このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。

unleash 1st アルバム『Fascination』
発売記念特別企画 インタビュー

Atsushi

ほとんどが"愛の詩"。
ー 本作はunleashの記念すべき1stアルバムとなりました。まずは完成、発売を迎えられたことに対する率直な気持ちをお聞かせいただけますでしょうか?

Atsushi 今のunleashの魂を全部出し切ったアルバムが作れたと思います。同時に個人的には次への課題も見つかりましたね。

ー それはどのような課題でしょうか?

Atsushi 完成した音源聴いて、もっと違ったニュアンスを持たせた表現はなかっただろうか?こうしたほうが良かったかな?といった部分がゼロではなかったので… 。決して不満足という意味ではなく、向上心といった意味合いでね。

ー 完成した瞬間からもう次へ意識が向かわれているということなんでしょうね。1曲1曲に違った世界観がありながらアルバム全体の統一感も感じられました。制作にあたりコンセプトは事前に決められていたのでしょうか?

Atsushi 特にコンセプトは決めていませんでした。現段階の集大成的な感じですかね。これまでのunleashは大きく2つの期間に分けられるんです。結成からYusukeやKotaが加入する前とその後です。前半は私がすべての曲の作詞作曲とアレンジの大部分を手掛けていました。一方で彼らが加入した後は、作詞作曲は私とYusuke, アレンジに関してはそれまでの楽曲も含めてYusukeがデモという形で新たに提示してきたものを基調にしています。そして、Youjiが加入したことで新たな視点が加わり、さらに楽曲が大きく成長していきました。今回の作品は、大きく2つに分けたその後半期に生まれた曲ばかりで構成されています。

ー unleashの音楽に初めて触れる人にも「これがunleashなんだ」と理解することができる作品だと感じました。本作の原曲者はAtsushiさんとYusukeのお二人だそうですが、Atsushiさんはどの曲を担当されましたか?

Atsushi 私は「Ring」,「罰」の作曲と「Silver rain」,「Starry sky」以外の作詞を担当しました。

ー アルバムを通してのコンセプトはなかったとのことですが、ご自身で作詞作曲をされた2曲についてはどのような背景から生まれたのでしょうか?

Atsushi 「Ring」はライブで盛り上がれる曲が欲しいなと思ってキャッチーであることを目指して作りました。対照的に「罰」はダークでドラマチックな曲を作りたいと思いました。

ー 曲作りの際は物語が先にあるのでしょうか、それとも先程あった全体的な雰囲気のようなものから入っていく感じでしょうか?

Atsushi 曲によってバラバラですかね〜。「Ring」は物語が最初からありましたね。お互いの薬指に指輪をはめた時は全てが輝いて見えたのに、時間が経てばその輝きも薄れていく。いつかその指輪と、本物ではなかった誓いが自分を苦しめるようになり離れようと考えるけれど、結局、好きだから離れられない。そんな物語ですね。指輪って、意味と思考が円の様に巡り巡って同じ所に戻ってくるイメージなんです。そういう意味でRingという曲にしました。

ー 「罰」はいかがでしたか?
Atsushi こちらは雰囲気先行でしたが、色々考えていくうちにRingのアンサーソングにすることにしました。「Ring」は女性目線、「罰」は男性目線で描きました。誓いがあることにあぐらをかいて、彼女のことを何も考えなかった彼に最悪な出来事が起こります。後悔した時にはそこに何もない。犯した罪と痛みに耐えられなくなった彼は… 、そんな物語ですね。内容はかなりダークでしょ!?(笑)実は、曲と詞が出来た時の曲名は別の物だったんですが、色々あって「罰」になりました。Yusukeが作曲した曲も同じような感じで、特に彼からの要望がなければ、デモを聴いて曲の雰囲気から作詞します。

ー なるほど。同じ曲作りにも人それぞれのプロセスがありますね。Yusukeさんが「基本的にギタリストの立場では歌詞を書かない」と仰っていたことが印象的でしたが、なんとなく意味を理解できたような気がします。Atsushiさんは他のメンバーとは異なるボーカリスト特有の視点をお持ちだと思いますが、unleashの音楽を通じて表現したいことや伝えたいことなどはお持ちですか?

Atsushi "愛"ですね。アルバムを聴いてくれた方や、ライブに来てくれた方はご存じかもしれませんが、unleashの曲はほとんどが"愛の詩"なんですよね。一言で愛って言っても、色々あるじゃないですか? 純愛、親子愛や略奪愛だったり、素直でまっすぐな気持ちや歪んだ感情とか。良い悪いは別にして、それも1つの愛の形だと思うんです。愛する人が出来た時の"喜び"や"ときめき"。愛する人を失った時の"悲しみ"や"絶望感"。そういう気持ちを色々な曲で伝えたり、表現していきたいなと思っています。

ー 1stアルバムがリリースされたばかりで少し気が早いかもしれませんが、Atsushiさんのunleashに対する将来の展望をお聞かせください。

Atsushi そうですね~、色々ありますが、やっぱり一番はもっと皆さんに知ってもらう事ですね!その為には、もっといい楽曲を作り、いいライブをして行くことが大事だと思っています。1stアルバムが出たばかりですが、新しい音源も作りたいし、色んな場所でライブもしたいです。そうやって少しづつ皆さんに知ってもらって、応援してもらえたらなと思います。そしてその先にある素晴らしい景色を、皆さんとunleashのメンバーで一緒に見たいですね!