だれにでもできる
か ん た ん 投 資

・銘柄は2つだけ!
・日経平均の上下で稼ぐ!
・初心者でも安心安全!

目標利益は月3~5万円
ポケットマネーで
はじめるETF投資


あなたは株でこんな悩みを感じたことはありませんか?
  • どの会社の株を買っていいのかわからない
  • 欲しい株があっても資金が足りない
  • 株価が心配で他のことが手につかない
  • どのタイミングで売買するのかわからない
  • データを見てもよくわからない
株をする上でこうした悩みは多くの方が抱えています。

そして、なんとなくわからないまま始めてはみるものの、結果的に損をしてしまっている人も多いのです。

でもそれは仕方のないこと、

株の世界は、初心者や経験が浅いからといって、ハンデを貰えたりする場ではありません

その道何十年のベテランやプロらとともに、同じように肩を並べなければいけません。

そうそう簡単に、初心者や経験の浅い人が上手くわたり歩いていけるところではありません

ですが、
これは、あくまでも個別銘柄での話。

同じ株でも個別銘柄ではなく、ETF投資にすれば、あなたもどの会社の株を買うかで迷うことなく、小資金で株を持つことができます

ETFとは?
ETFとは、個別銘柄と同じように証券取引所で取引可能な投資信託のこと。

日本では、その価格が日経平均やTOPIXなどの主な株価指数に連動するように作られていています。

個別銘柄に比べてリスク分散効果があるとされ、また従来の投信よりも信託報酬が安価に設定されているため、長期投資に適した商品ともされています。

ETFは日本では25年以上も前に誕生したものですが、ここ最近、個人投資家の間でとくに注目されていて、じわりじわりと人気が出てきています。

ただし、
ETFといってもその数は実に200本以上あります。

そしてその中身も様々です。

人気のETFだからといって、どれを買ってもいいというものでもありません

ですが、この200以上あるETFの中から、たった2銘柄を選ぶことで、ゆっくりながらも着実に、あなたの資産をコツコツと増やし続けることができます。

そして、その内容を細かく記したものが、元まちの銀行マンで、現コンビニ店員でもある、「前畑うしろ」さんが出版をされた下記の書です。
↓↓↓
ポケットマネーではじめる月1500円のETF投資
本書では、ETFで買うべきたった2銘柄が紹介されています。

また、その2銘柄のうち1つは1300円程度、そしてもう一つも17000円ほどの少額で買うことができます。(※2019年1月30日の価格)

さらに、株の初心者や経験の浅い人でも理解しやすいデータの見方や付け方、

また、売買をする上で大切な、買うタイミングや売るタイミングの掴み方も、とてもわかりやすく記されています。

通常、個別銘柄であれば、ここまで簡単にすることはできません

ですが、ETFのある2銘柄に絞ることで、たとえ初心者でもかんたんに無理なく、株を始めることができるようになっています。

その詳細が本書にはしっかりと記されています。

本書を読まれた方の声
(アマゾンレビューより一部抜粋)

☆☆☆☆4
【とてもよかったです!】
株の本は難しいのでなかなか読みづらかったのですが、読みやすくていくつかの数字だけ見てれば成功しそうなのでわかりやすい内容でした。

☆☆☆☆☆5
【初心者の私でもわかりやすい内容でした】
簡単そうなので私にもできそう!口座開設のことや、リスクのことも書いていたので初心者にはいいかも。

☆☆☆☆4
【株の初心者】
これから株をはじめようとしている初心者の私にはとても勉強になりました。

5月14日付にて、
ヤフーショッピング
「金融商品の本」

ウィークリー
ランキング1位

を獲得しました。

↓↓↓
【本の内容紹介】
ポケットマネーではじめる月1500円のETF投資

はじめに(一部抜粋)

