神の世界と宇宙のおはなし会

〜失われた叡智を繋ぐ口伝の会〜

2018.6.24東京/2018.7.16京都/2018.7.30香川

申し込む

叡智はあなたのなかにある—。


それがこのおはなし会で、今、あなたにお伝えしたいこと。

あなたがなんにでもなれる自分で在ることを思い出したなら?

過去生や伝承を交え、
笑いとユーモアに溢れつつも、
現代においては忘れ去られた秘伝を伝えるとともに、
「人々が神として生きること」を今様に語る会です。

たまむすひ

いくむすひ

たるむすひし

我が同胞(はらから)よ


今ぞそのとき

集え 我がもとへ

戸をひらけ

ふみだせ

光ある世界へ






おはなし会の内容について

京都伏見神宝神社で賜った御神託により、この会を催す運びとなりました。ご参加の方との出会いを楽しみにしております。

また、この度の会は「龍神真言」の口伝と、それを用いた「金剛龍神の神楽歌」の伝承と祈りの作法をお伝えする会でもあります。失われた伝承であるこの神楽歌を復活させるにあたり、京都で導かれるように出会った阿闍梨の方にご協力頂きましたことを感謝申し上げます。

これから龍の背に乗ろうという方、龍神ってなに?宇宙ってなに?とご興味のある方、自分とはなんだろう?と思われてきた方、そしてこれまで龍脈(地脈・水脈・気脈・人脈)を繋いで繁栄の世界へと導いてこられたリーダーの皆様にも、是非ひろくご参加いただけましたら幸いです。


《おはなし》

  • 龍神や龍とはどのような存在か? 
  • 龍穴とはなにか? 
  • "龍神"についての伝承を担っていた過去生エピソード 
  • 祈りとはなにか?神楽とはなにか?その本質とは? 
  • 神とはどのような存在か?人とはどのような存在か?
  • 天と地と人の世界、宇宙と世界の構造の話 
  • Divine World(神の世界)とUniversal Consciousness(宇宙)とは?どう協力関係をつくる?
  • 各地の聖地を巡っておろした神託に基づく「しあわせに豊かに繁栄して生きる」考え方や物事の捉え方の紹介

《口伝》 
  • 龍神真言(八大龍王真言:真言宗式)
  • 龍神真言を用いた"金剛龍神神楽歌"の構造 
  • 祈りの作法と手順とコツ

お申込はこちら

開催予定

第一回

東京

日程|2018年6月24日(日)
時間|13:00〜17:00
場所|東京都内
参加費|56,000円(内税)

終了

第二回

京都

日程|2018年7月16日(月)
時間|13:00〜17:00
場所|京都市内
参加費|56,000円(内税)

終了

第三回

香川

日程|2018年7月30日(月)
時間|未定
場所|香川県内
参加費|56,000円(内税)

申込

参加者の声

第一回参加
(新潟/女性)

「今ここを生きる」

私は何者であるのか。それを知りたい知りたいと思ってきました。今回のお話を聞いて「私は私である」それが全てで、それで十分じゃん!という思いに変わってきました。やっと「今ここ」の「私」に目を向けた感じ。

はー!楽しかった!!
直接お会いして、お話できて、嬉しかった!
この出会いをきっかけに、私がどんな世界に行くのか、ワクワクがいっぱいです。

私は私、私はエナジーである、ということを感じる練習をおはなし会以来楽しく続けています!ふらりと神社にお詣りに行った際にも龍を祀った神社をみつけて教えてもらったことを実践してみたら、混んでいたのにふっと人が途切れて独りになって、御祓の音楽が聞こえてきたり…とても気分がよかったです♪ お土産のバスソルトも最高でした!

第一回参加
(横浜/女性)

"因果関係"を探す自分を吹っ切れた

とても充実した1日をありがとうございました!当日の音源を聞き返しながら「言葉にならない感覚」を大事にしていこうと思いました。悩みや出来事のあれこれに"因果関係がない"と納得できたから、ここからはエナジーで!っていう扉が開いたのかなと思います。久しぶりに会ったスピリチュアルな素養のある親戚にも「吹っ切れた顔してるわね」と言われました。分かる人にはわかるんですね!笑

以前から折りに触れお話を聞いてきましたが、こちらの予測をいい意味で大幅に超えてくるところが本当に面白くて、今回も、まさか自分が真言を書く日が来ようとは思ってもみませんでした!笑。非常に面白かったです。

そして、実際におろされてくる神託を伝えてくれる際の言葉のまろやかさが「ならでは」で とても好きです!次の機会を楽しみにしています!

