なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

豊胸手術には様々な種類がある!?自分に合った豊胸手術の見つけ方

豊胸手術にはいろいろな種類があります。

もっともポピュラーな方法はシリコンバッグを埋め込む方法ですが、最近では、より安全な方法を選ぶ傾向が強くなってきています。

技術の進歩によって、異物を身体の中に入れない方法や身体への負担が小さい方法が開発されているのです。

そこでここでは、最新の豊胸手術の種類と、その特徴やメリット・デメリットについてご説明します。

あなたの悩みに合った豊胸手術の方法を見つけてください。

血液豊胸

「血液豊胸」は、自分の血液からジェル状物質を作って乳房へ注入する方法です。

一番のメリットは、ジェル状物質を注入するだけなので、身体の中に異物を入れないことです。

脂肪注入法では、太ももなどからの脂肪吸引が必要ですが、血液豊胸では必要ありません。

また、メスを使いませんので傷跡も残りませんし、身体的な負担がありません。

さらに、異物を入れていませんので、とても自然な触り心地になります。

デメリットとしては、上質なジェル状物質が作れるかどうかが仕上がりに影響することですが、これは貧血などの基礎疾患に左右されます。

ヒアルロン酸豊胸

「ヒアルロン酸豊胸」もメスを使わない豊胸方法です。

メリットは、メスを使わないので傷跡が残らないこととダウンタイムがほとんどないことです。

ヒアルロン酸は、もともと体内にある物質で、皮膚に柔軟性や弾力性を支えてくれる成分なので安全でアレルギーなどの心配もありません。

ヒアルロン酸豊胸は注入した直後からバストアップを実感することができますし、追加注入ができますのでもっと大きくすることもできます。

デメリットは、ヒアルロン酸が体内に吸収されるため長期間に渡って効果が保てないことです。

シリコンバッグ豊胸

「シリコンバッグ豊胸」は、名前の通りシリコン製のバッグ(シリコンインプラント)をバストに充填する方法です。

古くから行われている方法で、最近はやや下火になっていますが根強い人気があります。

メリットは、効果がすぐに得られるということやシリコンバッグの形状に「しずく型(アナトミカル型)」と「おわん型(ラウンド型)」がありますので、希望するバストの形が選べることです。

デメリットは、横になっても自然に流れないこと、効果の持続性は10年程度だということや劣化したバッグを放置すると硬く拘縮することがあることです。

また、稀にですが挿入後にバッグがずれたりすることがあるようです。

バストの若返り

しぼんだ胸を改善したい、授乳でシワシワの胸の改善したい方には、「バストの若返り」ができます。

メリットは、ハリのある若々しいバストに戻れることです。

デメリットとしては、どのような手術を行うかによりますがダウンタイムが長くなることがある、傷跡が残る可能性があるなどがあります。

バストの若返り方法はケースバイケースですので、美容整形クリニックでカウセリングを受けて適切な方法を選ぶようにしてください。

垂れたバストの改善

胸が大きいため垂れてしまうバストに悩んでいる方や授乳や加齢によってバストが垂れてきた方には、「垂れたバストの改善」もできます。

メリットは、バストの重さによる肩こりや猫背などを低減できる、理想のバストを手に入れることができるなどです。

デメリットとしては、手術の方法によってはダウンタイムが長くなることがある、傷跡が残る可能性がある、バストに感覚異常が残る可能性があるなどが挙げられます。

垂れたバストの改善方法にはいろいろな方法がありますので、カウセリングで適切な方法について相談してください。

乳頭縮小

生まれつき乳頭が大きい、加齢によって乳頭が垂れ下がってきた、授乳の影響によって乳頭が大きくなった場合には「乳頭縮小」の手術もできます。

乳頭は身体の中で最も傷の治りが早い場所のひとつですので、手術直後から傷跡は目立たちませんし、約1ヵ月には傷跡はほぼ消えた状態になります。

メリットは、授乳などで大きくなった乳頭を小さくできる、加齢で垂れ下がった乳頭を小さくできる、乳頭の形を整えられるなどがあります。

デメリットは、まれにですが傷や色素沈着が残る場合があることです。

陥没乳頭改善

「陥没乳頭」はお乳が通る乳管の発育不全によって乳首が凹んでいる疾患です。

乳首が凹んでいるためにおヘソの穴と同じように垢などがたまって不衛生になって雑菌が繁殖しやすくなり、乳腺炎という病気になる確率も高くなります。

また、重度の陥没乳頭では授乳することができないため、出産までに手術で治すことをおすすめします。

陥没乳頭改善のメリットは、乳頭炎のリスクを低減できること、将来の授乳障害を避けることができること、乳頭の形を整えられることなどです。

デメリットとしては、手術後1週間は乳頭釣り上げ器を装着する必要があることです。

乳輪縮小

授乳によって乳輪が大きくなってしまった場合や生まれつき乳輪が大きい場合は、「乳輪縮小」ができます。

乳頭まわりの乳輪を切除するのですが傷跡は目立ちません。

メリットは、乳輪が小さくなり傷跡も目立たないことです。

一方、デメリットとしては、乳輪の外側の境目がクッキリすることが挙げられます。

カウンセリングで自分に何が合うのかを調べるのが第一歩!

ゼロクリニック銀座では、豊胸手術に限らず必ずカウンセリングを行っています。

経験豊かな院長が、あなたの悩みを聞き、あなたに最も適した豊胸手術の方法を提案してくれます。

もちろん予算面についても考慮してくれますので、心配はいりません。

さあ、安心してゼロクリニック銀座の門を叩いてみてください!