今の売上にまだまだ満足できないけど,次の一手に何をしたらいいかわからないあなたへ。

売上アップを邪魔する本当の原因を突き止めます。

【オンライン通話zoomで日本全国対応可能です】
他の誰でもない,あなた自身にとって,売上を上げるために邪魔になっているのか,何が必要なのかを診断する「売上げアップ改善診断」のご案内
返金保証
付き

今すぐ申し込む

From:飯山陽平(アップスタッツ経営研究会 セールスコピーライター)

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • チラシ,ホームページ(WEB),
    DMや新聞広告等で宣伝しても
    電話や問い合わせメールが1件もない
  • 今やっている売上アップのための方法に
    確信が持てず,
    続けるか止めるかを判断できない…
  • 売上が上がらないまま
    半年前も昨日も同じことを繰り返している…
  • 「あと半年もすれば
    きっと売上は伸びるから,今は辛抱…」
    と自分や家族に言い聞かせている…
  • ネットや様々な人の情報はたくさんあるが,
    自分自身は何をしたら売上が上がるのかがわからない…
  • 売上アップに関する提案を受けて,
    言われるがままに申し込んでみたが成果は出ず,
    かえって赤字になった。
  • 色んな人からいろんな提案を受けて混乱し,
    自分は何をどうしたらいいのかわからず
    行動できなくなっている。
  • チラシ,ホームページ(WEB),
    DMや新聞広告等で宣伝しても
    電話や問い合わせメールが1件もない

