カートを見る

いつか会社員を辞めたいけど
ずるずる先延ばしにしてしまっている
30代会社員のあなたへ

自分の人生を諦めて
一生後悔し続ける
そんな人生を今日から私と一緒に変えませんか?

あなたの人生を変革する自分解放コーチングプログラム

会社員を辞めたいけど、

・ずるずる先延ばしにしてしまっている
・何か新しいことを始めたいけど何をしてよいかわからない
・興味のあることはあるけど本当にこれでいいのかわからない

と感じていたら、ぜひあなたに読んでいただきたいお手紙です。

こんにちは、私は川口恵右と申します。

以前は医療機器メーカーの営業職として15年働いていました。
実は、少し前までは何かしようとしてもずるずる先延ばしにしてしまって、10年もの間会社を辞められないと悩んでいました。

そんな日々を過ごしていました。


営業マンとして頑張っていたがそれほど情熱がわかず、このままこの仕事を続けていくのはどうかと思っていました。

しかし今はある一つのきっかけで、コーチとして独立することができました。

そのおかげで、毎日の出勤を考えて憂鬱になることもなく、好きな時間に仕事ができるようになりました。

自分がやりがいを感じる仕事をしているので、人間関係に悩むこともなくなりました。

毎日充実感のある生活を送れるようになっています。

どんな変化が私に生じたのでしょうか?

あなたは自分の人生で何がこのような変化を起こさせるのかを考えた事がありますか?
変化は知識や才能、あるいは懸命な努力によって生じるとは限りません。

自分の人生をスタートできる人と、自分の人生を諦めてしまう人の違いはたった一つです。

それは、揺るぎない自分軸=「WHY」を見つけられたか?ということです。

揺るぎない自分軸=「WHY」

「WHY」とは、リーダーや企業、非営利組織に対して「人々をインスパイアする方法」を伝授しているコンサルタント、サイモン・シネック氏が提唱した「ゴールデンサークル理論」の中心にあるものです。

※「ゴールデンサークル理論」は、2009年に「TED Talks」で「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」の中で説明されており、動画は4000万回以上視聴されています。

サイモン・シネック氏、これまでアメリカ連邦議会議員、外交官、国連、国防総省、マイクロソフト、アメリカンエキスプレスなどでWHYの力を伝授してきました。

コロンビア大学で戦略的コミュニケーションプログラム講師を務めるほか、ランド・コーポレーションの非常勤研究員も務めています。

5冊の本を執筆しており、最初の本は2009年に「WHYから始めよ!」というタイトルで出版されました。
2冊目「リーダーは最後に食べなさい! 」は、2014年に出版され、ニューヨークタイムズとウォールストリートジャーナルにベストセラーとして掲載されました。
サークルの中心から外側へ向かって、
「WHY:なぜ」⇒「HOW:どうやって」⇒「WHAT:何を」の順で思いを伝えると、共感を生むことができるとしています。

脳の構造的にも、動物的な本能に近い
感情(「WHY:なぜ」「HOW:どうやって」)と
人間的な理性(「WHAT:何を」)
を司っており理にかなっています。

そのため、「WHY」とは、自分が今していること、そのしている理由、 自分の目的、大義や理念は何かということです。
仕事であれば、何のために働いているのか?ということです。
出典:WHYから始めよ! サイモン・シネック著

どうやって揺るぎない自分軸=「WHY」を見つけたのか?

一人で考えていると、大体同じようなことが頭の中でぐるぐると回ってしまいます。
これまでの私の場合、何か新しいことを始めたい!と思うと
・この方法はうまくいくのか?
・他にいい方法があるんじゃないか?
・失敗したらどうしよう
・本当にやりたいことなのか?
・他の人からバレたらなんていわれるだろう
etc
の言葉が頭の中でずっと回っていて、結局楽な選択(寝てしまったり、スマホゲームしてしまったり)を取っていました。

自分一人では、いいアイデアは出てきませんでした。

そこで助けになったのは「質問」です。
質問されると勝手に頭の中で、その質問に答えようと考え始めます。

例えば、
どうしたらできるようになるか?とか、過去に成功した体験は?など自分にとってプラスとなる質問をされると、それに答えようとするので意識はプラスな方に向いていきます。
反対にマイナスな質問をされれば、意識はマイナスの方に向きます。

プラスな方向の質問を受けて答えていくと、
自分の得意なことや普段は感じてないけど大事に思っていることに気づけます。

そうなると、いままで「できない」と思っていたのが、「できることがたくさんある」という意識になり、一歩行動を踏み出すようになっていったのです。

これが、コーチングというものでした。
私はこのコーチングを体験することで、揺るぎない自分軸=「WHY」を見つけることができました。

コーチングとは 図の補足説明的に書く

「コーチ」という言葉は、もともと「馬車」のことを指し、「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味で使われていました。
そこから「人の目標達成を支援する」という意味で使われるようになりました。

コーチングをする人(コーチ)はコーチングを受ける人(クライアント)に、
・新しい気づきをもたらす
・視点を増やす
・考え方や行動の選択肢を増やす
・目標達成に必要な行動を促進する
ための効果的な対話を作り出します。
ここで重要なのは、コーチがこれらを先導したり強制したりするのではなく、相手が主体性を持ちながらそれを実現するところにあります。

そのため、コーチングでは、基本的に「教える」「アドバイスする」ことはしません。その代わりに、「問いかけて聞く」という対話を通して、相手自身から様々な考え方や行動の選択肢を引き出します。

出典:https://coachacademia.com/coaching/

揺るぎない自分軸=「WHY」を見つけると?

