社会福祉法人久楽会
うたつ園

障がいのある方が地域の中で
自分らしい生活を実現するために
社会参加と自立を支援します

『グループホームってどんなところ?』
《サービス内容》《よくある質問》《入居者様の声》などをご紹介しています

グループホーム(共同生活援助)とは?

障害者総合支援法にもとづく障害福祉サービスの一つです
障がいのある方が地域の一員として共同生活を営みながら
可能な限り自立した生活を送ることができるよう必要な支援を受けられる場所です
単に生活するだけでなく、自立した生活を送るための生活訓練の場でもあります

サービス内容

  • ●調理・洗濯・掃除などの家事援助
  • ●入浴・排泄・食事の介助
  • ●健康管理の援助
  • ●食事の提供(朝食・夕食)
  • ●就労先やその他関係機関との連絡・調整
  • ●その他、金銭管理の支援など日常生活上の必要な援助
  • ●就労先やその他関係機関との連絡・調整

グループホームでの暮らしは
自立に向けての第一歩

  • ・障がいのある方が支援を受けながら共同で日常生活を送ります
  • 自分でできることを行いつつも、難しいところはサポートを受けられます
  • ・できることが増え成長していくことで、自信につながります
  • ・少人数での共同生活の中で社会性を育むことができます
  • ・規則正しい生活を送ることで、良い生活リズムと生活習慣が身につきます
  • ・日常生活の支援だけでなく、相談したりコミュニケーションを図ったりと、精神的な支援を受けることもできます
  • 自分でできることを行いつつも、難しいところはサポートを受けられます

職員配置について

管理者(1名) 事業所の従業者及び業務の管理、その他の管理を一元的に行います
サービス管理責任者(1名) 個別支援計画の作成、従業者に対する技術指導等のサービス内容の管理、他事業や関係機関との連絡調整等を行います

世話人(複数名) 食事の提供、健康管理・金銭管理の援助、日常生活上の相談・援助など利用者にとって必要となる総合的なサポートを行います。グループホームにおけるメインの援助者です
生活支援員(兼務) 食事や入浴、排泄などの介護、直接的な介護を役割とする援助者です。利用者数と障害支援区分に応じて配置しています
※平成29年度より【強度行動障害支援者養成研修】を修了し、専門的知識と技術をもって支援を行っています
夜間支援員(複数名) 夜間及び深夜の時間帯に配置し、夜間支援を行います
生活支援員(兼務) 食事や入浴、排泄などの介護、直接的な介護を役割とする援助者です。利用者数と障害支援区分に応じて配置しています
※平成29年度より【強度行動障害支援者養成研修】を修了し、専門的知識と技術をもって支援を行っています

有資格者を配置し、質の高いサービス提供を目指しています

  • ・《社会福祉士》《介護福祉士》《公認心理師》等の福祉専門職を配置し、良質な人材の確保とサービスの質の向上を図っています
  • ・《看護師》利用者の日常的な健康管理を行い、医療連携体制を取っています
  • ・《介護支援専門員》利用者が介護保険の被保険者となった場合に、専門的な知識をもって相談業務を行うことができるよう努めています
  • ・《看護師》利用者の日常的な健康管理を行い、医療連携体制を取っています

うたつ園/たつみ園の施設情報

うたつ園(本体住居)定員15名

◆スタッフが24時間常駐で安全安心のサポート体制
◆男女別々のフロアで全室個室、プライバシー確保

たつみ園(女性専用)定員5名

◆一人暮らしの経験がある人や近い将来一人暮らしを目指したい人向け
◆うたつ園からのステップアップ用住居としても利用可能

両住居共に兼六園から近く
金沢の市街地にありながら
自然を感じられる環境です

利用料金(1か月分)

①家賃 30,000円(家賃補助ありで実費負担20,000円)
※ただし、補助の金額は所得に応じて異なります
②光熱水費 6,600円(30日計算)
※電気・ガス・水道代 1日あたり220円
③食費 21,000円(1日2食で30日計算)
※朝食300円 夕食400円
④その他 洗濯機使用料:1回100円
日用品代(実費精算):ティッシュペーパー、洗剤、切手、電池など
【実費負担合計額】①+②+③+④ 約48,000円~
※料金は人によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください
③食費 21,000円(1日2食で30日計算)
※朝食300円 夕食400円

一日のスケジュール(一例)

一人ひとりの生活ペースに合わせて
サポートさせていただきます

6:00
起床
朝食時間になるまで居室で過ごします。洗面・歯磨き・着替え等の身支度を整えます。
7:00
朝食・外出準備
食堂で食べます。食器洗い等の片付けはできる限り自身で行います。その後、就労等へ出かける準備をします。
8:00
日中活動へ行く
就労支援事業所や一般就労など、それぞれの日中活動先へ行きます。送迎車を利用する人、徒歩やバスで移動する人など様々です。
8:00
日中活動へ行く
就労支援事業所や一般就労など、それぞれの日中活動先へ行きます。送迎車を利用する人、徒歩やバスで移動する人など様々です。
16:00
帰宅
帰ってきた人から順に、入浴や洗濯を済ませます。夕食時間までは自由時間です。
18:00
夕食
食堂で食べます。食後は各々のプライベートな時間となります。
22:00
就寝
宿直職員が入居者の安否確認のための見回りを行い消灯です。
22:00
就寝
宿直職員が入居者の安否確認のための見回りを行い消灯です。

