと思います。

「学校に行きたくない」とお子さんがいいだしたときは、ぜひともその言葉を受けとめ、理由も聞かずに味方になってあげてください。

「理由も聞かずに、味方になる」

これを覚えておきたいものです。なぜそうすることが大切なのか、それはこの本を読むことで納得できます

「正しく知ること」で改善できる課題

一般社団法人ダイアローグ・ラーニング代表理事

井上真祈子

「不登校」という概念をこの世からなくしたい。蓑田さんの祈りのような信念から生まれたライフワークである「おはなしワクチン」で伝えてこられた内容が一冊の本となって、もっとたくさんの人に気軽に届くことができるようになりました。

 本書では、大きな二つの軸を明らかにすることで、不登校という概念から解放してくれます

 一つ目は、法律に縛られることからの解放。その法律ができた背景も含め、語りかけるように順を追って丁寧に紐解いてくれています。

 二つ目は、教育は一般的な学校(一条校)でしか受けることができない、という選択肢の狭さからの解放です。

 正しく知らないだけで不幸が起きているのだとしたら、それは「正しく知ること」で改善できる課題だということ。

 こんなに重要な「教育」という存在について、大人ひとり一人が深く丁寧に考え見つめたら、常識が拡張しアップデートされ、社会も日常も、もっと明るく軽やかになるかもしれない。そう、改めて思いました。

 社会の一員としての当事者として、多くの大人の手に本書が届きますように。

購入特典

送料無料

とにかく一人でも多くの方にお読みいただきたい!

その思いから、送料については無料とさせていただきます。

※宅配便ではなく、ポストに直接投函される「クリックポスト便」でお届けします。
日時の心配なくお受け取りいただけます。

『不登校に心が迷うとき
読みたい10冊』プレゼント

びーんずネット事務局の金子純一がまとめた『不登校に心が迷うとき読みたい10冊』。
ニュースレター・ブログで連載した内容を読みやすいA5版サイズの冊子にまとめた「非売品」です。
読むことで安心につながる、厳選したオススメの不登校本
その内容をごくごくコンパクトに紹介しています。

<紹介書籍>

1 子どもが幸せになることば
 (田中茂樹・著)
2 居場所がほしい
 (浅見直樹・著)
3 子どもを信じること
 (田中茂樹・著)
4 不登校でも子は育つ
 (親子支援ネットワーク♪あんだんて♪・著)
5 子育てが終わらない
 (小島貴子+斎藤環・著)
6 不登校になって伸びた7つの能力
 (吉田晃子+星山海琳・著)
7 子どもは「育ちなおし」の名人!
 (広木克行・著)
8 不登校・ひきこもりを生きる
 (高岡健・著)
9 学校に行きたくない君へ
 (全国不登校新聞社・編)
10  私たちも不登校だった
 (江川紹子・著)

◆A5版 全36ページ(モノクロ)

90日間満足保証

気に入らなければ全額返金
しかも本を返品する
必要もありません

もし内容が気に入らなければ、購入から90日以内であれば無条件で返金します。
メール1通いただければすみやかに対応します。
しかもを返品する必要もありません。手元に置いていただいても、処分していただいても構いません。

 私たちがこの保証をつける理由は2つあります。 

ひとつには通常の本や雑誌と違い、店頭で実際に中身を確認することができないから、です。
届いてみたら「思っていたものと違う」という場合もあるかと思います。 

もうひとつは内容に自信があるからです。
ご満足いただけないものにお代をいただくのは、もとより私たちの本意ではありません。 

読んでみてしっくりこない、イマイチだった、あるいは読みきれそうにない……理由はなんでも構いません。その場合には遠慮なく、90日以内にお知らせください。
冊子を送り返す手間も費用もかかりません。全額、無条件で返金いたします。

もう不登校で悩まない!
おはなしワクチン

悩める保護者のみなさん、
この本を読んで早くラクになってください。

価格:1320円(税込)

読み終わった時、不登校のその先がきっと
明るく見える一冊になると確信しています。


[ 90日間満足保証 ]
もし内容に満足できなければ、遠慮なくお知らせください。
90日以内であれば全額返金いたします。


ピックアップレビュー ★★★★★

まさにその通り

yuさん

すごくわかりやすく、うん!うん!とうなづいて読める本

「学校アレルギー」、まさにその通りですね!

すべての親は素人、無免許運転のまま親をやってきた……考えさせられました。親です!っていうのが恥ずかしくなりました。

VOICE

固定概念を覆された

kuniさん

不登校に対する固定観念を覆してくれた本です。

<印象的だった点>

・第1章では不登校についてわかりやすく具体的に、そして現在の日本の学校の画一的な問題点を指摘しているところ。

・第2章では法律をわかりやすく説明してくださり、子どもが学校に通う義務を負っていないことを明らかにしてくれているところ。

・第3章第4章にオルタナティブスクールという新しい選択肢があること、そして親自身が変わり成長することの大切さを教えていただいたところ。

VOICE

涙なしには読めない

あぶたろうさん

不登校について私がモヤモヤしていたことを、細かく優しく体験からモノを言っている本。

生きて行く上での「教科書」「事典」としても!

教育に関する法律がよくわかった。

子どもが不登校になり、先生にも校長にも誰にもアドバイスをもらえませんでした。心を癒す保健室の先生さえ「このままではダメな子に」的なことを言ってくる始末。たらいまわしにされ、どうしたら良いかわからなくなり、娘と自殺するか……と考えたときも。

なので学校に入る前の親、学校に行きたくないという子どものアクションに気づいた親、とにかく「親」に見せたいです。

不登校に悩む親の方に「こんな本あるよ!」という紹介用としてもう1冊購入しました。

それくらい心打たれる本でした。

涙なしには読めませんでした。本当にありがとうございます。

VOICE

自己肯定感が高まる

じゅんさん

保護者がとても助けられる、救世主的な本。自己肯定感が高まる本。

VOICE

読んでいてラクに

まちのみんなさん

たくさんの選択肢が載っている点が印象的。
「こうしなければ」
ではなく、
「こんな方法もあるよ」
というのが読んでいてラクだった。

VOICE

昭和生まれの人に

M・Jさん

すべてにおいてそうなのかも知れませんが「大人の脳内アップデートに必要な本」。
昭和生まれの人にオススメしたい(笑)

VOICE

固定概念を覆された

kuniさん

不登校に対する固定観念を覆してくれた本です。

<印象的だった点>

・第1章では不登校についてわかりやすく具体的に、そして現在の日本の学校の画一的な問題点を指摘しているところ。

・第2章では法律をわかりやすく説明してくださり、子どもが学校に通う義務を負っていないことを明らかにしてくれているところ。

・第3章第4章にオルタナティブスクールという新しい選択肢があること、そして親自身が変わり成長することの大切さを教えていただいたところ。

VOICE

もう不登校で悩まない!
おはなしワクチン

悩める保護者のみなさん、
この本を読んで早くラクになってください。

価格:1320円(税込)

読み終わった時、不登校のその先がきっと
明るく見える一冊になると確信しています。


[ 90日間満足保証 ]
もし内容に満足できなければ、遠慮なくお知らせください。
90日以内であれば全額返金いたします。