共有持分を買取してもらいたい!
大阪でおすすめの業者をご紹介

事情があって共有持分を売却したい……。でも、なんだか親族とトラブルになりそうだし、そもそもどんな業者に依頼すればいいのか分からない!この記事ではそんなお悩みを抱えている方のために、共有持分を売却するときの業者の選び方や、もし共有持分についてトラブルを抱えてしまったときはどうすればいいのかを解説していきます。相続などで共有持分の権利を得た方などの参考になればと思います。

そもそも共有持分ってなんのこと?

そもそも共有持分という言葉を初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれません。共有持分について簡単に説明すると、ある不動産を複数人で所有しているときに、各人が不動産を所有している割合のことを指します。

共有持分権を設定することのメリットとデメリット

共有持分・共有名義にすることにより、さまざまなメリット・デメリットが発生します。共有持分はトラブルになりやすいため、マイナスなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実はメリットもたくさんあるのです。

・共有持分のメリットとは
共有持分のメリットとは、なんと言っても「相続税が節約できる」ことではないでしょうか。例えば、兄弟2人で暮らしている家があったとし、兄の単独名義だったとします。兄がその後亡くなった場合、残された弟は相続税をまるまる支払わなければいけません。しかし、あらかじめ兄と弟で共有持分を決めておけば、弟が既に所有していた持分については相続税が発生しないのです。また、万が一物件を売却するのであれば、譲渡税の特別控除を人数分受けることができます。その際には確定申告が必要となりますので、申告で不安な点があるなら税理士などの専門家に相談するといいでしょう。

・共有持分のデメリットとは
共有持分のデメリットとしてまず考えられるのは、「将来的に相続人が増え、権利が複雑になる」ことでしょう。いざ相続の段階になっても権利が複雑に設定されているとトラブルの原因となりかねません。また、不動産そのものを売却しようと思っても、他の名義人が同意しなければ不動産全体を売却することはできません。自分の持分だけを売却することは不可能ではありませんが、通常の評価額よりも安く買い叩かれてしまうケースが多いので注意してください。

共有持分によりこんなトラブルが発生することも……。

共有持分に関するトラブルで最も考えられるのは、「相続の際に親族ともめる」ことではないでしょうか。共有持分に関係なく相続でトラブルが発生するのはよくあることです。しかし、それ以外にも共有持分に関してさまざまなトラブルがあるのです……。

・自分以外の名義人と連絡がつかなくなる
とある事情で失踪してしまい、自分以外の名義人と連絡が一切つかなくなってしまったと思ったら、その人の共有持分がいつの間にか売却されていた、なんてこともあります。知らない人と共有名義にするのはなんだか気分が悪い……。そんなときは業者に依頼して、共有持分を売却してしまうという方法を取ります。

・共同で物件を相続したものの、誰も活用しない
相続により共同で物件を相続したけれど、お互いに遠慮したり、生活圏から遠かったりして誰も活用しないというケースもあります。そのような場合はあらかじめ共有名義人で話し合い、最終的に業者に依頼して物件を売却することになります。

共有持分の相談はどこに相談すればいい?業者の選び方って?

共有持分のトラブルが発生したら、まずはどのように解決するかを考えます。具体的には、弁護士に相談する、持分を譲渡する、そして業者に売却するという方法が挙げられますが、売却する場合どのような業者を選んでいいのか分かりませんよね。この項では共有持分の買取業者の選び方を簡単にまとめました。

・対応事例の数が多い
共有持分の売却に関しては何かとトラブルがつきもの。そのため、できるだけ買取の件数が多い経験豊富な業者に依頼するのがおすすめです。実績が多くあれば、それだけさまざまなケースに対応してくれます。

・査定がスピーディー
共有持分の売却はできるだけ早く終わらせてしまいたいもの。それなら査定は早ければ早いほどいいですよね。特に早さをウリにしている業者は、おおむね1日以内で査定額を提示してくれますし、簡易的な査定であれば1時間程度で行ってくれることもあるようです。
大阪で共有持分の買取について悩んでいるならこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

この記事では共有持分の売却を考えている方に向けて、
共有持分の買取業者の選び方などを簡単に解説しました。
共有持分についてはどうしてもトラブルが起こりやすいもの。
権利者同士でしっかりと話し合い、時には第三者に介入してもらい
解決へ進んでいく必要があるでしょう。
そのような場合は今回紹介した業者にまずは連絡してみることをおすすめします。