転職活動準備ガイド

あなたのための転職情報配信サイト

転職のポイント

転職の目的が明確

転職で成功する人は、転職の目的が明確です。
キャリア優先か、収入アップか、人間関係の再構築か
優先順位がはっきりしています。
目的が明確な人には必要な情報が集まります。

転職に成功するには、
まず「自分の理想のゴール・妥協できる点・妥協できない点」を
はっきりと決めることが大切です。

応募~面接までのシーンで細やかな気配りができる

転職で成功するには細やかな気配りも必要です。
転職で成功する人は
簡潔で読みやすい応募書類を作る、受付訪問時や
待ち時間の立ち居振る舞いに気をつけるなど
面接以外のことにも気を配ります。

気配りの行き届いた人ほど転職に成功する確率が高くなります。

「貢献したい」という気持ちを打ち出す

転職に成功する人は、「貢献したい」・「役に立ちたい」という表現を
好んで使います。
相手に対してプラスを与える姿勢で転職に臨んでいるのです。

採用担当者は、自分のスキル・経験でできる限り
相手の役に立とうとする姿勢がある人を歓迎します。

誤字脱字はご法度。書類の書き方で仕事シーンがイメージされると心得る

書類やメールの誤字脱字はご法度です。
入社してからの仕事でもミスをすると判断されます。
優良企業になるほど細かい点もチェックします。
「神は細部に宿る」という言葉があります。

転職で成功するには小さいことをおろそかにしない姿勢が大切です。
今、目にしているのは書類でも、その先には人がいることを意識しましょう。

転職理由はポジティブな内容に。前の会社の否定は厳禁!

転職で成功するには、転職理由をポジティブに説明する必要があります。
たとえ、前の会社がブラック企業であったり、
人間関係が悪かったりしても一切それに触れてはなりません。
なぜなら、完璧な会社などそうなく、人間関係のいざこざは
どこでも起きる可能性があるからです。

「新しい仕事にチャレンジしたいた」「グローバルに働きたい」など
徹頭徹尾ポジティブな理由で通してください。

志望動機には「役に立ちたい」「貢献したい」という言葉を使う

転職で成功するには、
自分を採用したらこんなメリットがあると伝える必要があります。

転職で成功する人は、
職務経歴書の自己PR欄の最後を「貢献したい」という言葉で
締めくくる傾向があります。

「貢献したい」「役に立ちたい」という言葉は
自分の能力をPRすると同時に、謙虚さも感じさせる素敵な言葉です。
ぜひ、使ってみてください。

転職活動も仕事も基本は同じ。
情報収集力やプレゼン力、細やかな気配りが必要です。

採用する側はスキルと同じくらいに人柄や社風とのマッチングも重視します。
小さなことにも十分目を配り、真剣に転職活動に取り組みましょう。

もし、天職に就きたいと考えるなら
探すことに一生懸命にならないように気を付けてください。