湘南美容外科クリニック 相川佳之の紹介サイト

筆者は30代独身OLです。
最近目の整形がしたくていろいろネットで調べていたら湘南美容外科クリニックに行きついて、院長の相川佳之さんを知りました。この方とってもすごいです。みんなにも知ってもらいたくて記事にまとめました。
整形に興味があり、湘南美容外科クリニックについて情報収集しています。

調べていくと、院長の相川佳之さんはとてもすごい方だということがわかり、相川佳之さんの方にも興味を持ちファンになっていました。

この記事では、相川佳之さんについて紹介していきます。

湘南美容外科クリニックに興味のある方は、院長の相川佳之さんについても知っていただけると、整形の医院選びにも役立つかと思います。

湘南美容外科クリニック 相川佳之とは?

名前 相川 佳之(あいかわよしゆき)
生年月日 1970年6月9日
血液型 O型
出身地 神奈川県
好きな言葉 情熱!!!

メッセージ
「好きな言葉は情熱です!」の、湘南美容外科クリニック 総括院長の相川佳之です。 プライベートから診療に関して色々と書いていきますので皆さまよろしくお願い致します。

経歴
1970年神奈川県生まれ。 97年日本大学医学部を卒業し、癌研究所附属病院麻酔科に勤務。 98年より大手美容外科に勤務し、数万件の美容外科手術を経験。 2000年に独立し、神奈川県藤沢で湘南美容外科クリニックを開業。 08年、ハーバード大学医学部PGA所属。 13年6月現在、全国に34院を展開中。 脂肪吸引、わきが・多汗症治療などを得意とし、 特に高い技術を要求される外科手術で評価を得ている。
相川 佳之(あいかわ よしゆき、1970年6月9日 - )は、日本の美容外科医、事業家。SBCメディカルグループ総括院長。神奈川県出身。

美容外科業界に入り2年で独立。2000年に神奈川県藤沢市に湘南美容クリニックを開院後、SBCメディカルグループを立ち上げ、13年間で全国に34院を展開することとなった。

湘南美容外科クリニックとは?

湘南美容クリニック(しょうなんびようクリニック)とは、東京を中心に全国展開している美容整形、医療脱毛、AGA薄毛治療、審美歯科治療等を提供しているクリニックである。同クリニックはSBCメディカルグループの一つであり、不妊治療をおこなっている六本木レディースクリニックや、レーシック・ICL治療を提供している新宿近視クリニック、総合病院の湘南メディカル記念病院なども同グループに属している。

湘南美容クリニック【公式】YouTubeチャンネル

相川佳之は数々の取材を受けていた

次世代を創る情熱リーダーたち SUPER CEO

相川佳之に学ぶ夢を叶える情熱哲学
読書家でもある相川氏。気になった箇所には必ず線を引き、手帳に書き写し、折にふれて読み返し、そして実践する。こうして自身の経営スタイルやメソッド、ノウハウを凝縮してきた。そんな相川氏が紡いできたキーワードとは?

出典:https://superceo.jp/tokusyu/manga/100112

就活の本質を整える type就活

医療ビジネスは、“超”成長市場
現在、医療業界全体の市場規模は約40兆円です。建設業界が約16兆円、皆さんにとって身近な存在であるコンビニ産業が7兆円なので、医療分野はかなり大きな産業だと分かるでしょう。人口減で市場規模が縮小するのではないかと推測されがちですが、実はそんなことはありません。医療業界は今まさに右肩上がりに市場が伸びているのです。

実は、国は診療報酬の削減方針を打ち出しています。そのため一般的な公的医療保険が適用される病院は打撃を受けますが、保険が適用されない「自由診療」の分野では、治療の金額を自分たちで決めることができます。だから、私たちのような美容医療の分野やレーシック手術などを行っている「自由診療」に強い病院が、今後ますます伸びていくと考えられています。さらに、治療にテクノロジーなどの最新医療を取り入れたり、再生医療のような新技術の研究が進んだことにより、業界全体が変革期にあるのです。

出典:https://typeshukatsu.jp/s/article/top-interview/10036/

DELPHI

ボトルネックを解消し、強い人財と世界一へ
(相川) 当グループは「顧客」、「社会」、「スタッフ」、いずれも幸せになる「三方よし」を方針としています。今後は更に、業界トップ、世界一を目指します。なぜなら、ミッションのひとつが「美容外科の地位向上」だからです。

アメリカでは、医者の中で最もなりたいのは美容整形外科医とも言われますが、日本では、医療関係者ですら美容外科に良くない印象を持つ人が多い。それを変えたい。だからこそ、信頼できるサービスを提供し、業界トップになり、憧れられ真似される存在になる必要があります。目指すは世界一です。

出典:https://www.delphi-consulting.com/case/2017/48/

相川佳之は多数の本を出している

情熱経営

紹介・リピーター率90%を誇る美容クリニック院長が明かす業界の常識を打破する情熱の経営とは―業界のタブーに挑む。

究極の「三方良し」経営

「お客さま良し」‐「スタッフ良し」‐「社会良し」。「三方良し」を実現するために、とにかく“圧倒的な一番”を目指すしかない!創業わずか20年で美容医療業界内の売上高1位を実現し、2035年に日本一の総合医療グループを目指す組織のリーダー像とは?

僕が湘南に小さなクリニックを開業し、20年で「101院、年間来院者数230万人」の医療グループに拡大できた理由

美容医療業界で圧倒的地位を獲得したSBCメディカルグループ。その創立者の歩みと知られざる発想とは―

相川佳之の来歴

1970年 神奈川県にて、薬局チェーンを営む両親の元に生まれる。
1986年 神奈川県鎌倉市の鎌倉学園高校に入学。当初家業を継ぐべく薬剤師を目指していたが、大学入試2週間前に志望を医学部に変更する。
1991年 日本大学医学部に入学。
1997年 日本大学医学部卒業。医師国家試験合格。同年、現在のがん研有明病院麻酔科に勤務。
1998年 都内大手美容外科に勤務。
2000年 独立。神奈川県藤沢市に湘南美容クリニックを開院。
2001年 初の分院となる横浜院を開院。安心リラックス麻酔を開発。
2003年 新宿アイランドタワー内に新宿本院を開院。また初の著書となる『医師が教えるビューティ バージンロードの歩き方〜はじめての美容医療で迷わず綺麗になる〜』、『愛される匂い美人になる。』を出版。
2005年 渋谷院、大阪院、名古屋院を開院。
2006年 福岡院、大宮院、千葉院開院。
2007年 湘南美容・歯科、新宿ANNEX院、札幌院開院。初の海外開院(上海)。
2008年 南青山メディカルエステティック表参道院、町田院、川崎院、柏院開院。
2009年 立川院開院、SBC新宿近視クリニック、池袋院、南青山メディカルエステティック南青山院開院。
2010年 大阪心斎橋院、SBC新宿近視クリニック大阪院開院。
2011年 SBC新宿近視クリニック横浜院、上野院開院。
2012年 仙台院、神戸院、広島院、スキンビューティークリニック品川、京都院、新宿血管外科クリニック、六本木レディースクリニック、スキンビューティークリニック大阪、ルネッサンスクリニック新宿院開院。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%B7%9D%E4%BD%B3%E4%B9%8B

まとめ

いかがでしょうか。

整形に興味を持ち、たまたま知った相川佳之さんですがとても魅力的な方です。

敏腕経営者で、メディアにも多数出ていて、その人気がうかがえますね。

相川佳之さんのファンになってしまったので、目の整形は湘南美容外科クリニックでしようと思います。