このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
078-360-3358
受付時間:10:00~17:00

―世界全体がコロナにより大きく変わろうとしている―

今こそ良心のネットワークで、つながり合うとき!

時代が大きなターニングポイントを迎えた今、
私たちはどう動けばいいのか?

これからの未来をつくる仲間で集い、つながり合いませんか―

希望あふれる社会をつくれるのは市民一人ひとりの実践です
開催概要
日程:7月16日(金)
時間:19:00~21:30
場所:オンライン開催
費用:無料

※お申し込み多数の場合は、抽選にて当選者を決定します(先着順ではありません)
今回のUE-cafeテーマ

・コロナ禍で変わっていく社会とは?
・新型コロナやコロナワクチンをどう捉えれば良いか?
・大都会一極集中の脆弱さ
・地方から拡げる希望ある新たな社会づくりの在り方
・今こそ必要な良心のネットワークとは
・良心の大交流会!「未来への対話」

社会問題の本質を紐解く(一部抜粋) 

「何とかしたい」「何かしたい…!」
その想いが未来を変えるチカラとなる。

学び合い、語り合い、繋がり合う

こんな時代だからこそ…私たちは、繋がり合う必要がある。
本音で語り合う必要がある。

初対面だって、関係ない。
「何かしたい」という純粋な想いで突破できる。
人と人との出逢いは、社会を変える無限の力になるから。

今、必要なことは、私たち一人ひとりが社会のリーダーとなり
「新しい社会づくりの潮流をつくる」こと。

希望ある未来に向けて、アクションを起こせ!
次のソーシャルイノベーションはあなたの「チャレンジ」から
はじまるかもしれない。 

参加者の声

何かしたい。それだけで参加しました。

社会貢献にはずっと興味があり、WEBを見て参加しました。どんな人が来るのかドキドキしましたが、同世代も多くてほっとしました。いろんな人と話をしていると「人のために何かしたい」「社会で起きている問題を解決したい」と堂々とお話する姿には、正直びっくりしました。地元や学校の友人とはそういう話はできなかったので、すごく嬉しかったです!同じ想いを持つ同世代の仲間ができたので、この縁を大切にしていきたいです。(19歳 大学1回生)

同じ目線でいろんな人と話ができて楽しい!

社会人・学生の垣根を越え、同じ目線でいろんな人と話ができるところが、UEカフェの好きなところです。行く度にいろんな発見や学びがあり、気づけば毎回参加しています。
貧困問題に関心があり、発展途上国の貧困地域で支援活動を行っていますが、あらゆる社会問題は「利他の心+経営力で解決することで持続する活動になる」そう聞いたときは本当に衝撃を受けました。これからの活動に活かせるヒントをいつももらっています!(22歳 大学生4回生)

普段、気付かない大事なことを学べる場所

UEの東日本大震災のボランティアがきっかけで参加したのですが、UEカフェでさらに「悩んでいたり、苦しんでいる人の助けになれる自分になりたい」と思えるようになりました。 災害だけではなく「こどもの貧困」や「食品ロス」など、日本にも世界にも沢山の社会問題があることを知り、自分自身は大きなことはできないけど、まずは日常で自分ができることを考え、行動していきたいと思います。(27歳  会社員・震災支援経験)

こんな時だからこそ、必要なんじゃないかな

年代問わず「社会を良くしたい」という想いを持った熱い方にたくさん出逢えることが魅力です。利益重視の経営をしていましたが、UE-cafeでの出会いが自分の考え方を変えるきっかけになりました。「経営は社会のために」「利他の心をベースにした経営をしよう」そう思えるようになったのは、ここで出逢った方々のメッセージを聞いたからです。一人で出来ることは小さくても、志を共にする仲間と共にこれからも世のため人のためになる実践をしていきたいと思っています。(30代 企業経営者)

同じ目線でいろんな人と話ができて楽しい!

社会人・学生の垣根を越え、同じ目線でいろんな人と話ができるところが、UEカフェの好きなところです。行く度にいろんな発見や学びがあり、気づけば毎回参加しています。
貧困問題に関心があり、発展途上国の貧困地域で支援活動を行っていますが、あらゆる社会問題は「利他の心+経営力で解決することで持続する活動になる」そう聞いたときは本当に衝撃を受けました。これからの活動に活かせるヒントをいつももらっています!(22歳 大学生4回生)

私たちが創る未来とはー

― future ―
世界は今、混迷の時代を迎えています。
新たな時代・未来を切り拓くのは、この時代を生きるわたしたちに他なりません 。「新しい社会づくり」に向けての取り組みも本格化し、新たなステージの出発点にいます。

新しい素敵な仲間と出会い、そして一緒に誰もが心地よく暮らすことができる「循環型の新しい社会」を創りたい。心から、そう思っています。 

本気で社会を変える!
仲間と共に実践すること

― Social design ―
わたしたちの使命は、一人ひとりが社会のリーダーとなり、「新しい時代の潮流をつくること 」

そのためには、社会の現状を知り、想像力を持って人の痛みを汲み取ることができる心を持ち、利他の意識、内なる良心に耳を傾け、自らの生き方、在り方を問い続け、良心を判断基準とした組織的実践をすすめていくことが重要です。そして、学び続け、成長し続けること。

未来に向けて、アクションし続けています。

互いに成長し合うステージが
ここにはある!

― grow up ―
なぜ何のために、生きるのか?
この問いに答えを持つ人は多くありません。

先進国日本に生まれたこと。今の時代に生きていること。
それだけで、手にしている無限の可能性をあなたは、どのくらい理解し、実感していますか?

どんな理念を掲げ、どんな仲間と過ごすのか?それはとても重要なことです。ここには、互いに切磋琢磨できる「場所」があります。「チャレンジし続けることができるのは、仲間の存在があるから」

Gallery

過去開催の様子(※コロナ以前の写真です)
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

運営団体 ―NPO法人ユナイテッド・アース―

新しい社会モデルを創る!

