私たちの
教室は
地域にあります



若者とまちづくりシンポジウム
2018.3.3 SAT
13:30~16:00

申し込み

まちぴあ まちづくりシンポジウム2018 × 宇大地域デザイン科学部 地域デザイン研究会
若者とまちづくり ~学校と地域の連携から見えてくる未来~
少子化、高齢化が急速に進む日本ですが、その将来を考える上で若い世代の視点は不可欠です。県内でも宇都宮大学に新学部が創設されるなど、若者のまちづくりへの参画を後押しする環境が整ってきました。今回のシンポジウムでは、ここ数年取り組みが活発化している学校と地域との連携に焦点をあて、その概要を2つの事例を交えてご紹介致します。次の時代を担う若者、特に高校生が、身近な地域社会の現状を踏まえて課題の解決を実現している様子を共有できる機会ですので、世代を超えて多くの皆様がご参加下さいますようお待ちしております。

日程:2018年3月3日(土) 13:30〜16:00(開場 13:00)
会場:宇都宮大学陽東キャンパス アカデミアホール
定員:200名(先着申込順)
入場:無料
対象:高校生・大学生、学校関係者、地縁組織など

13:30~14:30
基調講演

「学校と地域の連携による地域課題解決への取り組み」

講師:若園雄志郎氏
(宇都宮大学地域デザイン科学部コミュニティデザイン科 准教授)

プロフィール 2010年に北海道大学アイヌ・先住民研究センター博士研究員に着任、2013年に宇都宮大学基盤教育センター特任准教授着任、同年に博士(教育学)を取得。2016年に同大学地域デザイン科学部准教授、現在に至る。専門分野は、社会教育、博物館教育、多文化共生・マイノリティ教育。

宇都宮大学地域デザイン科学部HP

14:40~15:20
事例発表

烏山高の取り組み
地域課題解決型キャリア教育「烏山学」

 将来、地域社会で活躍するリーダーを育成することを目的に那須烏山市や県内複数の大学、那須烏山市社会福祉協議会をはじめとする地域の諸団体と連携して行う、地域をフィールドにしたアクティブラーニング型の進路学習。今年度は1学年の全生徒を対象に、共通プログラム「山あげ体験学習」及び、14の選択プログラムを実施。

栃木県立烏山高等学校
 平成20年に烏山高等学校と烏山女子高等学校を統合し、男女共学として開校。地域・社会のリーダー、地域・社会に貢献する『グローカル人材』の育成に力を入れている。

栃木県立烏山高等学校HP

日光明峰高の取り組み
学校×地域連携プロジェクト

 学校周辺の花石町・久次良町・安良沢町・裏見台自治会の4自治会、安良沢小学校、日光中学校、日光市社会福祉協議会等と連携・交流し、地域の課題に積極的に関わりながら、高校生の地域社会に対する関心を高め、社会の一員としての自覚を深め、地域のために貢献できる意欲や態度を育成することを目指した活動を行っている。

栃木県立日光明峰高等学校
 平成17年に日光高等学校と足尾高等学校を統合して開校。「はつらつとした勢いのある学校」「地域に愛され信頼される学校」を目指し、特色ある教育活動に取り組んでいる。

栃木県立日光明峰高等学校HP

15:20~16:00
会場とのトークセッション
「学校と地域の連携から見えてくる未来とは?」

会場の皆さんにも参加して頂き、事例発表以外の取り組みや実際に活動して感じたことを共有します
高校生のホンネ、地域連携担当教員の苦悩、地域からの期待…待ったなしの地域課題と変革する学校教育
学校と地域が連携することで見えてくる、若者の未来像・地域のあり方とは??

会場

宇都宮大学陽東キャンパス アカデミアホール

バスのご案内
JRバス
JR宇都宮駅西口バス乗り場3番、
「工学部前」下車
東野バス
JR宇都宮駅西口バス乗り場14番
東武宇都宮線「東武宇都宮」駅バス乗り場、
「工学部前」下車
関東バス
JR「宇都宮」駅東口バス乗り場、
「宇大工学部正門」下車

※お車でお越しの際には、北門ゲートからお入り下さい

宇都宮大学HP

申込方法

フォームで

フォームに必要事項を記載の上、送信してください

Googleフォームへ

FAXで

FAX専用申込書をダウンロードの上、まちぴあへ送信してください

FAX専用申込書をダウンロード

電話で

まちぴあに直接お問合せください

まちぴあへ電話をかける

主 催
宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ
共 催
宇都宮大学地域デザイン科学部
企画・協力
宇都宮大学地域デザイン科学部附属地域デザインセンター
後 援
栃木県教育委員会
栃木県コミュニティ協会

お問い合せ

宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ

〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7
TEL:028-661-2778
FAX:028-689-2731