ファミリーで住むなら新座市に注目!
おすすめの不動産会社もチェック

そろそろ家族で引越しを考えているけれど、どの街に住めばいいのか分からない!そんな方には埼玉県の新座市をおすすめします。新座市は子育て環境、住環境に優れ、都内へのアクセスも便利。この記事では新座市の魅力や不動産会社の選び方をご紹介します。

ファミリーで住むならどんな地域がおすすめ?

住みたい家を探す前に、まず決めるのはどんな土地に住むかということ。では、ファミリー向けにはどんな街が適しているのでしょうか?

・自然が豊か
日頃から都市部の喧騒に疲れているという方は、自然が豊かなエリアを選ぶのがいいでしょう。休日は散歩や公園でくつろげば、気軽にリフレッシュできます。また、公園があるのは遊び場が必要なお子様にとっても大きなプラスとなるでしょう。

・住環境が整っている
小さい頃はいつも親御さんと一緒に行動しますが、成長するにつれてどんどんお子様は一人で行動するようになるでしょう。そのため、最寄り駅などから自宅までのルートは安全か、繁華街などが近くにないかという点を考慮してください。

今ファミリー層におすすめしたい街・新座

いきなり新座と言われてもピンと来る人は少ないかもしれません。新座市は埼玉県で30番目の都市として誕生し、東京のベッドタウンとして栄えてきました。近年は雑木林の街としてPR活動を進めるほど自然が豊かなのが魅力的です。
また、路線バスの本数が多いことに加え、市の中心部にはJR武蔵野線、郊外からは西武池袋線、東武東上線の駅へアクセスしやすいので、交通面で不便に感じることは少ないでしょう。

不動産を購入するときに注意したいポイントって?

不動産を購入するときにはいくつか注意しないといけない点はありますが、特に警戒したいのは「自然災害」の被害をどれだけ受ける可能性があるか。土砂崩れ、洪水による浸水、地盤沈下など、土地の性質によって、それぞれの災害に対する被害度は異なります。ハザードマップを公表している自治体も多くあるので、参考にすることはできますが、詳しいことは不動産業者に確認するといいでしょう。

新座市でいい不動産会社を見分けるためには

新生活をスタートするときに大切なのは、いい不動産会社を見つけること。人々は人生において長い時間を家やマンションなどの自宅で過ごすでしょう。そのため、パートナーとなってくれる不動産会社選びは慎重にならないといけません。では、不動産選びにはなにかコツがあるのでしょうか?

・契約を急がせる不動産屋はNG
不動産会社はとにかく契約が成立しないと利益を上げることができませんし、社員もその点について上司から厳しく要求されているのは想像しやすいところです。そのため、不動産会社の社員の中には契約を強引に迫ってくるような方もいるのが現実。大切なのは不動産会社と借り手がお互いにコミュニケーションを取れるかどうかということです。こちらの言い分にあまり耳を傾けず、自分の言いたいことだけを主張してくる不動産会社とは関わりたくありませんよね。

・地元に密着しているかどうか
住みたいエリアが既に決まっているなら、その地元について精通している不動産会社を選ぶのがベターです。その土地について詳しい情報を把握しているので、土地を買うときなどにも的確なアドバイスをしてくれるでしょう。また、地元で長く営業しているということは、それだけ大家さんなどに顔が利くということです。もしかすると家賃や販売価格の値下げ交渉に対応してくれるかもしれません。

・物件のデメリットを正直に話してくれるか
前述しましたが、不動産会社というものは土地や物件の売買・賃貸契約を結べなければ利益を上げることができません。そのため取扱う不動産にデメリットがあったとしても、黙っていることもあるでしょう。自分から売り物の欠点を話してくれることは少ないかもしれませんが、「この物件のデメリットはありますか?」と質問されて、それに正直に答えているならその不動産会社は信頼してもいいでしょう。

・スタッフの対応は丁寧か
ずっと長く住んでいく家だから、選ぶのにも時間がかかって当然ですし、そのときのパートナーとなる不動産会社のスタッフにはできるだけ丁寧な対応をしてくれる人を選びたいですよね。こちらがどんな質問をしたとしても、きっちりと受け答えしてくれると安心できます。スタッフの良し悪しまではホームページを見てもわからないですから、実際に店頭まで足を運んでみてくださいね。
以下に新座市でおすすめしたい不動産業者の情報をまとめました。
新座市に新居を構えようと考えている方はチェックしてくださいね。

まとめ

この記事では引越しを検討しているファミリーに向けて、新座市の魅力などをご紹介しました。
満足できる物件を探すためには、不動産会社の選び方が何より大切です。
いろいろな不動産会社の話を聞いて、自分にあったら物件をじっくり探しましょう。