女性の魅力引き出してくれる
ジュエリーブランドとは?

ジュエリーは女性の魅力を引き出してくれるアイテムです。今回は、どんなジュエリーブランドがおすすめされているのかなどについて紹介していきましょう。ジュエリーブランド選びに悩んでいる人も、ぜひ候補のひとつにしてみてください。

ジュエリーの選び方

こちらでは、どんな風にジュエリーを選べばいいのかについて見ていきましょう。普段あまりジュエリーに興味がない人も覚えておいてください。

 ・年齢に合わせる

ジュエリー選びの基本として、年齢と比較して不釣り合いにならないかという部分に注目してください。若い世代の時は派手なものでも違和感はありませんが、年齢を重ねると派手なジュエリーは悪趣味と取られてしまいます。年齢を重ねるにつれて落ち着きのあるジュエリーを選ぶようにしましょう。

 ・高価なものを持っておく

安価なものをいくつも持っておくより、高価なものをひとつ持っていた方がいいです。基本的に高価なジュエリーはどんなシーンにも合うものが多いです。逆に安価なものは派手さが出てしまうものもあり、服装やシーンによっては合わない場合も多いのです。

 ・さりげなさを演出

自己主張の激しいジュエリーを身に着けていると、宝石を身に着けているのか宝石に身に着けられているのか分からなくなってしまいます。お互いを強調させないためには、ジュエリーを控えめなものにすることです。例えば、ダイヤをあしらったものだとしても胸元や指元で強調するよりイヤリングやピアスなどでさりげない輝きの方が女性の魅力を引き出してくれます。

季節に合わせたジュエリーの選び方

ジュエリーにも季節感を持たせるとファッションがグッと大人っぽくなります。こちらでは、季節に合わせたジュエリーの選び方について見ていきましょう。

 ・春

ピンクやイエローなど控えめながらも華やかなカラーがおすすめです。ピンクやイエローは春を現す色でもあるので、さまざまなファッションにも合うはずです。ファッションが控えめ系であれば、華やかなジュエリーが映えるのではないでしょうか。

 ・夏

暑さでだれてしまう季節ですが、アクアマリンやサファイアなど青系のジュエリーを身に着けることで涼しさを演出できるだけではなく、爽やかな印象を手に入れられます。暑い時期だからこそ、ジュエリーで涼を現してみましょう。

 ・冬

クリスマスや年末などさまざまなイベントがある季節です。冬の場合はダイヤなど、自分にとっておきのジュエリーで自分自身を飾りましょう。

おすすめのジュエリーとは?

多くの女性に愛されているおすすめのジュエリーについて見ていきましょう。ジュエリー選びに悩んでいる人もぜひ参考にしてみてください。

 ・ルビー

宝石と言えば、やはりルビーの認知度は高いです。厄除けのジュエリーとしても重宝されていた過去があり、現在もお守り代わりにルビーを持つ人も少なくありません。

 ・エメラルド

クレオパトラが愛した宝石として有名な宝石、それがエメラルドです。世界三大美女のひとりに愛されたことも特徴的ですが、現在では安産のお守りに使われています。

 ・真珠

宝石の女王として愛されているもの、それが真珠です。世界中の人から愛されている宝石であり、歴史の古さにも定評があります。冠婚葬祭でもよく身に着けられているものであり、上質な真珠のネックレスを持つことは大人の女性の嗜みとまで言われていますね。

おすすめのジュエリーブランド

こちらでは、女性の魅力を引き出してくれるジュエリーブランドについて見ていきましょう。ジュエリーブランドを探している人は候補のひとつにしてみてください。

 ・スタージュエリー

星や月などをモチーフにしたジュエリーが豊富です。素材にこだわっていることもあり、可愛らしさの中に上質で上品な雰囲気も隠し持っています。

 ・NIWAKA

京都の和の心をコンセプトにしたジュエリーブランドです。煌びやかさの中に潜む和の雰囲気を求める人におすすめです。国内だけではなく、海外人気も高いブランドです。

 ・4℃

幅広い世代に愛されているジュエリーブランドです。20代から30代、40代まで違和感なく身に着けられるジュエリーが多くあります。可愛らしさの中にあるエレガントな雰囲気を求める人におすすめのジュエリーブランドとして高い人気を誇っています。

ジュエリーブランドについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ジュエリーブランドは自分の好みや雰囲気に合うかどうかを重視して選びましょう。
ブランドによってエレガントさを重視しているところ、
可愛らしさを重視しているところなどさまざまです。
年代に合わせるべきと先述しましたが、無理に合わせる必要はありません。
あまり若々しくなりすぎない程度、大人っぽすぎない程度など
年齢からかけ離れた違和感を与えないように注意してください。