この本は、日経平均の株価だけを気にしながら、たった2つのETF(上場投資信託)を売買して利益を上げるシンプルな投資本です。

書店には「オリンピックまでに1憶円」とか「資産を10倍に増やす方法」などといった夢のある本がたくさん並んでいますが、ここでは「コツコツゆっくりかんたん投資」でより確実に稼ぐテクニックを紹介しているので、一攫千金を狙っている人には不向きだと断定できます…

目次

Part.1
コツコツかんたん投資で稼ぐにはETFがいい

▼月3万円稼ぐには  
ETFでプラスにできた投資方法
▼定期預金よりはましという気持ちで  
それでも定期預金利息の10倍稼ぐことができる
▼ETFとは  
投資信託との違い
▼なぜETFがいいのか?  
紙くず株にはならない
▼ETFのデメリット
デメリットも知っておこう
▼ETFはこの銘柄を買おう  
〇〇〇〇と〇〇〇〇
▼みんなで儲ける投資  
個別銘柄との違い
▼理解できない投資はしない  
FX・仮想通貨との違い
▼コンビニ店員になるまで  
街の銀行マンからコンビニ店員に
Part.2
10~100万円用意してETFを買いましょう

▼まずはネットトレードできる環境づくり  
パソコン、スマホで簡単にできる
▼証券会社の口座を開設する  
証券会社を選んでから口座が開設がされるまで
▼自己資金は100万円用意しよう  
預貯金が100万円あればそれで十分
▼儲けは少ないが、10万円あればできる  
1000円ちょっとでできる投資
▼基本は下落した時に儲ける方法  
残念だがいいことよりも悪いことの方が多い
Part.3
ETFで年100万円稼ぐ

▼月6万円稼ぐには  
ETF〇〇〇〇と〇〇〇〇で2倍のチャンス
▼ETFで年100万円稼ぐ  
信用取引を活用すれば100万も夢ではない
▼1年間の売買スケジュールをたてる  
自分の好きな月、嫌いな月で決めるのも面白い
▼自分だけのルールは必要  
いつも勝てるとは限らない
▼ローソク足はこれくらい覚えておこう  
基本だけ知っていればそれでいい
▼移動平均線で判断する  
2種類の移動平均線で予測する
▼チャートとトレンドラインで予測する  
トレンドラインはプロでも難しいとのこと
▼最初は必ず少額で  
このルールは厳守しよう
▼ちょこちょこ買いで一気に儲ける  
売るときは躊躇しない
▼10年後1億円を目指して  
目標は高く持った方がいい
▼波乗りをするように売り買いする  
小さい波より滑らかな波に乗る
▼保険としての信用取引  
絶対に損はしたくないあなたへ
▼大幅な上昇は長続きしない  
投資家は小心者が多い
▼自己責任だから面白い  
買うのも売るのもあなた次第
Part.4
株で成功するための”カメの気づき”

▼大儲けは狙わない  
欲張りは○○の敵
▼いろんなデータを取らない  
頭でっかちにならない
▼エコノミストはあてにしない  
頭が良すぎるから外れるのです
▼長期投資はしない  
予言者じゃないのだから
▼売り買いは頻繁にしない  
一喜一憂投資は疲れるだけ
▼ナンピン買いをして損切りができない人  
コツコツ型ETF投資には関係ない
▼初心者は信用取引をしない  
1年はしないほうがいい
▼信用取引の売りは絶対にしない  
買いは家まで売りは命まで
▼冷静な判断をする  
瞑想して気持ちを落ち着かせる
▼日本経済新聞は購読する  
経済に関する情報はこれで十分
▼新聞は文字ではなく中身を読む  
数字よりも大切なことを考える
▼ヤフーファイナンスを活用する  
株の情報がぎっしり
▼掲示板は無視する  
意味のない情報は入れない
▼早起きをする  
早起きは3万の得
▼連続にこだわる  
勝ち癖をつけるために
▼おすすめ銘柄は買わない  
その地点で買っても遅い
▼超簡単、50,50買い  
慎重派のあなたへ
Part.5
自分自身がAIになる