ある広告代理店に,お店を潰されかけた話

これは伝聞ですが本当にあった出来事です。


ある飲食店の経営者がいました。

なかなか売上が上がらず,
このままだと,あと数ヶ月もせずに
店を閉じなければならない状況でした。


ある広告代理店の営業担当と出会い,
「チラシを撒かないとだめですよ」
とセールスを受ました。


なんとか,
お金をかき集めて広告代理店に発注。
チラシを制作。


乾坤一擲のプロモーションに打って出ました。


これだけチラシを撒けば,
きっとたくさんのお客様が来店してくれる。
そう信じて,折込チラシを撒いた当日。




電話は1本も鳴らず,
チラシを見て来店した人は
1人もいませんでした。



翌日も…
さらにその翌日も,
チラシを見て来店した人は
誰もいませんでした。


広告代理店の営業担当に
問い合わせしたところ…


「きっと天気が悪かったからでしょう。
もう一度チラシを印刷して,
今度は晴れの日に出してみませんか?」


さらにセールスを受けました。


 
幸いなことに,
何とかこの状況から脱して,
閉店の危機は免れた,
と聞いています。




この出来事は一体,
何が問題だったのでしょうか。



問題点のひとつ。
それは,広告代理店のセールスです。



世の中の全ての広告代理店を
一般化するつもりはありません。


素晴らしい広告代理店はたくさんあります。


ですが,
この例のような,一部の心無い広告代理店が,
「ビジネスの息の根を止めかねない提案」
をしてしまうのです。



広告代理店は「広告『を』売ること」が得意です。
「広告『で』売ること」が得意…とは限らないのです。


この事例では,広告代理店の仕事は
「(広告代理店の売上のために)
チラシを売り込むこと」です。


店舗側の希望は,「売上アップ」です。




ここに,
埋めがたい大きなギャップがあるのです。


この広告代理店は,
「チラシを撒かなければダメですよ」
とは言っていますが,
「チラシを撒けば売上が上がる」
とは言っていないのです。

致命的な戦略の過ち

マーケティングの権威である
フィリップ・コトラー博士によれば,

「新規顧客獲得コストは,
リピート客の5倍コストが掛かる」

と述べています。


既存顧客にリピートしてもらうための
コストに対して,
新規顧客獲得コストは5倍ということです。



ただ,コトラー博士のこの言葉。
かなり昔の話です。

「今となっては,10倍〜15倍以上も珍しくない」

と述べるマーケティングの専門家もいます。


さて,
この店舗は
何が問題だったのでしょうか。



チラシの内容…すなわち戦術以前に,
「新規顧客獲得を目指す」
という戦略そのものが間違っていたのです。



ではなぜ「チラシ」という
手間暇コストがかかる誤った戦略…
すなわち新規顧客獲得を選択したのでしょうか。



理由は2つ。
ひとつは,この広告代理店が,
自分の営業成績のためにチラシを売りたかったから。


相手の状況など一切考えること無く,
自分さえ良ければそれでいい

というスタンスだったこと。




もうひとつは,
店舗オーナー側が,
そのような意図を見抜けなかったこと。


かつチラシは新規顧客獲得の手段であり,
手間暇コストがかかるということを
知らなかったこと。



言い換えれば,
より安く,より早く,より手間を掛けずに
売上を上げる方法がある,
ということを知らなかったことです。

成果が出なくて絶望にたどり着く道のり

ネットやSNSを見ていると,
さまざまな売上アップ法に関する情報で
あふれています。

「◯×集客法」
「◯×で売上を上げる方法」
「◯×攻略セミナー」

きりがありません。



前提にあるのが,
売手側の都合です。



例えば,

「私はチラシが作れます。
だからチラシ作りませんか?」

「私はホームページを作れます。
だからホームページを作りませんか?」

「私はブログが得意です。
だからブログを書きませんか?」


という感じです。


上述の例では,
店舗のオーナーが当事者なのですから,
本来ならば当事者を中心にして
当事者のためになることを考えることです。


にもかかわらず,
広告代理店の営業担当は,
「自分」が売りたいチラシを売り込んだのです。


なぜ「自分」なのでしょうか。
相手は「顧客」であるべきなのに,です。

そして知識がない人がだまされて
この手のサービスを申し込んでしまいます。


けれど,
本当にその手段がその会社に
合っているとは限らないので,
成果が出ません。


そして,申し込んだ経営者は,
「集客法など効果がない。
結局は気合と根性で頑張るしかないんだ…」

と絶望するのです。


誇張でも何でもありません。

このセリフは一言一句そのまま,
実際に私が耳にした,
ある経営者の言葉です。

ヨーロッパNo,1セールストレーナーから
直接教わった

「ドクターズフォーミュラ」

これは,
ヨーロッパNo,1セールストレーナー,
パトリック・ヴァルテン氏とシドニー市内で会った際に
教わった話です。

それが「ドクターズフォーミュラ」です。


ちょっと想像してみてください。
胃が痛くなって,病院へ行ったとします。

そこで,医師が一切前置きもなく,
「これ,胃薬の新薬だから。これ飲みなさい」
と言ったら,あなたはどう感じるでしょうか。



これでは上述の広告代理店と同じです。


一般的に,医師は次の3つを行います。


「診療」
病気の有無や病状などを判断するために,
医師が患者のからだを検査したり
質問したりすること。



「診断」
医者が患者を診察して、
健康状態、病気の種類や
病状などを判断すること。


「処置」
傷や病気の手当てをすること。



しっかりと問診や検査を行って,
正確な診断をして,
その診断に見合った適切な処置をする。


このように3ステップを踏むことで,
痛みという問題を解決するのです。


ですが,診療も診断もせずに薬を販売…


これでは,
まるで相手がどんな病状であろうと
知ったことではなく…

薬を売ることそのものが
目的になっています。


もちろん,違法です。



では今度は反対の話です。


あなたは胃が痛いとします。
病院へ行き,窓口で
「私は胃潰瘍ですから胃薬を出してください」
と言ったらどうなるでしょうか。


もちろん窓口ではそのような対応をせず,
まずは医師の診察を受けるように
言うことでしょう。


もし,

「胃潰瘍の薬ですね。
わかりました。
医師に言って処方せんを書くように
言っておきます」

という対応だったらどうなるでしょうか。



診察も診断もせずに,
処方せんを書く。

極めて大問題です。



そもそも,なぜ「医師」でもない…
専門のトレーニングを受けてもいない…
医師としての知識や経験も人が,
「胃潰瘍」だと自己診断できるのでしょうか。




同じように,
「チラシを作ってください」
「わかりました,チラシを作ります」
というやり取りは,


「集客で成果を出す」
という観点から考えると
「診察や診断もせずに処置をする」
のと同じではないでしょうか。



なぜ,

「ありがとうございます。まずは,
御社にとって本当にチラシが適切なのか判断したい
ので,いくつか教えてもらってもいいですか?」

と,聞かないのでしょうか。



「方法を売る人たち」は,
顧客にとって最善の結果を求めるのではなく,
結局は自分の売上しか考えていない
可能性がある…ということを,
頭の片隅にいれておいてください。

