”さとふる”で人気の返礼品
いまとみ食料品店『梅干し』

福井県特産 三方西田梅 使用

種が小さく果肉が多いことが特徴で、その味は高く評価されています。

福井梅は古くは天保年間(1830年〜44年)より三方西田梅として親しまれ、その歴史を受け継いでいます。日本海側にありながら温暖な西田地区一帯に広がる梅林からは、全国的に有名な福井梅が出荷されるのです。

この梅干は、この福井梅の「紅サシ」という品種を使用し、色鮮やかな「ちそ」(赤紫蘇)の葉と塩だけを使って漬けこんだ昔ながらの梅干しです。

こだわり

三方西田梅を使用
使うのは全国的に有名な福井梅。福井県三方地方の西田地区でつくられる福井梅は三方西田梅として知られ天保年間(1830-44)~の歴史を受け継いでいます。

昔ながらの味
使うのは梅、赤しそ、塩だけ。昔ながらの製法で漬けこむ手作りの味です。種が小さく果肉が柔らかい西田梅の味を一層引き立てる紫蘇の香りと絶妙の塩加減。まさにいい塩梅です。

無添加!
もちろん保存料、着色料は一切なし。きれいな赤色は赤紫蘇(しそ)の葉から出るアントシアニン系のシソニンという色素の色。この色素が梅の実を独特の紅色に染めます。

商品のご紹介


梅干し【900g】
¥2,500(税込)
福井県三方地方でつくられる三方西田梅は、種が小さく果肉が柔らかい。もちろん無添加!!梅、赤しそ、塩だけで漬けています。梅の風味と鮮やかな天然の赤しその色と香りをた楽しんでください。 どれも保存料や着色料などは一切入っていません。(塩分濃度18%)
梅干し【900g×2】
¥5,000(税込)
梅干し900gの2個セット。
福井県三方地方でつくられる三方西田梅は、種が小さく果肉が柔らかい。もちろん無添加!!梅、赤しそ、塩だけで漬けています。梅の風味と鮮やかな天然の赤しその色と香りをた楽しんでください。 どれも保存料や着色料などは一切入っていません。(塩分濃度18%)

三方西田梅「梅干し」の美味しい食べ方


梅おにぎり
「梅干し」を叩いて混ぜることで食べやすくなります!
1.梅の種を除き、まな板の上で包丁で叩きます。
2.お好みでカツオ節や菜葉などを入れて混ぜます。
3.ご飯の混ぜて、握れば美味しい梅おにぎりの完成です。
梅茶漬け
梅干しと言えば白ごはんもいいですが、お茶漬けも外せません!
1.水300cc、ほんだし(顆粒)小さじ1、うす口醤油小さじ1を鍋に入れて一度沸騰させます。(市販のお茶漬けの素でもOKです)
2.茶碗にご飯を盛り、出汁を入れて、お好みでごまや海苔をかけて、梅干しを載せれば完成です。
梅茶漬け
梅干しと言えば白ごはんもいいですが、お茶漬けも外せません!
1.水300cc、ほんだし(顆粒)小さじ1、うす口醤油小さじ1を鍋に入れて一度沸騰させます。(市販のお茶漬けの素でもOKです)
2.茶碗にご飯を盛り、出汁を入れて、お好みでごまや海苔をかけて、梅干しを載せれば完成です。

梅干しの注文方法

下記のボタンをクリックして、通販サイトのページお進みください。