専門用語を使わない

障がいのある子の
親なき後の相談室

日本相続知財センター
名古屋支部

こんな不安はありませんか?

障がいのある子のこと

  • 未成年のうちにすべき準備を知りたい
  • 子どもが成人していてもできる準備を知りたい
  • 『きょうだい』は、いるが頼れない・負担をかけたくない
  • 子ども名義の定期預金・株式・不動産がある
  • 子どもが『ひとりっ子』
  • 自分が亡くなった後、子供の後見人を誰にするか決めていない・・
  • 子どもが成人していてもできる準備を知りたい

自分(親自身)のこと

  • 前妻(夫)の子がいる
  • 夫婦共有の不動産がある
  • シングルマザー・シングルファザーの注意点
  • 夫婦共有の不動産がある

お金のこと

  • それで、我が家はいくらあればいいの
  • 保険と年金、準備の仕方はこれでいいの?
  • 私(妻)が長生きした時のリスクって何?
  • 保険と年金、準備の仕方はこれでいいの?

自分の親のこと

  • 親が認知症になったらどうなる?
  • 親の介護が始まっている・始まりそうだ
  • 親戚には頼れない・関係があまりよくない
  • 実家が空き家になっている・空き家になりそう
  • 墓と仏壇、どうしよう
  • 親の相続税が心配
  • 親の介護が始まっている・始まりそうだ

私たちの3つのお約束

専門用語は使いません
正しい選択をしていただくため、わかりやすい言葉で説明します
相談窓口を一本化
適切な専門家とのご縁をつなぎ、時間とお金の無駄遣いを防ぎます
心とお金のバランスを整えます
感情と勘定のバランスを整え、後悔しない選択をサポートします
心とお金のバランスを整えます
感情と勘定のバランスを整え、後悔しない選択をサポートします

私たちがご相談を
お伺いいたします

代表理事
税理士
行政書士
五藤 一樹
理事
相続診断士
成瀬 暁
事務局長
吉永 陽子
事務局長
吉永 陽子
税理士
田中 堅二郎
相続専門
大山 修一郎
行政書士
中田 雅恵
税理士
岡 幸彦
税理士
岡 幸彦

初回個別相談(無料)
お申し込みはこちらです

ご入力お願いいたします

無料個別相談をご希望の方は下記より必要事項をご記入の上、お申し込みください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
【利用規約・プライバシーポリシー】
・法務、税務・税制等に関する個別のご相談については、提携している弁護士や税理士等の専門家をご紹介させていただく場合があります。

・個人情報についてのプライバシーポリシー
(1)適切な個人情報の収集、利用、提供、預託を行います。
個人情報を本人の意思に反して収集、利用、提供、預託することは、権利の侵害になると共に事業者としての信頼を失うことになります。
そのため、個人情報の収集、利用、提供、預託等の管理ルールを明文化し、個人情報の適切な管理を行います。
お客様から個人情報を収集させていただく場合は、収集目的、当社の問い合わせ窓口等を明示した上で必要な範囲の個人情報を収集させていただきます。
法的な要請等によらない限り、お客様の事前承認なく第三者に開示・提供することはありません。また、お客様の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うよう管理いたします。
(2)法令およびその他の規範を遵守いたします。
個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護法をはじめとする個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守するとともに、役員を含む就業者に教育・啓発を実施します。

専門用語を使わない!!
16~19歳未成年の障がいのある子の親なきあとの「お金」の話
ダイジェスト(動画)
講師:日本相続知財センター本部 専務理事
鹿内 幸四朗

当センターご紹介

日本相続知財センター名古屋支部
税理士法人大樹 名古屋オフィス

住所
名古屋市中村区名駅三丁目22番8号
大東海ビル9階
アクセス
◇ユニモール12番出口階段上がってスグ

◇JR名古屋駅より徒歩7分

◇名古屋高速明道町インターより車で3分
アクセス
◇ユニモール12番出口階段上がってスグ

◇JR名古屋駅より徒歩7分

◇名古屋高速明道町インターより車で3分

日本相続知財センター名古屋支部
税理士法人大樹 一宮オフィス

住所
愛知県一宮市せんい2-9-16
ササキセルムビル4階
アクセス
◇一宮インターより車で5分

◇JR尾張一宮駅より車で10分
アクセス
◇一宮インターより車で5分

◇JR尾張一宮駅より車で10分
『障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本』
30年後、私たちが死んだら”うちの子”どうなる?
起こりうる困難を先読みしてつくった
「親心後見」のしくみと、将来にわたって妻と子が
安心して暮らせるお金ののこし方
『親心の記録』
障がいのある子を持つ親たちが、「親なきあと」子どもを支援してくれる方々に子どものことを知ってもらい、子どもが安心して人生を全うできるようにと作成したノートです。
『親心の記録』
障がいのある子を持つ親たちが、「親なきあと」子どもを支援してくれる方々に子どものことを知ってもらい、子どもが安心して人生を全うできるようにと作成したノートです。

事務局:日本相続知財センター名古屋支部
(一般社団法人大樹相続センター)