こんなお悩みありませんか?

歩くのが大変
腰が痛くて運動できない
運動は何をしていいかわからない

いつまでも健康でいたい
自宅で元気に過ごしたい
楽しく体を動かしたい

ひでのやま機能訓練
リハビリデイサービスは
「ずっと健康で自宅で生活したいという想いを叶える」デイサービス。
不安なまま過ごす日々を終わりにしませんか??

しっかり体を動かして、ご自宅で過ごせる体づくりをしていきましょう!!

管理者・機能訓練指導員
山本 忠臣

福島県民のメタボリック症候群の割合(2015年厚生労働省調査)は17.1%で、全国ワースト3位です。これは、震災後の影響により、運動量の低下や食生活の変化によるとも言われており、この体重の増加から膝痛・腰痛を発症している高齢者が増加しています。
また、震災時の避難所において、高齢者が体を動かす機会が少ないため、むくみやエコノミー症候群の発症や、筋力の低下スピードが促進し、避難所に来た当初は歩けた高齢者が短期間のうちに歩くことが困難になる例が急増しました。

【要介護・要支援・事業対象者改善のためのプログラム】
避難所においてマッサージのボランティア活動をする中で、高齢者の方々の運動不足による急速な機能低下を目の当たりにして、日常的な運動の必要性を強く感じたことから、生活機能向上を目的とした訓練を重視するデイサービスを平成26年から開始しました。


山本忠臣(やまもとただおみ)
昭和53年6月29日
【資格】
柔道整復師
介護予防運動指導員
健康運動実践指導者
全米ストレングス&コンディショニング協会資格
日本ストレッチング協会インストラクター資格

電話:024-953-8775

ご利用時間
月〜金
午前の部  
9:00〜12:10

午後の部
13:30〜16:40

土曜日
午前のみ 
9:00〜12:10

定休日
日・祝・お盆・年末年始

ボタン

ひでのやま機能訓練リハビリデイサービスは何故介護予防に効果が高いのか?

POINT

1

生活向上機能向上のための運動に特化している。

POINT

運動後の体のケアを国家資格者(柔道整復師)がするので安心して体を動かせる。

POINT

個別対応で自分にあった運動ができる。

POINT

様々な機器により血流の促進を図り体に疲れを残さない。

ひでのやま機能訓練リハビリデイサービス
施設内

STEP

1

JRバス帝京安積高校

郡山駅前から3番線のバス乗り場からおよそ15分でJRバス帝京安積高校前に到着

STEP

バス停目の前の信号を左折

STEP

しばらく直進です

およそ200 mくらい真っ直ぐ進んでいきます。

STEP

2分歩くと看板が見えてきます

看板は上にありますので通り過ぎないようにしてください。

STEP

到着です

到着です。お疲れ様でした!!

STEP

1

JRバス帝京安積高校

郡山駅前から3番線のバス乗り場からおよそ15分でJRバス帝京安積高校前に到着