マンションに大規模修繕が必要な
理由やタイミングについて

マンションでは一定期間が経つと「大規模修繕」が行われます。今回は、なぜ大規模修繕が必要なのかという理由や実施するタイミングなどについて紹介していきましょう。

マンションの大規模修繕が必要な理由

大規模修繕には桁違いの費用がかかります。特に暮らしに影響がなくても、ほとんどのマンションが大規模修繕を実施します。こちらでは、なぜ大規模修繕が必要なのかを見ていきましょう。

 ・耐久性

基本的にマンションは戸建てと比較すると頑丈な造りになっています。大人数が暮らす場所なので頑丈じゃないといけないのは当たり前です。戸建ての場合、ちょっとした異変はすぐに発見できる傾向があります。しかし、マンションの場合は頑丈さも相まって些細な異変を見逃しやすいのです。それらを見逃し続けることで耐久性が低下するため、定期的なタイミングで大規模修繕をしなければいけません。

 ・外観の向上

10年ほど経つと、新しかったマンションも古さが目立つようになります。外壁などは色にもよりますが、年数以上に古く見える場合もあります。外観が悪いところに住み続けたいとは思いません。大規模修繕は外観の向上効果も期待されています。

 ・劣化を防ぐため

大規模修繕は劣化を防ぐために行うものです。コンクリートのヒビが亀裂になる前に埋めることで修繕費用も抑えることができます。崩落した場合の修理費用と小さな劣化のうちに修繕する場合とでは、費用の大きさが異なるのです。

大規模修繕のタイミングについて

大規模修繕は大掛かりな工事となるため頻繁に行うものではありません。こちらでは、度のタイミングで大規模修繕をするべきなのかについて見ていきましょう。

 ・新築状態の場合は?

初めての大規模修繕は「新築から12年から13年」と言われています。2回目からは「前回の大規模修繕から10年」という目安が出されています。しかし、これはあくまでも目安であり確定ではありません。建物の状況などによっては早めに行うべきマンションもあるのです。

 ・チェックは5年に1度

マンションの状態などをしっかり把握するために、5年に1度はチェックをしましょう。5年ごとのチェックをすることで、前回のチェックからの変化などを見極めることが出来ます。

 ・必ずしも計画通りにしなければいけないわけではない

大規模修繕のための計画書を作っているところがほとんどでしょう。しかし、これはあくまで「計画」であって、必ずしも決めた日程通りに行う必要はありません。予定としてたてていたけど、まだ大規模修繕をするほどではないという結論に至れば延期にしてもいいのです。

大規模修繕をする際の注意点

こちらでは、大規模修繕をする際の注意点について見ていきましょう。大規模修繕だけを考えていると住人からのクレームの原因になるので気をつけてください。

 ・早めの告知をする

マンションには大勢の人が暮らしています。大規模修繕となれば、長期間工事の音などで生活に影響が出る人もいるでしょう。そのため、大規模修繕を決めた際には早めの告知をして、住人の準備期間を作るようにしましょう。

 ・問い合わせ窓口を設置する

大規模修繕に関する相談やクレームなど専用窓口を作りましょう。基本的に管理会社が問い合わせ窓口を設置するところがほとんどです。施工業者などにも協力してもらい、緊急連絡先などを住人に伝えておくといいかもしれませんね。

 ・ベランダの荷物を撤去してもらう

マンションのベランダに荷物を置いている家庭もあるでしょう。しかし、工事の際には邪魔となるので事前に撤去しておいてもらわないといけません。こういったことも含めて、早めのスケジュール共有をしなければいけないのです。

マンション大規模修繕業者の選び方

マンション大規模修繕を得意とする業者は多くあります。金額も高額になるため失敗は許されません。こちらでは、どんな選び方をすればいいのか見ていきましょう。

 ・専門業者かどうか

マンションの大規模修繕をメインにしている業者もあります。専門性が高いので、満足できる仕上がりが期待できるでしょう。ただ、技術力などが高い分、費用が高額になりがちです。

 ・費用

マンションの規模にもよりますが、大規模修繕は一千万単位の費用が掛かることが多いです。修繕積立金を使うにしても、決して「失敗してもいいや」という金額ではありません。そのため、工事内容と費用が釣り合っている業者に依頼しなければいけないのです。

 ・対応の良さ

住人たちが最小限の不便で済むように配慮してくれるかにも注目しましょう。業者の中には釘管理をしっかりしておらず、駐車場に落ちていたことで住人の車がパンクしてしまったということもあります。リスク管理がしっかりされているかにも注目してください。

マンションの大規模修繕について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

大規模修繕は10年を目安に行われるものです。
そのため、しっかりと計画を立ててクレームが少ない工事を目指してください。
複数業者と比較して決めることで、各業者の強みを見極めることができます。