企画のはじまり…


「見えぬものから、見えるものは始まる。

見えぬものとの繋がりを失った現代は、見える世界での生き方に惑い、苦しむ。

このうつし世に再び創造の世界へと扉を開くため、

地に於ける鍵穴を天の叡智の鍵で開ける。

それを担う人々との再会、そしてこの世界の真理を再び思い出す会を。

見えぬ世界と見える世界を繋ぎし者は、天地を繋ぐ龍と龍神の源たる金剛龍神。

その失われた真言を大師(空海)とともに復帰させ、祈りの作法をひろく伝えよ。」

 

(京都伏見神宝神社にていただいた御神託より)

この企画は、主催者であるトモリノゾミが、
とある輪廻の過去生を思い出したことから始まりました。 

思い出してからひと月のあいだ、自分自身が本来知っている筈の事を思い出し整理する為の各地への巡礼を怒濤の勢いで行いながら、スピリット達との対話をくり返し、自分と宇宙に問いかけ続ける日々を送りました。変化を選ばずにいたところ全てを破壊し、これまで決して気付こうとしなかった自分自身の全てを受け取ると決め行動し続けたたのち、 私が選んだのは、過去に由来するものではなく、「今」を生きる「私自身」が選んだ「おもしろさ」でした。つまり、選んだのは「変化の可能性」そのものです。自分よりも何者かが偉いのではなく、全てが対等な世界ではじめて創造できる可能性の選択。それは、過去生時代においての"伝承"でも"伝統"でも"制限"でもない、自由なる"今様"の在り方の話が出来るということ。

期せずして、その過去生での役割は "変化をもたらすエナジーそのもの" である「龍神」についての伝承を継ぐことでした。これから出会う多くの人々に「過去にとらわれず、今の自分が、見えぬ世界と見える世界を繋ぎながらどう生きるのか」というお話を、今では失われた秘伝や神託を交えておはなしできますことを楽しみにしております。



お申込はこちら

真名井の天女、龍神の巫女…

とある過去生の話…

 

過去生のとある人生において、
私は「真名井の天女」「龍神の巫女」と呼ばれた人物であり、"弁財天"という称号の代々の継承者であり、"龍神"の伝承を継ぐ一族の出身でした。

それは神代より伝わりし真理を繋ぐ者であると共に、
時代と政治に翻弄された いち女性でもありました。
一族の務めとして天皇の妃となり、
また、愛しあった人との絆をとって死を選ぶ。
その愛した人が空海でした。

それを思い出した時、
これまでの幾通りもの転生記憶とは違い、
輪廻によってこの時の過去生が今の人生にどれほど影響を与えているかに愕然とし、「変化を選べないまま」それを繰り返し果たそうとする彼女の嘆きに共に絶望したのでした。

いっそ彼女の無念を晴らす為だけに今世を捧げたほうがいいのではないかと思ったこともありました。

けれども、どれほど過去生を思い出そうと、
どれほど物事の道理や真理を知っていようと、
どんな存在と語らうことができようとも、
今肉体を持ち生きている「私」が
「変化」を選び「行動」しなければ、
私の人生は変わらない。

そう気付いた時、

「人々への、地球への、世界への、宇宙への、ギフトになり、私自身が知っていることをもっとこの世界の全ての為に使いたい。美しいこの星の可能性、そして、"人々"という星の可能性を見たい。そうすることが歓びだから。」

と本当はどんな人生を生きていた時も
全身全霊で願ってきたことを思い出しました。

そして、今も。

それを認めたとき、叶えることが出来るのは自分自身しかいないことをやっと「私たち」は思い出したのです。

であるのなら、今この肉体を持ち生きている「私」は、今、可能性を選択する責任があります。


—— 最も「歓び」そのもので在るには?


お申込はこちら

すべての人が「今」を生き

「自分自身の気付き」に従ってよいのだということ。

そこに誰の許可もいらないのだということ。

私たちは知っている。
気付いていないフリはもうやめよう。
私たちのなかに、叡智はいつだって在ることを。
何者かに遣われるのではなく、
時代や状況に翻弄されるのでもない。あなた自身が全てを選べるのだということを。
それを選ぶことが、
宇宙の貢献である本来の姿なのだということを。
あなた自身が「神」として生きる。どんな瞬間も。
その世界がどれほど創造に満ちているか。
選ぼう、自分と世界と、宇宙の可能性を。

過去生と今生において培い繋いできたことを「今様」に伝えることで、皆様が「今を生きる」ことの糧としてもらえたらこれほど嬉しいことはありません。

今回は「龍神」にまつわるおはなしを中心にお伝えします。


「龍神」とはいうなれば「大きな変化のエナジー」です。


生と死、死と再生、根底からの変化。


終わり始まり、始まり終わり、また始まる。

それを、どう捉えるか?

