火山と暮らすように泊まる
ulalaかな「ふるさと」

鹿児島県・桜島で、地域住民と運営するゲストハウス。
海と畑と火山と過ごす、うららかな一日が特別な思い出をつくります。

食べる・つかる・過ごす
〜日常とあそびで非日常〜

一日一組限定一棟貸し

旧改新小学校に併設された教員住宅。
約30年前に建てられ、歴代の教員や管理職が、公私関係無く子ども達と過ごした思い出の多い建物です。

見た目はレトロですが、鉄筋打ちの屋根が平べったく桜島らしい見た目が印象的です。

価格・システム

【Go Toトラベル対象施設】

島内で一番安くて、使い勝手の良い施設を目指して運営しています。
友達家族とのわいわいお泊まりや、旅人・バイカーのちょっとした贅沢と休養に。
一棟貸しだから気兼ねなく、自宅のようにつかってもらえます。
※Gotoトラベル期間中のみ、割引価格は適用されます。
宿泊内容(1名/税込)
金額goto価格
素泊まり(平日)
2,750円 1,787円
素泊まり(金・土曜・祝日前日/2名より)
3,300円2,145円
素泊まり(平日・旅人・当日電話予約)
1,980円1,287円
☆BBQ・温泉つきプラン(中学生以上)
6,050円3,932円
☆BBQ・温泉つきプラン(小学生)
4,400円2,860円
☆BBQ・温泉つきプラン(小学生未満)
2,750円1,787円
☆BBQ・温泉つきプラン(中学生以上)
6,050円3,932円

施設の特徴

廃校(旧改新小学校)を活用した
地域活性の一環でOPEN

2014年に廃校となった旧改新小学校を活用しています。地域の魅力を、より感じてもらうために地域の方と運営しています。チェックインや釣り、まちの案内をしてくれるのは地域の“おっちゃん”や“おばちゃん”。不慣れですが愛嬌たっぷりです。自然の中に民家が溶け込む昔懐かしい風景の中で、地域の方との交流もお楽しみください。

廃校施設を有効に使った
ワーキングトリップ

ゲストハウスとは別に、本館も利用することができます。図書館を併設するデスクワークスペースと体を動かすことができるほど広い作業スペースをご用意しています。仕事・創作活動・読書など娯楽を楽しみたい。宿泊を満喫したい方に本館の利用をオススメしています。少人数の会社で、慰労と研修を兼ねた利用にも最適。

《平日》バイカー・旅人が使いやすい施設

薩摩半島と大隅半島を結ぶ桜島。バイカーや旅人はよく島を訪れ、次の行先の中継地点として宿泊されます。屋根のある駐輪場(バイクのみ)、50円で使える洗濯機、ホースや古タオルの貸し出し、天気によっての連泊やチェックアウト時間無料延長など利用できます。外やライダーハウスの宿泊に疲れて気分転換したい方におススメです。

《休前日》家族や友達ファミリーでゆっくりにぎやかに

一棟貸しのゲストハウスなので、まわりの目や子どもの騒音を気にせず過ごすことができます。校庭で遊び道具をつかって遊びまわり、季節に関係なくできる花火、夜には廃校や地域をめぐる肝試し、桜島と廃校いうロケーションで子どもは楽しめます。その間に大人は持ち寄った料理を食べ、お酒を飲み、子どもを気にせずゆっくりと過ごせます。

おめでとうございます!
3000m級の噴火で次回無料券プレゼント!!

桜島の噴火や降灰は日常茶飯事です。3000m以上の噴火になると「今日はよくあがったね〜」と住民同士で話題になります。多くの場合、灰が車にかかる程度で日常生活や観光に支障はありません。「貴重な機会に居合わせた」と祝う意味と「うちの奴がご迷惑をかけました」の火山のかわりに謝意を込めて、次回無料宿泊券を贈呈しています。

歩いていける地域のご紹介

畑や農作物
灰が積もり、半分程度埋まった桜島小みかんの木。灰の影響を受けないように、袋がされるびわの木。どちらも桜島の風景です。少し坂を上がると錦江湾と過疎の進んだ静かな集落が見え、島内の暮らしを垣間見ることができます。(徒歩5分)
海・避難港
近隣の港は、火山が噴火した時に船で鹿児島市に渡る「避難港」として3箇所設けられています。魚釣りフリークのメッカとして広く知られており、時間とエリアによっては激しい場所取りが行われます。地元の人しか行かない岩場もあり、そこには…(徒歩5分)
古里温泉
近隣には2軒のホテルがあり、温泉や食事を楽しむことができます。露天風呂では、まるで錦江湾に抱かれるような感覚を覚えます!!日によってお湯の色が茶褐色から透明に変わり、火山の温泉ならではの泉質です。(徒歩10分)
林芙美子文学碑・古里公園
幼少期は桜島で過ごし「花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき」という言葉で有名な作品「放浪記」を1930年に執筆。数少ない戦前の女流作家として、貧しい当時の生活のユーモアを交えた口調で書かれる本書は今もファンが多い。広々使える手軽な公園も魅力的です。(徒歩10分)
有村海岸
海に足を入れることができる砂浜。あたり一帯は、硫黄の匂いがする桜島ならではの海岸。さらに、土を掘ると温泉が湧き出てきます。温泉掘りセットも貸し出しているので、ぜひ「マイ温泉」をつくりお楽しみください。上流から流れてくるものは…(自転車で8分/車で3分)
有村展望台
桜島の全景を見渡すことができる、島内で指折りの展望所。反対は錦江湾を眺望でき、天気が良いと薩摩富士と呼ばれる「開聞岳」を見ることもできます。2018年にNHKで放送された「せごどん」のポスターにも起用された場所。歴史好きにもオススメです。(自転車で15分/車で5分)
古里温泉
近隣には2軒のホテルがあり、温泉や食事を楽しむことができます。露天風呂では、まるで錦江湾に抱かれるような感覚を覚えます!!日によってお湯の色が茶褐色から透明に変わり、火山の温泉ならではの泉質です。(徒歩10分)