私はこれが許せない!
だから…

今でこそ私はセールスコピーライターとして,
マーケティングコンサルタントとして
活動できています。


ですが,昔はマーケティングも,
コピーライティングも,
セールスも…
何もできませんでした。



勤めていた事務所を…
今で言う「うつ病」で
退職せざるを得ない状況になりました。


再就職も難しく,
借金を抱えたまま25歳で
司法書士事務所を独立開業。



世間知らずの…
実務に関する知識以外はなく,
経営者としての経験・ノウハウ・知識のない
私に対して,実に多くの業者が
様々な売上アップの話を
提案してきました。


何度も何度も痛い目に遭いました。




なけなしの40万円払って,
問い合わせ1件も無くて…


悪夢を見て夜中に3回,目が覚めることもありました。


様々なマーケティングセミナーに参加して
教材を購入。


実践しようと思って,
上手く行かずに苦しんで,

「私は何でできないんだろう,
なぜうまくいかないんだろう…」

自分を責め抜きました。


「これはこの講師本人しかできない話であり,
再現性がないノウハウである」

と気付く頃には,
150万円払って2年が経っていました。


例を出せばきりがないので
これくらいにしておきます。


このように,
私自身が「集客」が上手く行かずに苦しんで,
業者のカモにされ続けてきました。



だからこそ,
「まずは顧客の立場に立って,
何が最善なのかを考える」
ことをせずに,
集客,売上が上がらずに苦しんでいる人を
カモにする人が許せません。


もちろん,
私はセールスコピーライターです。

「売れるチラシ書きます」
「売れるWEBコピー作ります」
と言ったほうが楽です。


ですが…
それでは,
彼らと同じ穴のムジナになります。


そこで「売上アップ改善診断」を
はじめることにしました。



医師と同じように,
じっくりと「診察」すなわち,
あなたのビジネスの状況をしっかり確認します。


これまでのマーケティングや
コピーライティングの専門知識や
経験と照らしあわせて,


「あなたが売上を上げるために,
改善すべき点はここです」


と診断するものです。

売上アップの方法はいくつある?

世の中に売上アップの方法は
いくつあるかご存じでしょうか。


あなたも方法そのものについては
いくつか思い当たるものがあるでしょう。


あるいはこれまで本を読んだり
セミナーに参加するなどにより,
たくさん知っているかもしれません。


また,ネットで調べればたくさん見つかります。



では,全部で
「いくつ」
あるのか。



世界ナンバーワンマーケティング・コンサルタント,
ジェイ・エイブラハムは
「売上アップの方法は3つしか無い」
と述べています。


 
世の中の売上アップ法は
この3つのどれかの具体的な方法論なのです。

(1)顧客数を増やす
(2)客単価を上げる
(3)購入頻度を上げる

この3つの掛け算が,売上になります。

では,売上を2倍にするには
どうしたらよいでしょうか。


例えば,
顧客数を2倍にすれば,
売上は倍になります。


ですが顧客数を2倍にするのは
非常に労力が掛かります。


客単価または購入頻度を
2倍にできればいいのですが,
客単価を倍増させるのは
かなり精神的なプレッシャーが掛かります。

売上アップは
平均点ではなく掛け算

売上アップを邪魔する原因を
見つけて改善すれば,
少ない労力やコストで
売上を伸ばすことができます。



例えば,
ある整体院が,売上が上がらず苦労しているとします。


顧客数20人

 ×

客単価5000円

 × 

購入頻度1回

 =

売上10万円



ここで一番改善すべき点は何でしょうか。


ここでは購入頻度
(いわゆるリピート率。整体師であれば来店頻度)
です。



では,


来店頻度を,
30%改善できたらどうなるでしょうか。

20人×5000円×1.3回=売上13万円



もし,この数字を顧客数で考えたらどうなるでしょうか。


26人×5000円×1回  =売上13万円


数字自体は同じです。


ですが,
毎月の顧客を20人から26人に増やすのと,
20人中6人の来店頻度を毎月1回から,
2回に増やすのとでは,
どちらが少ない労力で
成果が上がるでしょうか。



