ファクタリングで資金繰りは改善されるの?

以前までの私は、「資金繰りが悪化したら融資を受ければ良い」と考えていました。

しかし、経営難に陥っている会社に気前良くお金を貸してくれるような金融機関は決して多くありません。

そこで、資金繰りの改善にはファクタリングをおすすめします。

銀行からの融資とファクタリングにどのような違いがあるのかまとめてみました。

  • 銀行からの融資は利息を支払って一定の金額を借り入れる
  • ファクタリングは自社が持っている売掛債権を売却して早期現金化する

どちらも現金が手元に入ってきますので、資金繰りの悪化を改善できます。

銀行融資とファクタリングの大きな違いは、融資を受けるのか売掛金を現金化するのかです。

ファクタリングは業者に売掛金を買い取ってもらうだけですので、利息や利子は必要ありません。

つまり、キャッシュフローの改善を図りながらも返済に追われる心配はないわけですね。

売掛先によっては、売掛債権を現金化できるのが数ヵ月後なんていうケースは少なくありません。

もしファクタリングを利用すれば最短で即日で現金が指定の銀行口座に振り込まれますので、資金繰りの悪化で支払いができない時に役立ちます。

私がお世話になっているファクタリング会社の日本中小企業金融サポート機構は、下記のように利用の流れが簡単です。

  1. 日本中小企業金融サポート機構の公式サイトにアクセスして個人情報を入力して申し込む
  2. 専属のスタッフから連絡が入り、ファクタリングに必要な書類が案内される
  3. 必要書類を提出して査定の結果が提示される
  4. 査定結果に納得できれば日本中小企業金融サポート機構と契約を結ぶ
  5. 15時までに契約が完了すればすぐに現金が振り込まれる

おかげで100万円の売掛金を即日で現金化できましたので、本当に助かっています。

銀行からの融資とは違った方法で資金難を脱出することができますので、会社を経営している方はファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

資金繰りが悪化する原因とは?

会社を経営していると、資金繰りが悪化することが多々あります。

私の会社はまだ大丈夫ですが、資金繰りの悪化で倒産するケースも決して少なくありません。

資金繰りが悪化する原因は次の4つが代表的です。

  • 利益が低下して毎月赤字で資金不足が発生する
  • 過剰な投資で返済に回さないといけない
  • 売掛金の貸し倒れで予定していた資金が入ってこない
  • 仕入れた商品が販売できずに残っている

資金繰りの問題は、経営者が会社を運営し続けるのであればずっと付き合っていく必要がありますね。