効果的な不動産集客の方法とは

不動産集客の方法に悩んでいませんか?不動産会社の集客方法にもさまざまな方法があります。ポスティングやテレビコマーシャル、ウェブマーケティング、店舗集客などが挙げられますが、それぞれに特徴があります。ここでは、効果的な不動産集客のため、代表的な方法をピックアップしそれぞれの特徴をご紹介します。

チラシ・ポスティング

古くからある宣伝方法の一つです。ポスティングは、チラシを戸建てやマンションなどのポストに入れていく方法です。集客したいエリアがすでに決まっているのなら、そこに特化してプロモーションができるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

新聞折込チラシも、エリアを決めることで効果的な宣伝活動が可能になります。新聞をとっていることが前提となりますが、一気にたくさんのチラシを配布できることがメリットといえるでしょう。ポスティングにしろ折込チラシにしろ、直接手にとってもらいやすいのは特徴でありメリットです。

 

デメリットとして、どちらも費用が相当かかることが挙げられます。チラシの印刷費はもちろんですが、スタッフを雇うと人件費がかかります。折込チラシも折込代がかかるため、配布する枚数によってはかなりのコストになってしまうことも。

 

ポスティングを業者や自社スタッフに任せた場合、きちんと配布されていないことがあるのもデメリットです。しかも、その状況を把握しにくいのもデメリットといえるでしょう。

ポータルサイト

不動産系のポータルサイトを利用して集客を行う方法もあります。アクセスの多いポータルサイトならたくさんの方がアクセスしているため、多くの人の目に物件を触れさせることが可能。

 

最初からアクセスの集まっているところに物件を掲載するので、アクセスを集める努力をしなくていいのはメリットです。また、不動産系ポータルサイトに訪れる人は家を買いたい、借りたいという欲求がある人ばかりのため、成約に結び付く確率が高いのも魅力的といえるでしょう。

 

定額制を採用しているポータルサイトだと、たくさんの物件を掲載できます。オプションを使って売りたい物件を目立たせることが可能なサイトもあり、費用対効果の高い販促も可能になるでしょう。

 

デメリットとしては、そもそもポータルサイトのアクセスが少ないと高い効果は望めません。そのため、アクセスが多いサイトを利用することが第一です。また、同業者の物件よりもサイトの中で目立たせないと埋もれてしまう可能性があるのもデメリットです。

ホームページ

自社ホームページを使って集客を行う方法です。現代社会でビジネスを行う企業で、ホームページを持っていないところは少ないと考えられます。インターネットの利用率は年々高まりを見せており、いかにうまくウェブマーケティングを進めるかが売上にも大きく関わります。

 

自社ホームページだと、自由にサイトのデザインやレイアウトを決められます。そのため、工夫次第では魅力的なコンテンツで満たすこともでき、アクセスを大きく伸ばすことも可能になるでしょう。アクセスの多い自社ホームページにすれば、ポータルサイトやポスティングなどに頼らず集客ができるようになります。

 

また、顧客ニーズに合わせて複数のホームページを運営することも可能です。賃貸物件専用、戸建ての売り物件専用のホームページを立ち上げて集客することも。伝えたい情報をダイレクトに伝えられるのも大きなメリットです。

 

デメリットとしては、アクセスを集めるためにはしっかりとSEOを行う必要があることです。作っただけでは意味がなく、きちんと集客できるサイトにしなくてはなりません。魅力のあるホームページを作りましょう。

店舗集客

不動産会社の営業所に行くと、入り口付近にたくさんの物件情報のチラシが貼られています。それを見て足を止める方は少なくありませんし、気になった物件があればそのまま商談に入ることもあります。

 

近年ではネット集客ばかりに頼る会社も増えていますが、店舗集客も見直してみましょう。入り口付近で物件情報を発信することで、気になった見込み客とスムーズに商談に入れるのは大きなメリットです。そのまますぐ成約、ということもあるかもしれません。

 

また、お客様が入りやすいお店作りをすることも大切です。店舗の中の様子がまったく見えない、という場合だと女性はもちろん男性でも入りにくいでしょう。中の様子を見やすくして、店内も明るい空間にすることを心がけましょう。

 

不動産会社だということが分かるように、看板を掲げるのも大切なことです。魅力とインパクトを兼ね備えた看板デザインを考えてみましょう。

不動産集客を本格的に行いたいのなら、こちらのサイトで学んでみるのもおすすめ。成約につながりやすい不動産集客を勉強できます。

まとめ

従来からある販促手法に加え、現在ではネット集客も駆使する企業がほとんどです。
どの方法も正しく行えば集客につなげられますが、メリットとデメリットをきちんと理解しておくことが大切です。また、広告の効果をきちんと測定し、改善を繰り返すことも重要。
分析と改善を繰り返しながら効果的な販促を進めてください。