頚椎椎間板ヘルニアの治療方法のまとめ

頚椎椎間板ヘルニアとは、椎間板が破れることによって神経が圧迫される病気です。老化が原因で引き起こされることも多く、痛みやだるさ、しびれなどさまざまな症状を引き起こします。ここでは、頚椎椎間板ヘルニアの治療方法、手術のリスクなどについてまとめてみました。

手術におけるリスク

頚椎椎間板ヘルニアの手術としてPLDDが挙げられます。重度でないヘルニアを治療する際に用いられることの多い手術で、リスクも少ないといわれています。ただ、医療用レーザーを使用するため、高度な技術を持つ医師が適切にコントロールをしなければ患部周辺の組織にダメージを与える可能性があります。

 

内視鏡摘出手術も比較的ポピュラーな方法といえるでしょう。大きく切開することなく手術ができるため、受ける方も増えています。内視鏡を使用するオペでは、医師の視野が狭くなるため練度の高さが求められます。高度な技術と知識、経験を持つ医師でないとリスクが高まる可能性があるのです。

 

ヘルニアの手術でもっとも多く行われているのが切開による治療です。治療例が豊富なため、安全に手術を受けられるのが大きなメリットといえるでしょう。ただ、大きく切開するため傷が残りやすいデメリットがあり、回復までに時間がかかってしまうことも。手術を行う部位次第では合併症を引き起こす可能性があるのも事実です。

保存的療法

頚椎椎間板ヘルニアの治療は手術ばかりではありません。手術以外の治療法だと、保存的療法が挙げられます。症状が軽いヘルニアに用いる安静治療は、首の動きを固定することで症状の改善を目指す治療法。切らない治療なので患部に傷が残ることもありません。治療中には首に負担のかかることを控える必要があります。

 

薬物療法は、軽度のヘルニアから重度の症状まで対応できる治療法です。神経の働きを改善する薬を投与し、それによって炎症を抑えます。痛みが治まらないときには鎮痛剤を使用することも。だいたい3~4ヶ月ほどの期間治療を行います。こちらも切らない治療なので、傷を残したくない方におすすめといえるでしょう。

 

生活改善治療は、日常生活を改善することでヘルニアの症状を緩和する、再発を予防する方法です。頚椎椎間板ヘルニアの原因は多々ありますが、日ごろから姿勢が悪い、運動していないなどの原因もあります。姿勢を改善し、適度な運動を日常生活に取り込むことで再発の防止をします。

ヘルニアの手術の痛み

頚椎椎間板ヘルニアの手術を受ける上で気になるのは痛みではないでしょうか。特に、痛みに弱い方だとそれが手術を避ける理由となることもあります。では、実際のところ椎間板ヘルニアの手術に痛みは伴うのでしょうか。

 

ヘルニアの手術方法によって痛みの度合いは変わってきます。例えば、古くから行われている切開手術だと、患部にメスを入れます。もちろん、麻酔はしますが切れたあとには多少の痛みにも襲われるでしょう。

 

レーザーで治療を行うPLDDはもっとも体への負担が少ない手術だといわれています。皮膚を切ることもなく、局部麻酔で対応できるのも特徴といえるでしょう。内視鏡手術も切ることはないため、切開に比べると痛みは少ないといえます。

 

どの手術にしても、痛みの感じ方は人によって異なります。痛みに弱い方だとPLDDでも多少の痛みは感じてしまうかもしれません。逆に、切開でもあまり痛みは感じなかったという方もいるでしょう。痛みが心配なら、手術を受けるクリニックの医師に事前相談をしておくことをおすすめします。

クリニックの選び方

治療実績が豊富なクリニックを選ぶのは鉄則です。実績が豊富ということはノウハウも豊富で、たくさんの症例に対応もしてきています。どのような症状の患者さんにも対応できるでしょう。

 

実績が多いクリニックなら、ヘルニア患者もたくさん診ています。データも豊富なので、どのような患者さんにももっともマッチした治療を提供できるでしょう。ヘルニア治療の専門クリニックなどもあるので、選択肢に入れておくとよいかもしれません。

 

インフォームドコンセントを大切にしているかどうかもチェックしましょう。患者の意見や希望をまったく聞き入れず、医師本位の治療を行おうとする医師は少なからずいます。このようなクリニックだと安心して治療を受けられません。

 

患者の話をしっかり聞いてくれる、もっともベストな提案をしてくれるクリックを選びましょう。ホームページに書かれている内容だけで決めるのではなく、実際にクリニックで相談してみるとよく分かるかもしれません。患者のことを第一に考えてくれるクリニックを選んでください。

 

頚椎椎間板ヘルニアの治療についてもっとよく知りたいのなら、こちらのサイトも参考にしてみましょう。注目の治療法についても解説があります。

まとめ

頚椎椎間板ヘルニアは、放置しておくとどんどん悪化してしまうこともあります。日常生活に影響を与えることも多いため、なるべく早く治療に踏み切ったほうがよいでしょう。頚椎椎間板ヘルニアの治療について知り、その上で安心して治療が受けられるクリニックを選びましょう。

頚椎椎間板ヘルニアは、放置しておくとどんどん悪化してしまうこともあります。日常生活に影響を与えることも多いため、なるべく早く治療に踏み切ったほうがよいでしょう。頚椎椎間板ヘルニアの治療について知り、その上で安心して治療が受けられるクリニックを選びましょう。