建築のやりがいとは?
おすすめの専門学校について

やりがいのある仕事なら「建築業界」がおすすめされています。今回は、建築業界のやりがいや知識と技術をしっかり学べる専門学校について紹介していきましょう。将来的に建築業界を志望する人は参考にしてみてください。

建築業界のやりがいについて

建築業界にはやりがいがあると言われていますが、現時点で携わっていない人にはどんなやりがいがあるのか分からない人も多いでしょう。こちらでは、建築業界のやりがいについて見ていきましょう。

 ・街作りに貢献

依頼された仕事とはいえ、自分の仕事が街作りの一環に数えられることはやりがいと言えます。一度建てた建物はすぐに壊されることはありません。建物の種類にもよりますが、基本的に数十年は残り続けるものです。

 ・達成感がある

図面から始まる建築は、実際に建った姿を見ることで達成感を得られます。これまで携わってきた仕事が形として目の前にあるのは、言葉にできない達成感を感じられるものでしょう。

 ・人を笑顔にできる

一戸建てや集合住宅地を建てる場合、必然的にそこで暮らす人が出てきます。注文住宅の場合などは、実際に建ったマイホームを見て笑顔にならない人はいません。建築は人を笑顔にできる仕事として考えてもいいのではないでしょうか。

建築業界の将来性について

仕事を選ぶ場合、将来性を考える人が多いはずです。こちらでは、建築業界の将来性について見ていきましょう。

 ・需要性はなくならない

建築の仕事は人や街づくりに欠かせないものとして数えられているので、需要がなくなることは決してありません。会社すべてが生き残れるほど甘い時代ではありませんが「建築」という仕事は絶対と言っていいほどなくなることがないと考えていいでしょう。

 ・キャリアアップ

建築業は経験や実績を積むことで独立などキャリアアップを図ることができます。独立をしなくても、技術を積むことで良い待遇で別の会社に移動することもできます。学力社会と言われている現代で、能力さえあれば学歴関係なしで良い会社に勤めることができます。

 ・独立ができる

建築会社で経験などを積んだ後、独立して自分の会社を興す人も少なくありません。知識や技術を学び続けることで独立も難しくはないのです。

建築業の大変さ

建築業は将来性があり、やりがいのある仕事ばかりです。しかし、相応の大変さもあることを忘れてはいけません。こちらでは建築業の大変さについて見ていきましょう。

 ・責任感の大きさ

建築業で上の立場になればなるほど圧し掛かる責任も強大なものになります。建物で暮らす人、仕事をする人がいるため杜撰な仕事をすれば予想外の悪影響につながります。建築中も現場管理がしっかりしていないと不慮の事故に繋がるのです。ある意味、建築業は人の命を預かる仕事と言ってもいいでしょう。

 ・納期

どんな業種にも納期がありますが、建築業は長期的なスケジュールを組むことになります。その上でしっかりと期日までに引き渡しをしなければいけません。梅雨時期など天気による影響を受ける時でさえも、それらを考慮したスケジュールを考えなくてはいけないのです。

 ・仕上がり

当然ながら高品質の仕上がりを心掛けなくてはいけません。クオリティが低い建築物を引き渡してしまうと、会社の存亡にも関わります。会社の将来性、お客様のことを考えて常に高品質の商品を提供しなければいけません。

建築業を目指す人におすすめの専門学校

建築業を目指す人は、まず専門学校で知識や技術を学ぶことをおすすめします。こちらでは、評判が良い専門学校について見ていきましょう。

 ・読売理工医療福祉専門学校

建築学科の就職率が100%という驚異的な数字を誇っています。先生は現役のプロ建築士なので、現場の意見などをしっかり学ぶことができます。キャリアカウンセラーによるサポート、夜間学校もあるのでライフスタイルに合わせた学び方ができます。

 ・青山製図専門学校

同校就職課が企業へのコンタクトを取ってくれるので、就職面でも安心できる学校です。企業情報を得られるようにOB懇談会などもあるので、視野の広い話を聞くことができます。

 ・東京テクニカルカレッジ

入学直後から就職に向けてのサポートプログラムがあるので、しっかりと「就職」に向けた学び方ができる専門学校です。夜間学校もあるので、昼間は仕事の人でもしっかり学ぶことができます。

建築の専門学校について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

建築業界は決して甘い場所ではありません。
しかし、努力などが形になる業界と言えます。
頑張った分だけ収入にも反映され、スキルアップ、
キャリアアップなどを測りやすい業界と言ってもいいでしょう。
建築業と言ってもさまざまな職種があるので、
自分が目指す職種を明確にしてから専門学校を探してみてください。