龍の背に乗るのるとは?現実を創造するとは?

変化とはなにか?選択とはなにか?



かつての「龍神の巫女」としての記憶に基づく真理の伝承をふまえて、
「今」の私自身が、「今」を生きている皆様だからこそ出来る方法や、
エナジーフォローの仕方を、おはなし出来ればとおもいます。

おはなし目次とハイライト

  • 龍穴を開けるとは?山や各地の龍穴をめぐることではなく・・・?
    すべてはエナジーだとしたら?自分自身を「龍穴」とする。
    宇宙のエナジーと地球のエナジーの合流地点。
    自分自身のいる場所がすべてパワースポットとなること。
  • 自分自身は神であり、龍神もまた神である。
    神とは??
  • 切った切られた、修復したまた切れた・・ということではない大地との繋がりが復活していく。
    それが「龍神」と呼ばれるものの本質。本質を知らなければ誰かの「正しさ」に翻弄される。
  • 「私とは私である。宇宙とは私である。すべては私である。」
    その境地を持ちながら、今ここにこの瞬間に生きる。第七感で生きること。
    源となる地点が自分自身であるということ。
  • 特別な役割や使命を負うのではなく、あなたの日常から。
    契約ではない。対等であるということ。
  • 破壊と創造をすべて受け入れられるか?
    「私はそれを選ぶ」と決めた瞬間から、宇宙と繋がる。
  • 「今こそ新しい関係を我々とともに生み出し、再生へと向かうまったく新しい世界の創造を選びませんか?」と新しい提案をすること、未来を共に創造するチームを組むこと。協力関係をつくること。
  • その他、各地を巡っておろした神託から、お集りの方がたにベストなお話を。(ex. 天磐船に乗るとは?/豊かさとは?/繁栄とは?/龍の背に乗るとは?/禊ぎとは?/祓いとは?/しあわせとは?/創造とは?ものごとを生み出す力とは?etc.)
  • 龍穴を開けるとは?山や各地の龍穴をめぐることではなく・・・?
    すべてはエナジーだとしたら?自分自身を「龍穴」とする。
    宇宙のエナジーと地球のエナジーの合流地点。
    自分自身のいる場所がすべてパワースポットとなること。

参加者特典

  • Spirit Salt プレゼント (by Marie Non-non)

伏見稲荷白狐社でのインスピレーションをもとにつくり始めた白狐たんバスソルト、又は、時季やサポートに応じて作成されるクリアリングサポートチューニングのSpirit Saltを進呈します。第一回時は、夏至に作成した《Dragon Night!! & Entities Clearing》でした。

  • テキストレジュメ
こちらのランディングページに書かれている内容を中心に纏めたレジュメ。

  • 当日の音声録音データ
ご自身で録音媒体をお持ちください(スマホなど)。何度も聞き返して楽しめます。

申込

トモリノゾミ(渡守希)

京都の社家に生まれ、幼少より不思議なものとの繋がりをもち育つが、その力を隠して成人する。芸術大学にすすんだ後、自らのルーツを辿り、芸術の根源を探して神楽を舞いはじめる。その出会いの中で、神楽における宇宙の本質を識る師との出会いを経て、13年かけてその真理の体得に至る。その真理を広く人々に分かち合うため、2015年より独自の方法でのワークショップや哲学を伝えるセミナーを開催。
2017年、自らの魂の起動プログラムである「界渡り」体験をし、封印してきた見えぬ世界との深い交流が再開される。そのうちのひとつ、アストラルのサポートセンターであるTeam Genesis(チームジェネシス)とのチャネリングは、人々の目覚めのための初動としてメッセージの配信や人生相談などで人気を博す。 天のマスター及び地のマスターとの関係も深く、古くから役割を負ってきた神との対話能力もリハビリにより復活する。
2018年より、地球の目覚めのための援助であるPROJECT GENESIS(プロジェクトジェネシス)を開始する。 非常に古くから地球に降り立った存在であったため、多くのユニークな過去世を持つが、その一つとして、空海に縁の深い真名井御前の記憶を持ち、今回口伝する手法は、その時代の技術を現代的に復興したものである。