よくある質問

  • Q
    どんな人が利用しているの?
    A
    ・一人暮らしに不安があるため、支援を受けながら地域で暮らしたい人。または将来的に一人暮らしを目指している人。
    ・今まで親と暮らしていたけれど、将来は自立を目指している人。親の高齢化で同居が難しくなり、親亡き後に備えたい人。
    ・病院を退院、または施設を退所して、地域での暮らしに移行したい人。
    ※対象としている障害種別は、知的障害、精神障害、身体障害

  • Q
    入居者はどんな生活をしているの?
    A
    日中は一般就労や福祉的就労(就労継続支援事業所)などに就いています。その他は、食事や入浴、余暇時間といった一般的な生活と変わらない日常生活を送ります。外出や外泊は原則自由です。
  • Q
    入居の条件はありますか?
    A
    ・各市町村で発行される【障害福祉サービス受給者証】が必要になります。その中の共同生活援助(グループホーム)利用のための支給を受けている方、または申請中の方です。
    ・福祉サービス等の日中活動を利用している方、またはこれから利用する予定の方です。
  • Q
    日中活動とは何ですか?
    A
    就労継続支援事業所などの福祉サービスやデイケアに通ったり、一般就労に就くことをいいます。日中活動は社会生活や人間関係の構築にも不可欠と考えられており、当グループホームではこの日中活動に参加できることを入居の条件とさせていただいております。
  • Q
    規則やルールはありますか?
    A
    グループホームでは、将来的な自立に向けて社会性を身に付けるという点から、生活上の必要な規則が定められています。またルールやマナーを守ることは他の入居者とのトラブルを避けることにもつながります。規則という捉え方ではなく、次のステップへの目標という形で、入居者の方々と話し合いながら決めていくルールもあります。
  • Q
    スタッフがホームにいる時間は?
    A
    ・24時間交代で常駐していますが、入居者の生活スタイルに応じてスタッフの配置人数を調整しています。
    ・6:30~20:00は生活支援員と世話人が、20:00~翌7:00は宿直職員が配置されています。
  • Q
    生活保護を受けていても入居できる?
    A
    問題ありません。生活保護受給者でも入居できます。
  • Q
    入居にあたり保証人は必要ですか?
    A
    通常は身元引受人が必要となります。もし難しい場合はご相談ください。
  • Q
    見学は一人で行ってもいいですか?
    A
    基本的には、相談支援専門員や精神科病院地域相談室などのソーシャルワーカー、または身元引受人等を引き受けてくださるご家族様との同行をお願いしております。
  • Q
    入居者はどんな生活をしているの?
    A
    日中は一般就労や福祉的就労(就労継続支援事業所)などに就いています。その他は、食事や入浴、余暇時間といった一般的な生活と変わらない日常生活を送ります。外出や外泊は原則自由です。

入居までの流れ
(相談支援専門員作成のサービス等利用計画が必須)

Step.1
お問い合わせ
・電話などでご連絡いただき、見学の日程を調整させていただきます
Step.2
見学、簡単なご説明
・実際にグループホームの中を見ていただきます
・施設のご説明、質疑応答を行います
・体験入居(お試し入居)についてのご案内をします
※入居については、当日すぐに決める必要はありませんので、ゆっくりとご検討ください
Step.3
書類確認、入居の審査
・必要な書類を準備していただき、その書類をもとに受け入れを検討させていただきます
・障害福祉サービス受給者証をお持ちでない方は、お住まいの役所へ申請していただきます
Step.4
体験入居
・ご本人やご家族の希望に合わせて、体験入居の日程を調整させていただきます
・実際に体験入居をしながら、ご自分に合うかどうかを確認していただきます
※「思っていたのと違った」「住んでいる人やスタッフとうまくいかないかも…」など、心配なことや不安なことがありましたら、遠慮なくご相談ください
Step.5
本契約(正式入居)
・お引越しを済ませ、正式に入居となります
※入居日はご本人やご家族と話し合いのうえ、決定いたします
Step.2
見学、簡単なご説明
・実際にグループホームの中を見ていただきます
・施設のご説明、質疑応答を行います
・体験入居(お試し入居)についてのご案内をします
※入居については、当日すぐに決める必要はありませんので、ゆっくりとご検討ください

うたつ園利用者様の声

実際に入居している方々の感想です

入居を決めたきっかけは?