顧客数を6人増やすのは非常に労力が掛かります。
ですが,
一度来店してくれた方に,
再来店してもらうのは,
それほど労力は掛かりません。


ブライダル業界や葬祭業等とは違い,
整体院のような業種は基本的に
再来店が想定されています。


その整体院へ来店頻度が1回というのは,
よほど何かが良くない,
ということが推測できます。


再来店を邪魔する原因を
特定して改善できれば,
来店頻度30%アップは
それほど労力が掛からないのです。

売上アップを邪魔する原因を特定する
「売上アップ改善診断」

ここでは整体院を例に解説しましたが,
あなたは必ずしも整体院を
やっているわけでもなければ,
同じ原因で悩んでいるわけでもないでしょう。


そこで,一対一であなたの話を1〜2時間掛けて聴き,
出てきた内容を掘り下げることによって,


何があなたのビジネスにおいて,
売上アップを邪魔している原因に
なっているのかを探し出します。



診断料金については…
具体的に売上アップの方法を
指導するわけではありません。

そこで,
通常のコンサルティング料金(最低5万円〜)
よりもご利用しやすい料金設定にしました。

料金(1回2時間程度)
5万円→5000円(税別)です。
毎月3名まで,この価格で提供いたします。


※この5000円(税別)という価格は
テストキャンペーン価格です。
予告なく終了または値上げする可能性があります。

「売上アップ改善診断」を受けるメリット

  • 売上アップ以前にやるべき
    大量の仕事に囲まれていませんか?
    診断を受けることで,
    解決すべき原因と,解決不要な原因が分かるので,
    その解決すべき原因に時間と労力を集中できます。
  • あなたの売上アップを
    邪魔する原因を特定します。
    ら手を付けていいか分からず
    身動きが取れなかった状態を脱して
    行動を起こしやすくなります。
  • 売上アップ改善診断の8~9割が,
    私からあなたへの質問です。
    あなた自身が,質問に答えることで,
    自分で答えを見つけ出すことができます。

    他の人から押し付けられたものではなく,
    自分の口から出てきた言葉なので,
    論理的にも感情的にも納得することで
    行動につながり,
    成果が出やすくなります。
  • 売上アップ以前にやるべき
    大量の仕事に囲まれていませんか?
    診断を受けることで,
    解決すべき原因と,解決不要な原因が分かるので,
    その解決すべき原因に時間と労力を集中できます。