宿泊者・地域住民の声

火山の島に住む?!私は都会っ子のため、全然イメージがわきませんでしたが、地元の方がごくふつーに火山と共存していること、溶岩の大地に生える(映える)緑や作物の豊かさに、桜島のファンになりました。灰まみれになりながらの自転車で一周(36㎞)や、ランニング桜島(ハーフマラソン)、椿畑の草刈り…。なにかと通っていますが、まみれない楽しみ方もあるので、五感をフルにして楽しんで欲しいと思います。
鹿児島県在住 門間さん

就職とともに地元を出て、製造業で働き、定年とともに帰郷しました。今は畑をしながら、余裕を見ては釣糸を垂らす、自適な時間を過ごしています。この地域は火口から近く、傾斜があり畑がひな壇状になっていることから湾に向けての眺望も絶景。錦江湾は凪な内海で、水中の植物や生き物がたくさん生息するので、魚の種類も大きさも潤沢です。車から降りた桜島を満喫してください。

地域住民 山下さん

運営者のご挨拶

祖母宅があったことがきっかけで、3年前から桜島に住んでいます。島内に住んでいることを話すと、県内の人からも驚かれます。そして「桜島は行くところではなく、見えるところから見るものだ」と多くの人が考えていることを感じます。近隣に住んでいる人にとって島内に用事はなく、改めて観光する機会が少ないことも分かりました。

「もっと島内を身近に感じ、楽しんでもらうことはできないか?」と考え、2020年より廃校の元教員住宅をゲストハウスとして運営することになりました。「手軽に泊まれる」「いつもと違う夜を感じる」「桜島でしかできないことができる」施設を目指して運営をしていきます。

卒業生である地域住民と「適度に自由に。適度におせっかい。」を合言葉に運営します。すこし足を伸ばして、桜島の隠れ家的なゲストハウスへ、ぜひお越しださい。

一般社団法人フォークロアフォレスト
代表理事 米藏雄大

よくあるご質問

  • Q
    鍵の受け渡しは、どのように行いますか?
    A
    チェックインは、事前に7桁のナンバーを伝えますので、解錠し施設にお入りください。宿泊時に管理人が挨拶に伺いますので、簡単な説明を受け、お金をお支払いいただきます。
  • Q
    建物は何人で泊まることができますか?
    A
    寝室には5人まで宿泊できます。平日は1名でも宿泊ができ、他お客さんとの宿泊可否を予約時に確認しています。一人で宿泊も、他の人との交流もできるゲストハウスになっています。
  • Q
    費用のお支払い方法を教えてください。
    A
    現在は現金のみの取り扱いとなっています。今後、電子マネーやクレジットカードの利用を整えていきます。
  • Q
    キャンセル料金について教えてください。
    A
    当施設は一棟貸しのため、当日・前日キャンセルがあると大変困ります。そのため、理由にもよりますがキャンセル料をいただいています。当日キャンセル・不泊は100%、前日は50%、1週間前までは20%の料金を頂戴しております。ご理解のほどよろしくお願いします。
  • Q
    建物は何人で泊まることができますか?
    A
    寝室には5人まで宿泊できます。平日は1名でも宿泊ができ、他お客さんとの宿泊可否を予約時に確認しています。一人で宿泊も、他の人との交流もできるゲストハウスになっています。

アクセス

鹿児島市内から最速45分で到着します。
①鹿児島フェリーから桜島へ
鹿児島港から20分で到着
(大人200円/子供100円) 

車長4mまで…1400円
5mまで…1950円(片道)
(上記金額に、同乗者の運賃) 

②桜島から施設まで
◎自動車…車で10分。
右手に校舎・看板が見えます。

◎鹿児島交通バス
「桜島港」→「改新校前」バス停
下車徒歩30秒(大人300円/子供150円)

(行き)桜島港→改新校前
6:30 7:05 8:45 9:35   11:30
14:30 15:40 17:50  19:45

(帰り)改新校前→桜島港
6:25 8:05 8:50 11:00
14:00 15:10 17:20 19:20

住 所:鹿児島県鹿児島市古里町242番地
電 話:080-6955-1688
メール:info@folklore-f.org
担当:米藏雄大

ご予約・宿泊状況確認
お問い合わせ

その他に不明な点は、メール・お電話にでお気軽にご連絡ください。下記サイトからは、予約状況の確認や予約をすることができます。