あなたの強みがわかるチェックリスト

得意を生かしてビジネスを加速させよう!

次の項目であなたに当てはまると思うことにチェックをしてください

チェックその1(TA)

  • 積極的、行動的
  • 感覚的
  • おしゃべりが好き
  • あまり考えずに行動する方
  • 飽きっぽい
  • 体を使うことが好き
  • 人間関係は広く浅く
  • 難しいことが苦手
  • 失敗の概念がない
  • 好奇心が旺盛
  • 感覚的

チェックその2(BA)

  • 計画的、戦略的
  • 作戦を考えるのが好き
  • メリットを重視する
  • 俯瞰して見たり、全体的に考える
  • 直感的
  • コーディネート、組み合わせることが好き
  • 人間関係は苦手
  • 失敗は想定内
  • 生産性のないことは嫌い
  • 情報収集、分析が好き
  • 作戦を考えるのが好き

チェックその3(TS)

  • 受け身、控えめ
  • サポートや縁の下の力持ち的存在だと思う
  • 人をもてなすことが好き
  • 気が利くとよく言われる
  • コミュニケーションが得意
  • 人間関係は狭く深く
  • 専門的、職人気質だと思う
  • こだわりが強いほうだ
  • 失敗すると落ち込む
  • 今が楽しければいいと思う
  • サポートや縁の下の力持ち的存在だと思う

チェック4(BS)

  • 堅実で着々とやるタイプ
  • ルーティーンワークや決まった中で生きるのが好き
  • 新しいものが嫌い
  • 人間関係は苦手
  • 与えられたことは完璧にこなす
  • ルール通り
  • 保険や安定が好き
  • あまり失敗しない
  • 正確さが大事だと思う
  • 準備はしっかりしておきたい
  • ルーティーンワークや決まった中で生きるのが好き

あなたはチェック1から4の中でどの項目に一番チェックが付きましたか?
最も多いところがあなたの強みです。

チェック1(TA)が多い
あなたは人と対面して収益、売上を上げる働きをする営業タイプです。
演劇で例えるなら、主人公。自分が前に出て営業、販売促進をすることが得意です。
キーワードは、行動的、活動的、意欲的、攻撃的
チェック3(TS)が多い
あなたは人と対面して信頼関係を築き、長期的な成果を築く働きをするトップサポートタイプです。演劇で例えるなら、ヒロインを含むその他の登場人物。場面によって使い分ける器用さがあります。
キーワードは、サポート、情報、スキル
チェック2(BA)が多い
あなた全体の収益を拡大するために戦略的に行動し、頭を使って後ろから攻めるプロデューサータイプです。演劇で例えるなら監督、脚本家。企画、マーケティングが得意です。
キーワードは、知識、知恵、戦略的、作戦、マーケティング


チェック4(BS)が多い
あなたは管理、継続、改善などの運営を行い、システムを促進させることが得意なバックサポートタイプです。演劇で例えるなら、大道具、小道具。日本人に最も多いタイプでもあります。
キーワードは、改善、継続、ルーティンワーク、前提作り
チェック4(BS)が多い
あなたは管理、継続、改善などの運営を行い、システムを促進させることが得意なバックサポートタイプです。演劇で例えるなら、大道具、小道具。日本人に最も多いタイプでもあります。
キーワードは、改善、継続、ルーティンワーク、前提作り
いかがでしたか?「やっぱりな~。」「そんなはずないよー!」「どれも同じぐらいのチェックだった。」などなど、感じたことをぜひ返信してくださいね!
もしかしたら、無理してやっている、苦手だと思い込んでいるだけ、などとあなたの強みを活かせていない可能性もあるかもしれません。
もっと詳しく知りたいという方には勉強会を開催しますので、リクエストお待ちしています。