売上アップ改善診断の流れ

STEP

1

申込み

このページ内にある申込みボタンをクリックして,
フォームに必要事項を入力して下さい。

STEP

お支払い・日程調整

指定期間内にお支払いをお願いいたします。
お支払いは銀行振込またはクレジットカードです。
振込口座は,申込後にご案内いたします。

クレジットカード決済希望の方は,
メールにて請求書を発行します。
その請求書にクレジットカード決済ページの
案内が記載されています。

また,お支払いの案内と同時に,
診断の日程調整をメール等で行います。

STEP

診断

1〜2時間程度お時間をいただき,
詳しく話を聞かせていただき,
診断をいたします。

診断は,可能な限り対面にて行います。
場所は札幌市内のホテルラウンジまたは当事務所内です。

地理的あるいは日程的に
対面が難しい場合,
zoomというオンラインビデオ通話アプリ(無料)を使います。

zoomは誰でも簡単にすぐ使えます。
使い方は事前にご案内いたします。

STEP

1

申込み

このページ内にある申込みボタンをクリックして,
フォームに必要事項を入力して下さい。

お客様の推薦

株式会社青山プロダクション

青山 夕香 様

15年札幌中心に研修を担当する講師をしております。
年に250本の研修や講演を担当していますが、
他にも採用動画制作や、
通信講座も展開しております。 


通信講座では、
今まで数百万の広告費をかけてきましたが効果はゼロ。
広告費だけが虚しくなくなっていきました。

いい資格講座であるのに売れない。
理想通りに売れてくれない。
困っていました。


コンサルタントを名乗る方に相談もしてみましたが、
具体的なアドバイスはありませんでした。
 

ただただ広告掲載しかないと言われました。


飯山さんと出会った時も
正直全く期待をしていませんでした。失礼ですね。。


飯山さんからは、
本当にアナログ的な泥臭い、
手間暇かかる、
え?今さら?といったアドバイスをいただき、
とりあえずアドバイス通りにやってみることにしました。



2週間で40万の売上が作れました。 


 
他に、パンフレットのライティング、
ホームページのライティングもお願いしました。


ホームページやパンフレットを見ていただきましたが、
ダメな所がありすぎて、
グサグサたくさんの深い傷を負いましたが、
言われることはその通りで、
悔しい気持ちもありましたが、
素直に教えに従い全て直しました。


 
反応が明らかに変わり、
チラシからの問い合わせ、
ホームページからの問い合わせが増えました。
 

ホームページやチラシのコンサルタント、
ライティング、
全てにおいてアドバイスいただいています。


できているつもり、や
れているつもりになっていただけで、
届けたいお客様に届いていなかったことがわかりました。

何事もトライアンドエラー!
まだまだお世話になります。
よろしくお願い申し上げます。


※ご本人様からいただいた
「お客様の声」の文字に色を付けて
レイアウトを整えただけす。
本文は一切いじっておりません。

※多数テレビ出演実績のある方ですので,
顔写真掲載はありません。

お客様の声

整理できてスッキリしました

「診断ではなく,
新しくホームページを作る前の相談という形を取りました。

どこに何を載せて,
何を載せてはいけないかという
具体的なアドバイスまで踏み込んだので,
整理できてスッキリしました。 

この内容を制作業者にそのまま伝えることにします」
(傍楽FPクリニック 代表 マネーバランスドクター 矢野 智章様 札幌市)

※売上アップ改善診断とは別メニューの,
成約率を上げる「WEBページ診断」の感想です。

よくある質問

Q
どんな業種に対応できますか?
A
基本的に,業種業態を問わず,対応できます。
ただし,士業はご遠慮いただいています。
得意業種は,専門サービス業。それほど得意ではないのは飲食店です。
Q
売上アップ改善診断の中身として,どんなことをするのですか?
A
売上の状況を中心に,詳しい内容をこちらから「質問」して,
「回答」いただきます。
その繰り返しの中で,何が問題で,何が問題ではないのか。
何を解決すべきで,何を解決すべきか。
何を優先して,何を後回しにするのかを判断して
ご案内いたします。
Q
当社に来てもらって,
売上アップ改善診断を行ってもらえますか?
A
原則として,行っていません。
理由として,「いつもと少し違う環境」のほうが
効果的だとわかったからです。
ですので,ホテルラウンジや当事務所などを推奨しています。
Q
オンラインで受けられる…とのことですが,
zoomというソフトの使い方がわからなくても
大丈夫ですか?

A
問題ありません。
そもそも,zoomでの通話は,
こちらからご案内したURLを
クリックしてもらうだけです。

Q
zoomでの通話に,何か特殊な設備は必要ですか?
A
マイクとイヤホンが必要です。
最近のノートパソコンであれば,
WEBカメラとマイクが標準搭載
されているので,
特に買う必要はありません。

あるいは…iPhoneなどをお持ちの方は,
付属のマイク付きイヤホンがあれば十分です。
Q
オンラインで通話する際,
顔出ししたくないのですが
それでも構いませんか?
A
もちろん,問題ありません。
事前にその旨おっしゃってください。
また…そもそもWEBカメラをお持ちでない方は,
通話のみとなります。
Q
申込みをしたら,後からしつこい売り込みはしませんか?
A
しない…というよりは,それができるほどの
強靭なメンタルは持っていません。

ただ,売り込み…というよりは,
診断後に,御社のビジネスを改善するために
お役に立てそうな何かをご案内させていただく
ことはあります。

それが,本なのか,他社のセミナーなのか,
アップスタッツ経営研究会のサービスなのか,
他社のサービスなのか…
あるいは,何もオススメするものが無いのか…
それは診断してみないことにはわかりません。