・親が高齢になり病気がちで、自分の将来のことを考えると不安になり、誰かの支援を受けながら生活していきたいと思ったから
・いつかは実家を出て一人暮らしをしたいと考えていた。仕事を頑張ってお金も貯めたいし、地域の相談機関に相談したところグループホームを紹介された
・もともと郊外にある別のグループホームで生活していたが、街の中にあるグループホームに移り住んでステップアップしたいと思った
・親が亡くなった後、数年間は一人で生活していたけど、食事や掃除など身の回りのことがうまくできず病気になり仕事にも行けなくなった。心配した就労先の職員がグループホームを紹介してくれた
・家にいると親が何でもしてくれるのでつい甘えてしまうから、掃除や洗濯など身の回りのことを少しでも自分でできるようになりたいと思った
・いつまでも親が元気でいてくれるわけではないので、少しでも自立できるように頑張りたいと思った
・長い間家に引きこもりがちで、自分の世話をしてくれていた母親が施設に入所し、きょうだいからも自立するよう言われた
・アパートで一人暮らしをしていたが寂しくて不安も大きかったし、身近に相談できる人がほしかった
・何度も精神科での入退院を繰り返していて、病院のソーシャルワーカーから、グループホームという所で生活のサポートを受けられると聞き、住んでみようと思った

グループホームで生活してみた感想

・自分の部屋(個室)があって、テレビやDVDなど自宅で使っていたものを持ち込めるのがいい。食事を作ってもらえるのがいい。でも、住んでいる人たちとうまくやらないといけないので、気を遣うこともある
・毎日の食事が楽しみ。部屋でテレビを見たりゆっくりできるのがいい。夜寝るときは気持ちが安らぐ
・自分で料理ができるようになって嬉しい。グループホームには友だちを呼ぶことができないので、いつか一人暮らしをして友だちを自由に呼びたいと思う
・門限とかいろいろな規則があって嫌だなと思うときがあるけど、約束事なので仕方がないと思う。早く自由な生活がしたいので、ここ(グループホーム)でお金をためて、いつか一人暮らしをしたい
・自宅で親と住んでいるときは全然身の回りことをしなかった。グループホームで掃除や洗濯をしていると“生活しているんだな”という気持ちになる。当番や職員の手伝いをしたときに「ありがとう」と言われると、誰かの役に立って良かったなと感じる
・昼ご飯も作ってもらえたらいいな、と思う。このまま年を取って、いつまでグループホームで生活できるのかと将来のことが心配になる
・外出する時に行き先を言わなければいけないのは、どうしてだろう?プライバシーに関わることでは?と思う。掃除や洗濯が面倒でやりたくないと思うこともあるけど、みんな頑張ってやっているので、自分も頑張ろうと思う

グループホームの生活で自分が「変わったな」と感じる点は?

・自宅にいる時は、家族に暴言を吐いたりして荒れていたけど、今は精神的に落ち着いてきたと思う
・もともと人と関わるのが苦手だったけど、今は共同生活の人間関係に慣れてきた。イライラした気持ちを誰かにぶつけたりすることが少なくなり、自分で対処できるようになったと思う
・一人暮らしをしていた時は不規則な生活で体の調子が悪かったけど、今は健康に気を付けるようになった。あとは、挨拶がきちんとできるようになった
・いやなことや辛いことがあっても、自分で自分の体を傷つけることがなくなった。好きな音楽を聴いたりYouTubeを見たりして気を紛らわすことができるようになった
・仕事を休まず行けるようになった。人に何か伝えるときの言葉遣いや相手が嫌な気持ちにならないような伝え方が、前よりもうまくできるようになったと思う
・食事の後片付けなど他の利用者と協力して何かをする時、声を掛け合ったり相手の気持ちを考えたりすることができるようになった

今後の目標を教えてください

・5年後くらいには一人暮らしができるようになりたい
・今は就労のB型事業所に通っているけど、A型で働くことを目標にして仕事も生活も頑張りたい
・このままグループホームで健康に暮らしていきたい
・いつかは結婚とかしたいので、そのために自分で家事ができるようになりたい
・持病があるので、自分で健康管理ができるようになり、今の仕事を続けていきたい
・きょうだいに迷惑をかけたくないので、グループホームで自立を目指していきたい
・できるだけ入院しないよう、精神的に安定した生活を送っていきたい
・自分の趣味を見つけて、一人の時間を落ち着いて過ごせるようになりたい

入居や見学のご相談・お問合せ

【電話で相談】
📞076-234-5151
(平日9:00~18:00)
【メールで相談】
✉お問合せフォーム
※法人ホームページ内の問合せページへ移動します。必ず「うたつ園」を選択して下さい
【LINEで相談】
ライン公式アカウントへの《友だち追加》をお願いします

◆ライン公式アカウント◆

『事業所からのお知らせ・タイムライン随時配信中!』
入居のご相談・お問合せ、事業所へのご意見、障がいのある方の地域生活に関するご相談等がありましたら、是非QRコードもしくは下のボタンより《友だち追加》をお願いします。みなさんの「知りたい、聞きたい」にお答えします♪

法人名 社会福祉法人久楽会
事業所名 指定共同生活援助事業所 うたつ園
(事業所指定番号1720103694)
所在地 石川県金沢市材木町19番48号
連絡先 TEL 076-234-5151
FAX 076-234-5152
e-mail utatsuen@kyuraku.jp
連絡先 TEL 076-234-5151
FAX 076-234-5152