「技能実習生」受け入れについて

環境サンアール事業協同組合

外国人技能実習制度とは?

技能実習生へ技能等の移転を図り、
その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、
我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

外国人の実習生が、日本企業と雇用関係を結ぶことで、母国では修得が困難な技能を習得することができます。期間は最長3年、技能実習計画に基づいて行われます。

送り出し機関

中 華 人 民 共 和 国 遼 寧 省 大 連 市
(ちゅうかじんみんきょうわこくりょうねいしょうだいれんし)

技能実習生を多く送り出している大連市の職業訓練学校から、
受け入れ実習生を選抜していただきます。

お申込から受入、実習開始まで

実習生の受け入れの準備期間は約6ヶ月

ご相談、お申込みいただいてから、実際に受入れを開始するまでには、
入国許可のための申請が必要となる為にお時間が必要となります。

受け入れ概要

1
お問い合わせ〜ご相談
まずは、お気軽にお問合せください

「外国人」を雇うことには手続きや募集方法などわからないことが多くあります。無料相談を実施しておりますので、受け入れについての詳細や費用などをお問い合わせください。

2
お申し込み〜求人
お申込み受付後すぐに、現地へ求人依頼致します

組合でお申込みを受付けましたら、現地、送出し機関へ求人募集の依頼をかけます。 そして現地面接実施に向けて書類選考などを行い、
候補者を選抜します。

3
現地面接 or ネット面接
現地面接またはネット面接を行います

企業様自身で技能実習生候補者と面接し、ご納得いただいた上で人材を確定していただきます。
確定すれば、実習生と受入れ契約を締結していただきます。

4
現地での日本語学習
技能実習生が決定すれば、現地講習を開始します

約3ヶ月間、現地で学校に入り日本語日本語の勉強をします。
単に日本語だけでなく、日本の生活習慣や文化についての基礎知識も身につけます。 ここでの日本語教育が技能実習の第一歩となります。

5
外国人技能実習機構等や入国管理局への申請
技能実習計画書の申請や在留資格認定及びビザの申請等を行います。

組合/実習生が入国準備を行っている間、組合では様々な申請作業を行います。企業様が作成する「技能実習計画書」とその他の資料をを外国人技能実習機構へ申請します。 計画が認定されれば、入国管理局への在留資格認定申請、ビザの申請などを行います。

≫在留資格
『技能実習1号』、『技能実習2号』

6
技能実習計画の作成
技能実習計画の作成します。

新しい技能実習制度では企業様自身が技能実習計画を作成し、外国人技能実習機構の認定を受けなければなりません。作成時の不明な点などは組合がしっかりとサポートさせていただきます。

7
入国
「技能実習生」入国

技能実習生は現地日本語学習を終え、ついに日本に上陸します。

8
集合講習
日本語及び日本文化・慣習等を集中的に講習

日本の環境で、生活しながら語学や生活習慣を改めて学び、更には地元の消防署や警察署と協力し火災訓練や交通ルールの講習等も行います。
約1ヶ月で技能実習生達はこれから日本で暮らしていく中で思わぬトラブルに巻き込まれないように様々な知識を身につけます。

9
配属、技能実習開始
1ヶ月の講習を経て、企業様に配属となります

準備期間が完了し、ついに企業様へ配属、技能実習開始です。実習生にとっても、企業様にとってもここからが、実習生活の始まりです。組合でもしっかりとしたサポートを進めてまいりますので、企業様におかれましてもしっかりとした指導もよろしくお願いいたします。

2
お申し込み〜求人
お申込み受付後すぐに、現地へ求人依頼致します

組合でお申込みを受付けましたら、現地、送出し機関へ求人募集の依頼をかけます。 そして現地面接実施に向けて書類選考などを行い、
候補者を選抜します。

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

技能実習生の受け入れについてのお問い合わせ、ご相談は
こちらのフォームよりご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
お問い合わせ(無料相談)