うさとの服とは・・・

日本人デザイナー 「さとう うさぶろう」が、『いのちのかたまりのような服をつくりたい』との思いで、タイ東北・北タイ・ラオスの伝統ある布に出会い、チェンマイを拠点に、手で育て・手で集め・手で紡ぎ・手で染め・手で織り・パターンをおこし・縫製し作られています。

生産ノルマはどこにもありません。

うさとのものづくりは、ひとりひとりの暮らしとともにあります。

多くの人の手を介して出来た服は、各地で開催される展示会にて「想い」が手渡しされ広まっています。

「うさとの服」はこうやって作られます

手紬ぎ
手織り
草木染め

~手紬ぎ~

うさとの服展 手紬ぎの様子

絹はお蚕さんを育てることからはじまります。周りで農薬を使っているところも多く、桑の葉を作る場所探しも大変です。

糸車で篠から綿を引き出し縒りをかけていきます。お年寄りの仕事になっている村が多いです。

~手織り~

村人が輝いて生きる為に、織り手には布のデザインをまかせています。
布を織ることはアートであり、布に創作する喜びが織り込まれています。
かすりの織り手は今はラオスのみ。伝統を継承するのは大変なことです。

うさとの服展 手織りの様子

~草木染め~

うさとの服展 草木染めの様子

藍染めも草木染めも酸化を利用して色を出します。お天気の良い早朝は大気中の酸素量が多く染め日和。
森のいのちが色になる。住んでいる森の自然は染料の宝庫です。

~うさとの服が作られるまで~

デザイナープロフィール

さとう うさぶろう
1948年、北海道生まれ。タイ・チェンマイ在住。
日本で企業デザイナーを経験したのち、ベルギーの首都ブリュッセルでオートクチュール(高級注文服)の創作に携わる。1994年からアジア諸国を旅し、1996年、タイのチェンマイに拠点を移し、服づくりに着手。手つむぎ、手織り、天然染めの服をデザインし、自然をまとうような心地よい服「うさとの服」を誕生させる。
うさとの服デザイナー さとううさぶろう

~鹿児島市での「うさとの服展」情報~

うさとの服展inしょうぶ学園のチラシ

うさとの服展 in しょうぶ学園

<日程>
 2018年3月9日(金) ~ 3月11日(日)
<時間>
 10:30 ~ 17:00
<場所>
 しょうぶ学園内オムニハウス2階
 (鹿児島市吉野町5066番地)

よくあるご質問

Q
鹿児島での展示会はいつありますか?
A
鹿児島でのうさと展は、年に3回~4回開催しております。
次回は、2018年3月9日~11日に鹿児島市吉野町のしょうぶ学園にて開催いたします。
Q
駐車場はありますか?
A
はい、駐車場がございますので、車にてご来場くださいませ。
近くにバス停もありますので、公共交通機関でもお越しいただけます。
Q
入場は無料ですか?
A
はい、入場は無料です。
また、お声掛けされるのが苦手な方は、その旨をおっしゃっていただければ、こちらからのお声掛けは控えさせていただきますので、ゆっくりとご覧になってください!
Q
鹿児島での展示会はいつありますか?
A
鹿児島でのうさと展は、年に3回~4回開催しております。
次回は、2018年3月9日~11日に鹿児島市吉野町のしょうぶ学園にて開催いたします。

<うさとの服展 in しょうぶ学園 主催>
創業26年の自然食品店 やさい村
〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町3095-252
TEL:099-244-8061

うさとジャパンのホームページはこちら