リスケ中に融資を受ける方法

資金繰りが困難になった時は、リスケ(リスケジュール)を行わないといけません。

ビジネスにおけるリスケとは、返済計画の見直しやスケジュールの組み直しを指します。

私も経営が悪化した時には、欠かさずにリスケを行っています。

銀行融資のリスケを行うにあたり、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 借り入れの返済を一定期間(半年間から1年間程度)に渡って待ってもらえるため、資金繰りが楽になる
  • 銀行は法的な回収措置を取らないため、とりあえずは倒産を回避して経営体質の抜本的な見直しができる

銀行に経営改善計画を提出して認められると、リスケに応じてくれます。

しかし、リスケ中に資金難に陥り、更に追加で融資を受けないと状況が厳しくなるパターンも決して少なくありません。

リスケは会社の経営を立て直す目的で行いますが、再建のために新たな資金が必要になるケースもあります。

金融機関によっては「事業の継続性や今後の事業計画から判断させていただきます」と対応してくれますが、必ずしも追加で融資を受けられるわけではありません。

もしリスケ中の追加の融資を断られてしまったのであれば、ファクタリングによる資金調達をおすすめします。

ファクタリングは銀行からの借り入れではなく、売掛債権の現金化サービスです。

なぜファクタリングが効果的な手法なのか、いくつかの理由を挙げてみました。

  • リスケ中や赤字決算でも売掛金があれば一時的な資金繰りの改善ができる
  • ファクタリング会社の中には即日で現金を振り込んでくれる
  • 銀行融資を断られた会社や企業でも審査に通る可能性が高い

経営が悪化している会社に積極的に融資をしてくれる金融機関はありません。

不動産の売却によるリースバックや不動産担保ローンでリスケ中に融資を受けることはできますが、その土地を持っていなければ利用できないのです。

一方でファクタリングの場合は、不動産などの担保がなくても売掛債権さえあれば現金化できます

「入金期日まで待てない…」と資金繰りに陥った時に便利ですので、私はファクタリングを活用しました。

一般社団法人の日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングは、他のファクタリング会社と比較すると手数料が1.5%~10%と非常に安く設定されています。

「早い」「安心」の電子契約サービスであるクラウドサインの導入でスピーディーに資金調達ができますので、リスケ中に現金が必要になった方は相談してみてください。