浮気調査に有効活用したいGPSアプリ

浮気現場を発見するのに使える便利なツール

浮気調査に使えるGPS機能が付いたアプリ、その使い方について

浮気調査で、浮気現場を押さえようとしたら、調査対象者を尾行して浮気相手と会う場所を特定する必要があります。

しかし、浮気の現場を押さえるため尾行をしていた探偵が、調査対象者に尾行がバレてしまうということも無いわけではありません。
また、浮気現場を特定するため尾行を何度も行うのはコスト的にも難しいという依頼者もいるはずです。

そうしたとき、あらかじめGPSをつかって情報収集をしておくという方法がおすすめです。

GPSを浮気調査に使うメリットは、
  • 調査対象者の行動を直接尾行しなくても良い。
  • どこに行ったのか確実にわかる
  • 自分が浮気調査をしていることがバレにくい
  • 証拠として行動記録が残る
  ということです。

つまり浮気調査の手間をできるだけ最小にしたい、そういった方にはGPSを使った浮気調査はうってつけなのです。

GPS機器や装置も、最近では機能も見た目もバリエーションが豊富です。専用のGPS機器だけではなくスマートフォンのアプリでも位置情報を知らせてくれるものも沢山あります。

GPSアプリですと初期投資額も少なくて済み、浮気調査の発覚による失敗もしにくいでしょう。

しかし、便利なGPSを使った浮気調査にもデメリットはあります。

一番大きなデメリットとして、浮気現場を見逃す恐れがあることです。

GPSアプリやGPS機器を調査対象者の車などに取り付け、行動を監視することはできますが、浮気の現場を押さえ、証拠となる写真や動画を撮影するためには、調査員が現場に急行しなくてはなりません。

この現場へ向かうまでに時間が経過してしまい、決定的な浮気の証拠を逃してしまうことも考えられます。

そのため、浮気調査でGPSアプリやGPS機器を使う場合は、あくまで情報収集として使うのが一般的のようです。

GPSアプリやGPS機器を調査対象者に気付かれないように取り付け、何時浮気相手と会っているのか、または、週のうちどこで浮気相手とよく会うのかなど、情報を集めるのにGPSを利用します。

そのようにGPSを使って情報を収集して下調べをしてからプロの探偵や興信所に任せる、ということがオススメです。

いきなり調査依頼をしたときより成功率も上がり、さらに手間や時間も省けるので調査費用が安価になりやすいでしょう。

浮気の証拠を手に入れることだけにGPSを使うのではなく、浮気調査を確実な物にするための情報収集にGPSを使うというのが、浮気調査を依頼する人のGPSのスタンダードな使い方です。

もちろん独力で何とかできる選択肢も増えるでしょう。

浮気調査でどうやってGPSを使うのかは、プロの業者に確認を取ることもできますが、自分なりにGPSの使い方を調べることも出来ます。

GPSを使う前に、まずはその使い方についてよく調べておくといいでしょう。

GPSを使った浮気調査の方法について