▼株価はデータで上下する 
データを作って安心ETF投資
▼オリジナルのデータ表をつくる  
アレンジして自分でつくる
▼基準値を設定する 
まずは日経平均株価のラインを引く
▼いきなり400円下落したら、1000円下がる準備をする  
下落には理由があるはず
▼大暴落に備える  
大暴落には前兆がある
▼いきなり暴落はあるが暴騰はない  
だから儲からない
▼年数回の暴落で儲ける  
少なくとも年2回は大暴落があると想定する
▼リスクは常に潜んでいる  
テロ、自然災害、地政学リスク
▼空売り比率で先をよむ  
40%を基準にする
▼外国人の日本株買い越し連続  
記事に出たら警戒しよう
▼欧米は下げたがり、日銀は上げたがる 
どちらが勝つのかを注視する
▼景気のいいニュースがよく出ると警戒する  
ニュースキャスターを観察
▼アメリカは何を考えているのかを考える  
世界はこの国を中心に動いている
▼なぜ政府は株価を気にするのか  
政府と日銀はジャイアンとスネ夫
▼東京五輪後のことも考えておく  
10年以内の不況に備えて
Part.6
これだけは毎日しておきたいこと

▼ダウ平均と日経先物は毎朝チェック  
その日の株価が予想できる
▼日経平均が300円以上、上下した時の指値  
毎日の習慣として
▼円相場もチェックしよう  
今、円高なのか円安なのか
▼騰落レシオは嘘つかない  
やっぱりこれが一番重要
▼SNSを日記がわりに  
負けた時こそ記録に残そう
Part.2
10~100万円用意してETFを買いましょう

▼まずはネットトレードできる環境づくり  
パソコン、スマホで簡単にできる
▼証券会社の口座を開設する  
証券会社を選んでから口座が開設がされるまで
▼自己資金は100万円用意しよう  
預貯金が100万円あればそれで十分
▼儲けは少ないが、10万円あればできる  
1000円ちょっとでできる投資
▼基本は下落した時に儲ける方法  
残念だがいいことよりも悪いことの方が多い
↓↓↓
今なら
2大特典を
プレゼント中!
今、本書を購入しこのページからお申込みを頂いた方には、出版キャンペーンとして下記の2大特典をプレゼントしています。
【特典1】 
2018年10月~2019年1月上旬までの実際のデータを元にした、売買のタイミングが掴める秘蔵データ(PDF)
【特典2】 貰ってすぐに使える、本書でも紹介しているデータ表のテンプレート(エクセル)

出版キャンペーン
申込方法

下記の申込フォームより、

私のモットーは
「欲張りは〇〇の敵」
↑↑↑
〇〇に当てはまる2文字を
記入してお申込みください。

【ヒント】
本書Part4(p114~115)の冒頭、または著者プロフィールに記載

※出版キャンペーンはお申込み状況により、予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。
 

著者プロフィール

前畑うしろ(まえはたうしろ)

元信用組合職員で、現コンビニのアルバイトが、たった2種類のETF投資(日経225オプションでない)を武器に稼いでいる。

銀行マン時代の「プロの眼」コンビニ店員の「アマチュアの眼」、欲張りは〇〇の敵をモットーに売買している。

一騎駆けのような気ぜわしい投資よりも、じっくりゆっくり増やしていく方法を得意としている。

著者メッセージ

私自身、これまで株でかなりの大損をした経験があります。

リーマンショックのときは悔しくて夜も眠れませんでした。

本書では、私のような失敗や悔しさをできるだけ避けて頂けるよう、私が今も実際に行っていることをすべて書きました。

本書を読めば、「誰でも必ず儲けられる」とは言えません。

ETFも投資の一つですので、もちろん損をしてしまうこともあります

でも、ここまでリスクを減らしながら、たとえゆっくりでも、着実にコツコツと資金を増やす方法も、そうそうないとも思っています。

大切な資金を守りながら、少しずつでも資金を増やしていきたい、そんな方に本書を手にとって頂ければと思います。

ポケットマネーではじめる
月1500円のETF投資