臓器下垂・尿漏れ・尿失禁に

ウルトラヴェラで予防・改善

ウルトラヴェラ公式サイト


ウルトラヴェラとは?

前立腺がんや子宮筋腫の治療にも使われるHIFU(ハイフ)のエネルギーを使用して、
臓器下垂・尿漏れ・尿失禁の予防・改善をする最新のシステムです。
分野のパイオニアである産婦人科・泌尿器科クリニックにて導入が始まっています。


効果

臓器下垂・尿漏れ・尿失禁の予防・改善に効果があります。
骨盤底トレーニング等で効果がなく、
でも手術を受けるほど重症でない方にオススメの施術です。



施術方法

熱の入る深さが異なる3種類のプローブを膣内に入れ、
HIFU(ハイフ)エネルギーを照射します。
麻酔不要で、施術時間は約15分。

痛みがある場合は、パワーの調整も可能です。




ウルトラヴェラを受けた感想

  • 触ってみたらふかふかになっていて、自分でも驚きました。
    乾燥した感じも治まりました。

  • 足の間に何かを挟んでいるようなぽってり感がなくなりました。

  • 尿漏れも減った感覚があり、しかも尿の勢いが良くなりました。

  • これまで長い間の移動(飛行機・新幹線)のトイレが苦痛だったのですが、
    トイレの回数が減り、楽しく旅行できるようになりました。

  • 性交時の痛みが減りました。

  • 膣の中の潤いが増したように感じます。

  • 膣内にリングを入れていましたが、いらなくなりました。

  • 臓器下垂の不快感で精神安定剤も飲んでいましたが、
    不快感がなくなり、薬もいらなくなりました。

  • 触ってみたらふかふかになっていて、自分でも驚きました。
    乾燥した感じも治まりました。

  • パートナーからも変化を指摘されました。

  • 尿失禁が気になり、手術をしようか迷っていましたが、今はこのウルトラヴェラで効果が出たので、手術はまずはしないことにしました。

  • 触ってみたらふかふかになっていて、自分でも驚きました。
    乾燥した感じも治まりました。

  • 触ってみたらふかふかになっていて、自分でも驚きました。
    乾燥した感じも治まりました。


学会でも発表されました

2018年2月17日・18日開催の第12回日本骨盤底臓器脱手術学会学術集会
みやびウロギネクリニック 井上 雅先生のご発表より

井上雅先生
「軽度の膀胱脱に対し、高密度焦点式超音波治療法(HIFU)を用いた 膣縮小術の効果」


【考察】

・HIFUは軽度の膀胱脱にたいし、膣圧を上昇させ、ある程度は有効であった。
・長期成績はまだ不明であるが、合併症もなく、外来にて無麻酔で施術可能であり、
 骨盤臓器脱治療のひとつのオプションになりうると思われた。