予測市場で効率的な意思決定を

こんな課題ありませんか?

現場の声が重要だとわかっているけどうまく情報を収集することができていない...
すぐに情報が得られないので、対策が後手にまわってしまう…
アンケートを作るのは手間だし、意味があるのかよくわからない...
専門家にヒアリングするのは時間とお金がかかるし何回もできない…
専門家にヒアリングするのは時間とお金がかかるし何回もできない…
そのお悩みCROPが解決します!

予測市場というソリューション

CROPは予測市場を使ってビジネスにとって重要なトピックに関する現場の認識・肌感覚を効率的に集約・可視化します。従業員たちは専門家よりもコンサルタントよりもどんな天才よりも、会社・チームが目標を達成できるか否か知っています。さあ今すぐCROPを使って彼らの意見に耳を傾けてみましょう。

CROPの3つの特徴

正確な予測
予測市場による予測は専門家やアンケートに比べて正確であることが実証的に確認されています。AIとは異なりデータがなくとも予測可能です。
簡単な導入
事前にデータやスキルを身に付ける必要がなく簡単に導入することができます。
従業員が簡単な取引をするだけで予測が実現します。

リアルタイムで反映
新しいニュースや情報がリアルタイムですぐに予測に織り込まれます。常に最新の予測を得ることができます。
リアルタイムで反映
新しいニュースや情報がリアルタイムですぐに予測に織り込まれます。常に最新の予測を得ることができます。

例えばこんな予測ができます

営業担当が実際にお客様から得た情報だったり感触をうまく収集することができていませんでした。
CROPでそれぞれの保険商品の販売予測をしました。
今まで分断されていた情報を集約して精度の高い予測をリアルタイムで得ることができました。
予測して取引するのも移動中の電車でできるぐらい非常に簡単なのにもかかわらず事業に大きなインパクトを出すことができました。
保険業界
新製品開発でどのアイデアが筋がありそうなのかを決めるための十分な説得力を持ったフローを考えていました。
CROPを使ってどのアイデアが一番売れる可能性があるのか予測しました。
社内全員に予測してもらうことでバイアスを減らすことができ、効率的な商品開発をすることができました。
また、全ての従業員が新製品開発のフローに関わることにより意見交換が活発になり従業員のエンゲージメントが高くなりました。
メーカー
新製品開発でどのアイデアが筋がありそうなのかを決めるための十分な説得力を持ったフローを考えていました。
CROPを使ってどのアイデアが一番売れる可能性があるのか予測しました。
社内全員に予測してもらうことでバイアスを減らすことができ、効率的な商品開発をすることができました。
また、全ての従業員が新製品開発のフローに関わることにより意見交換が活発になり従業員のエンゲージメントが高くなりました。
メーカー

デモ版ユーザー募集中!

現在、新規導入企業・団体を募集しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

対象となる条件
首都圏で活動されていること
チームの規模が20人以上であること