ケフィア豆乳ヨーグルトについて

ケフィア豆乳ヨーグルト とは、ケフィア種菌という菌を豆乳に入れてできるヨーグルトのことです。そもそも、ケフィアとは何でしょうか?
どんな人にお勧めか?管理栄養士目線で分析しました。

ケフィア豆乳ヨーグルトはどんな人におすすめか。

ケフィア豆乳ヨーグルトとは、ケフィア種菌という菌を豆乳に入れてできるヨーグルトのことです。

そもそも、ケフィアとは何でしょうか?

ケフィアは、長寿の場所として有名なロシアのコーカサス地方で作られたヨーグルトのことです。このケフィアは毎日摂ることで、腸の状態が良くなり便秘を改善し、美肌効果におすすめができます。

ケフィアだけでも体に良いのに、牛乳ではなく豆乳を使うのでさらにメリットがあります。

豆乳には、イソフラボンが豊富に含まれていますが、コレステロールは含まれていません。イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするので更年期の方や月経が重い方におすすめです。

豆乳には、血液中のコレステロールをコントロールもする働きもあるので、動脈硬化予防にもおすすめです。

さらに、牛乳から作られているヨーグルトよりもカロリーが低いのでダイエット中の方にもおすすめができます。

牛乳アレルギーの方でも、安心してヨーグルトを食べることができるのも、このケフィア豆乳ヨーグルトの魅力ですが、豆乳には大豆が含まれているので、大豆アレルギーの方は豆乳ではなく、牛乳やアーモンドミルクなどにケフィアを入れてヨーグルトを作ってみてください。

ケフィア豆乳ヨーグルトの販売画面へ

配合成分から見てどのような効果が期待できるのか。

ケフィア豆乳ヨーグルトにはヨーグルトよりも多くの乳酸菌が配合されており、4種類の乳酸菌と3種類の酵母が共生発酵されてケフィア豆乳ヨーグルトは作られています。

これらの、配合成分にはたくさんのメリットがあります。

 

乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。ケフィアを摂ることにより、腸内の善玉菌が増え、腸のぜん動運動に働きかけ、便秘解消に効果が期待できます。善玉菌が増え、悪玉菌が減るので自然に、悪玉菌によって作られるニキビやシミが減り、お肌の調子を整えるビタミンやミネラルの吸収がよくなり、美肌やシワ、タルミにも効果が期待できます。

 

酵母は便秘を解消し、ダイエットに効果があります。さらに疲労回復や美白、美肌効果や活性酵素の除去なども期待ができます。

 

これらの配合成分は花粉症などのアレルギーを軽減したり、免疫力をあげる効果にも期待ができます。

 

ケフィアには、乳酸菌だけでなくたんぱく質やカルシウム、ビタミン類、葉酸などの栄養が豊富に含まれています。

 

たんぱく質は、皮膚や骨など体を作るのに必要な栄養素です。

 

カルシウムは、イライラを減らす効果があったり、骨粗しょう症の予防に期待ができます。

 

ビタミンB群は脂質の代謝や肌荒れにも効果があり、美容効果が期待できたり、疲労回復や内臓脂肪の蓄積予防にも効果があり、ダイエットにも期待ができます。

 

葉酸は、貧血や動脈硬化予防に期待ができます。さらに、妊婦産婦初期の方には特に必要となっていて、葉酸をしっかり摂ることで胎児の神経管の発育不全のリスクを減少できます。

管理栄養士としてのアドバイス!どのような使用方法が良いのか!

ヨーグルトですが、皆さんはいつ食べますか?朝ヨーグルトという言葉があるように、朝派の方が多い気がしますが、実はヨーグルトは夜の方が効果があります。

腸は、寝てから4時間ほどは活発に動いてくれますので、夜に食べたものは寝ている間に小腸から大腸に届けられ、翌朝の排便につながります。

しかし、寝る3時間前は控えましょう。それは、日中は家事や仕事などでカロリーを消費していますが、寝る前に食事を摂ると食べたものが消化されずに体に蓄積してしまい、太りやすい体になってしまうからです。

 

ダイエット中の方は特に、空腹を紛らわすときに食べられる方が多いヨーグルトですが、必ず食後に食べましょう。

空腹時は、胃酸が溜まっているので、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が胃酸により死滅し腸まで生きて届きません。朝ご飯はヨーグルトしか食べない人は、常温のお水か白湯を飲んでからヨーグルトを食べるようにしてください。

 

市販のヨーグルトだと砂糖がたくさん入っていますが、このケフィア豆乳ヨーグルトは、自分で材料も入れるので、砂糖ではなくはちみつや、オリゴ糖を入れるなど工夫されてみてもいかがでしょうか。

はちみつには、ビタミンB群やミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているため美肌に効果があります。また、はちみつに含まれているグルコン酸は、善玉菌を増やす働きがあり、ダイエットにも効果があります。

しかし、はちみつを加えた場合は、一才未満のお子さんには決して与えないでください。
はちみつには、食中毒を起こすボツリヌス菌が極微量ですが含まれています。大人が食べても大丈夫ですが、一才未満のお子さんは、腸内環境が整っておらず免疫力も低いので、絶対に食べさせてはいけません。

オリゴ糖は、食物繊維が豊富に含まれており、善玉菌のエサになるので、腸内環境が整い体の代謝が良くなります。
また、血糖値が急上昇すると、血糖値を下げるために体に糖を取り込み脂肪が増えてしまいますが、オリゴ糖は血糖値の上昇を防ぐ働きもあるので、脂肪の蓄積を未然に防ぐことができます。

 

ケフィアに含まれている栄養素の一つの葉酸は、ビタミンB12と一緒に摂取をすると、血液を作り悪性貧血の予防にもなります。
ビタミンB12は貝やレバー、内臓をまるごと食べる鮎などに多く含まれますが、野菜などの植物性食品には含まれないので、ベジタリアンの方などは、サプリなどで摂取するなど工夫されてみても良いでしょう。

もっと詳細を知りたいという方は、管理栄養士総監修の菌活サイトのケフィア豆乳ヨーグルトで作る菌活を管理栄養士がアドバイスをご覧になってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ケフィア豆乳ヨーグルトの魅力は伝わりましたか。

ケフィア豆乳ヨーグルトは、こんなにも魅力があるのに、日本で乳酸発酵をするときに、炭酸ガスを作り容器に入れておくと破裂するために販売はできません。しかし、ご自宅でヨーグルトメーカーがなくても、種菌のケフィアを入れるだけで簡単に作れます。

 

ご家庭で豆乳ヨーグルト作りに挑戦されたことがある方ならご存知かもしれませんが、豆乳ヨーグルトには、豆乳の青臭いにおいが残ります。しかし、ケフィア豆乳ヨーグルトのケフィア豆乳種菌には、青臭さを抑える果汁由来の香料も最小限含まれているので、今までの豆乳ヨーグルトは匂いが臭くてという方も、ぜひケフィア種菌で再度挑戦してみてください。

 

シミやシワなどの美容効果があり、便秘解消してダイエット効果もあるケフィアヨーグルトを毎日おいしく摂取してくさい。毎日摂ることで、腸内環境も整いビタミンやミネラルを体に取り込み免疫細胞を活性化し、活性酵素を除去し疾病予防にもつながります。

 

良いこと尽くしのケフィア豆乳ヨーグルト、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。