給湯器設置に関する基礎知識や
おすすめ業者ランキング

給湯器は身近にあるものですが消耗品です。そのため寿命が来ることも考えておかないといけません。今回は給湯器設置に関する基礎知識やおすすめの業者をランキング形式で紹介していきましょう。

給湯器の基礎知識

こちらでは、給湯器設置前に覚えておきたいことについて見ていきましょう。給湯器の寿命年数などについても紹介します。

 ・給湯器の寿命

安全上支障なく使用できる標準期間は「10年」と言われています。安全に使用できる年数であって必ずしも交換が必要な状況になるとは限りません。むしろ、10年で毎回交換している人の方が珍しいのではないでしょうか。

 ・10年で交換が推奨される理由

10年以上使用し続けることでどんな影響が出るか分かりません。使用頻度によっては著しく劣化してしまい発火などのトラブルを招くこともあるのです。それだけではなく、メーカーも保守部品がなくなった時点で修理対応ができなくなります。つまり、10年以上経ったものはメーカーに修理部品がなくなってもおかしくないということなのです。

 ・自分で修理をしない

機械に強い人などは自分で修理をする人も少なからず存在します。しかし、給湯器は安易な修理をしてしまうとトラブルの原因になるのでやめましょう。修理をする場合はしっかり専門知識を持った業者に依頼してください。


給湯器故障前のサインとは?

給湯器はある日突然壊れることもありますが、ほとんどの場合前兆サインがあります。こちらでは、どんなサインがあるのかを見ていきましょう。

 ・温度調節ができない

温度調節をしても設定温度より温い、追い炊きができないなどの不調が出てくることがあります。これは熱効率が落ちていることによって引き起こされる現象です。故障前のサインとしては比較的定番と言っていいでしょう。

 ・変な音がする

ボンッと着火音が大きくなることがあります。これは故障前のサインなのでトラブルが発生する前に修理や交換を依頼するようにしましょう。このまま使い続けると煙やガスのニオイなど症状が悪化していきます。

 ・エラーが出る

給湯器にエラーコードが表示されることがあります。ただの接触不良などの場合もあれば、故障前のサインになっていることもあります。各メーカーによってエラーコード内容が異なるのでメーカーサイトで確認をするようにしましょう。

給湯器設置業者の選び方

給湯器設置業者には数多くあるので「どこに依頼すればいいのか分からない」という人も少なくありません。こちらでは、どのような選び方があるのかを見ていきましょう。

 ・取扱メーカー

給湯器は設置業者が展開しているのではなく、れっきとしたメーカーが存在します。給湯器設置業者は各メーカーの給湯器を販売や設置しているだけです。業者によって取扱メーカーの違いがあるので注意しましょう。

 ・対応の早さ

給湯器は日常生活においてなくてはならないものです。そのため、故障した場合は迅速な交換や設置作業が必要です。業者選びの特徴としてどれくらいの早さで対応してくれるかをチェックしましょう。

 ・費用

各業者によって設置費用などが異なります。ある程度の相場があるので、相場から大きくずれている業者は避けた方がいいかもしれません。

おすすめの給湯器設置業者ランキング

こちらでは、給湯器交換においておすすめ業者をランキング形式で見ていきましょう。給湯器交換を検討している人は候補業者のひとつにしてみてください。

 ・1位:正直屋

100種類以上の給湯器を取り扱い、4つのメーカーに対応しています。年中無休で対応してくれるので突然の故障にも迅速な行動がきたいできます。電話1本で見積もりを出してくれるので費用に関してすぐ知りたい人にもおすすめです。

 ・2位:湯ドクター

創業90年以上の老舗業者です。培ってきた経験や実績を元に丁寧な作業をしてくれます。24時間365日電話対応をしてくれるので、突然の故障にもおすすめです。メーカー保証10年で安心して使い続けることができます。口コミ評価も高いので悩んでいる人は一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

 ・3位:キンライサー

当日・翌日のスピード設置が可能な業者です。自社倉庫に給湯器を完備しているので、わざわざメーカーから取り寄せずに迅速な対応が可能なのでしょう。スタッフの経験も豊富で、分からないことも丁寧に説明してくれると高い評価を集めています。

給湯器業者ランキングについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

給湯器業者は数多くあります。その中から1つを選ぶのは大変でしょう。
まだ何も決まっていない人は今回紹介した業者から選んでみてはいかがでしょうか? 
取扱メーカーなどが業者によって異なるのでしっかり比較した上で決めてください。
給湯器は日常生活に欠かせないからこそ、故障した側も迅速な依頼が必要となります。