軸により方向性が明確になったので、会社を辞めよう!という勇気がでて、初めの一歩を踏み出すことができました。

資格試験への挑戦、高いお金を払って始めた教材やセミナーも続かず、一日中スマホゲームをして、眠くなったらすぐ寝てしまう。

何か変わるきっかけが欲しいと思いながら、ずるずる先延ばしにしてきた昔の私は自分の軸を見つけることにより人生一転して会社を辞めることができたのです。

私は、運よく会社を辞められましが、ずるずると時間ばかりたってしまい、本当はやめたいのになかなかやめられないという人を何人も見ています。

能力とか才能ではなく、自分の場合は軸、揺るぎないものがあったからだと思います。見つけられなかったら将来の方向性が漠然としていて、今現在もやめるという決断はできなかったでしょう。

会社を辞めるという勇気をもてず、一歩を踏み出すことができなかったでしょう。

自分の軸を見つけるのに、いったいどれくらい時間がかかるのか?と思っているのかもしれません。

私は10年かかりましたが、あなたは私のように遠回りする必要はありません。

私は会社を辞めてコーチで独立するに至りました。

そして、あなたの軸「WHY」が短期間でみつかる独自のコーチングプログラムをはじめました。

あなたの人生を一気に好転させる4STEPの自分解放コーチング

これが最短であなたの「WHY」を見つける方法です。

言葉にして、これが自分の「WHY」だ!と実感するためには、あなた自身が何を大切にしていて、どんな才能を発揮して成果を出してきたかを改めて知り、感じる必要があります。

そのための最短のプロセスになっています。

副業・起業塾、資格試験など稼ぐ方法教えてもらっても、ノウハウが使えなくなったら、また新しいノウハウを探さなければいけません。

そうなると安心感は得られません。

実際、私の周りの人にもそういう方は数多くいらっしゃいました。

あなたの揺るぎない軸「WHY」は、あなたがこれからお金を生み出していく源泉でもあります。

私自身、100万円ほどの投資をしコーチングのプロから学びましたし、日がたつにつれて軸の価値は増していき、これから先10年20年先の大切な指針にもなるものです。

何より自分の軸が一本通るようになるので、あなたは安心してこれから自分らしい人生を始められるでしょう。

あなたにとってこの揺るぎない軸「WHY」を見つけることにどれだけの価値があるでしょうか?

揺るぎない軸を3か月で見つける方法

お好きなものを下のボタンからお申込みください。

3か月コース
(一括払い)
3か月コース
(3回払い)
3か月コース
(3回払い)
無料相談

あなたに次の事を保証します

これはあなたが新しい人生を始めるための一生モノの投資です。

もしあなたが、ずるずると時間だけが過ぎる先延ばしをやめて、新しい一歩を踏み出したいと思ったら、今すぐ私と始めましょう。

自分らしい人生を始めるための投資

自分解放コーチングを受けたからと言って、今すぐ会社を辞めて一人前に食べていけるということは保証できません。

しかし、このコーチングがあなたにとって、自分自身の可能性に気づき、情熱にあふれる自分らしい人生を始められる第一歩となることは保証できます。

3か月コース
(一括払い)
3か月コース
(3回払い)
3か月コース
(3回払い)
無料相談

プロフィール

あなたの人生を変革する自分解放コーチ 川口恵右
大学卒業後、医療品メーカーの営業職として仕事を始める。
入社当時はやる気があり張り切って日々の仕事に打ち込んでいたが、時がたつにつれて、多忙の中で日々が忙殺されていくことに疑問を持ち始める。

しかし、疑問を持ち始めたからといって、転職するでもなく独立に向けて準備するでもなく、日々の仕事の忙しさにかまけて真剣に考えるわけでもなく、数年をすごしてしまう。

30代も後半に差し掛かり、いよいよ何かしなければと思い、自分に少しでも関心のあるものを調べ始める。
そこでコーチングをしり、自分の「WHY」を見つけてサービスを始める。

現在は「自分らしさを繋げて、希望に満ちた世界へと世直しする」をミッションに会社員など組織で働く人に向けたコーチング行っている。
とても話しやすいと多くの人から支持を得ている。

私のWHY:「自分らしさを繋げて、希望に満ちた世界へと世直しする」