例)診断の結果,メルマガ配信が必要だとわかったら,
当会が信用できると判断したメルマガ配信スタンドを
扱っている会社を紹介します。

例)診断の結果,小さな行動を積み重ねることが
必要だとわかったら,アップスタッツ経営研究会の
フォローアップサービスをご案内するかもしれません。
※このサービスは定員に空きがある時だけ募集しています。

例)動画制作が必要だと判断したら,
当会が信用できると判断した動画制作会社を
紹介します。
Q
売上アップ改善診断後,何らかの無料のサービスは
ありますか?
A
会員限定のニュースレターを,無料送付しております。
Q
売上アップ改善診断を受けた方の成果の
具体例を紹介してもらえますか?
A
客単価が低くて,
「頑張っても頑張ってもお金が手元に残らない」
…というセラピストが,
売上アップ改善診断後,客単価が上がって,
「手元にお金が残る実感を持てるようになりました」
と報告いただきました。
また,客単価だけでなく,顧客獲得も増えて,
現状は新規受付できない状態とのことです。
Q
どんな業種に対応できますか?
A
基本的に,業種業態を問わず,対応できます。
ただし,士業はご遠慮いただいています。
得意業種は,専門サービス業。それほど得意ではないのは飲食店です。

「あと半年もすれば売上は上がる」
いつまで自分や家族に
このように言い聞かせますか?

かの天才物理学者アインシュタインは
このような名言を残しています。

「狂気。それは,同じ事を繰り返し行い,
違う結果を予期すること」

あなたは,売上を伸ばすために,
いろいろ取り組んできたのかもしれません。

調べて行動して上手く行かなくて,
結局は何をしていいか分からなくて…
同じ事をしていたら,同じ結果となります。


「売上が上がらない原因なんてわかってるさ」
と思う方もいるかもしれません。


これまでの診断結果によれば,
7割以上の方が
「ご自身で思っている原因と本当の原因が違う」
のです。

売上が上がらない原因を誤解していたら,
解決には繋がりません。


例えるならば,
頭痛がするから,
吐き気止めを飲むようなものです。


以前,
ある経営者が,
「あと半年もすれば,きっと売上は上がる…
そう,自分や家族に言い聞かせています」
とおっしゃっていました。


それから半年後,
「調子はいかがですか?」
という私の問いに,
その経営者は,

「何も変わりません」


その経営者は,
このまま何も手を打たなければ…

「何も変わらない」
どころか,
「どんどん悪化していく」

可能性に気づいていないようでした。



「売上アップの為に何かをしなければいけない」
ということを実感しつつ,
それでも何をしていいか分からず,
何も出来ていない
なら…


同じ努力を繰り返し続ける前に,
あなたの売上アップを邪魔している
原因を特定しましょう。

今すぐ下記ボタンをクリックして下さい。
あなたがよりアップスタッツな明日になりますように。
アップスタッツ経営研究会 飯山陽平

追伸 返金保証付きです

もし,私の診断が全く的外れで
得るものがなく
時間の無駄だと感じた場合には,
返金請求してください。


本来は診断料金だけではなく,
ラウンジ利用のためのドリンク代等まで
全額お支払いすべきでしょう。


ですが,それらの支払いはご容赦いただき,
診断料金の全額のみの返金を以て
一部保証とさせていただきます。


あなたが自己流で頑張って,
売上アップは実現できるかもしれません。


ですが,
それまでにどれだけの時間が掛かるでしょうか。


上記の整体の例の場合,
20万円の売上を,
1年後に40万円にできるかもしれません。



ですが,
売上アップ改善診断を経て,
2ヶ月で売上40万円になったら…


売上の差額20万円×10ヶ月,
合計200万円の「得られたかもしれない売上」を
逃していることになります。



200万円を逃すかもしれないリスクと,
コーヒー代・2時間を無駄にするリスク,
どちらを選びますか? 



この200万円は,あくまでも例です。
あなたの場合は…もっと多額かもしれません。


前者のリスクから逃れたい方は,
今すぐ下記ボタンをクリックしてください。