ユナイテッド・アースは、NPO・NGO・社会活動家・経営者・アーティスト・学生など理念に共感する市民が集い、共に社会貢献活動を実践するための組合的機能を持つ団体(NPO法人)です。

2006年の設立以来、市民の共働によって、「心育まれる希望あふれる社会」を実現すべく、海外の貧困地域への自立支援活動や環境保護活動など、様々な社会問題への取り組みを継続してきました。


〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-7-4ハーバーランドダイヤニッセイビル21階
TEL:078-360-3358(代) FAX:078-360-3308

主な過去の支援活動

海外支援活動(2006年〜)
カンボジアやケニア、中国四川省など様々な地域への自立支援活動を展開。支援内容は図書館の寄贈や井戸の支援、貧困地域への学習支援など多岐にわたる。なお井戸支援に関しては、2020年時点で寄贈した数が100基を超えている。
東日本大震災 (2011年~2014年)
震災直後直ちに被災地に赴き、緊急物資支援から被災者サポート(心のケア)、産業・雇用の創出など、様々な活動を展開。延べ2万8000人以上のボランティアと共に支援活動を実施。
熊本地震 (2016年~2017年)
熊本県阿蘇市を拠点に学習・農業支援等に延べ3500人のボランティアと共に活動。被災家屋の清掃や農家さんのビニールハウスの復旧をサポート。「SEKAI NO OWARI」の皆さんもボランティア活動に参加。
九州北部豪雨 (2017年)
栃木県鹿沼市を拠点に災害復興支援を展開。名産のイチゴ農園を中心に、行政では介入しづらい一次産業の復興に尽力。倒れたビニルハウスや土砂で埋まったブルベリー畑等の復興支援を展開した。
西日本豪雨災害 (2018年)
愛媛県宇和島市を拠点に、延べ1400人のボランティアの方々と共に活動を展開。大きな被害を受けた名産品であるみかん農園の支援を中心に活動。行政からの初動支援が入りにくい農家でボランティアに当たった。
台風19号豪雨災害(2019年)
栃木県鹿沼市を拠点に災害復興支援を展開。名産のイチゴ農園を中心に、行政では介入しづらい一次産業の復興に尽力。倒れたビニールハウスや土砂で埋まったブルーベリー畑等の復興支援を展開した。 
コロナ禍ひとり親家庭支援(2021年~)
新型コロナ流行をきっかけに「生活を送るうえで困難な状況にあるご家庭を支援したい」との想いのもと「ひとり親世帯応援プロジェクト」を実施。クラウドファンディングによる多くの方からのご支援をいただき、53家庭89名の子ども達へ応援金の給付を完了。
支援以外の活動
平和推進活動として、毎年夏に「広島原爆の残り火」を灯し、平和について考える活動や、定例イベントとして毎年全国各地で「UEカフェ」を開催するなど、様々な活動を国内外に渡って続けている。
さらに、新しい社会モデルの創造を掲げ、自立型・循環型の環境先進タウンを全国各地に拡げるべく活動を展開している。
西日本豪雨災害 (2018年)
愛媛県宇和島市を拠点に、延べ1400人のボランティアの方々と共に活動を展開。大きな被害を受けた名産品であるみかん農園の支援を中心に活動。行政からの初動支援が入りにくい農家でボランティアに当たった。
台風19号豪雨災害(2019年)
栃木県鹿沼市を拠点に災害復興支援を展開。名産のイチゴ農園を中心に、行政では介入しづらい一次産業の復興に尽力。倒れたビニールハウスや土砂で埋まったブルーベリー畑等の復興支援を展開した。 
支援以外の活動
平和推進活動として、毎年夏に「広島原爆の残り火」を灯し、平和について考える活動や、定例イベントとして毎年全国各地で「UEカフェ」を開催するなど、様々な活動を国内外に渡って続けている。
さらに、新しい社会モデルの創造を掲げ、自立型・循環型の環境先進タウンを全国各地に拡げるべく活動を展開している。

志が繋がることで、希望の未来を創る

今、世界は大きな転換期を迎えています。

新型コロナ感染対策として、世界の100カ国以上でロックダウン(都市封鎖)が実施された結果、世界経済への打撃は非常厳しく、日本においてもコロナ関連の解雇は約10万人、企業の経営破綻は1300件を上回り、米国同時多発テロ事件やリーマンショックを超える未曾有の社会的ショックをもたらしています。


また、EUでは、ワクチンパスポートを導入する動きが急ピッチで進み、これまでのライフスタイルや社会のあり方が激変していく中、私たち人類は「これまでにない最も重要なターニングポイント」を迎えているのではないでしょうか?


ユナイテッドアースでは、これまで災害支援やUEカフェで出会った方々をはじめ、今こそ皆さんの良心のネットワークを結集し、「希望溢れる社会」の実現を心から願う市民が出会い・繋がる機会として、今回のUE-cafeオンライン開催を企画しました。

― 志が繋がることで、希望の未来を創る ―

市民運動のうねりが、今まさに世界中で始まっています...皆様のご参加をお待ちしています。

あなたの1歩を応援します。

「何かしたい」そんな想いを行動に変えませんか?
お持ちのパソコンやスマホから参加できます。
少し、不安な方は、スタッフが丁寧にご案内もさせていただきます。

安心して、お申込み・お問い合わせください。

経営者、大学教授、社会人、学生、 主婦、活動家、アーティスト、
あらゆる方が、垣根を超えて参加しています。

次、アクションするのは、あなたです!
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-7-4ハーバーランドダイヤニッセイビル21階
tel.078-360-3358
営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝)