Counseling

20年で1万セッション以上提供してきたロンドン在住の臨床心理士

大切にしていること

ご自分の心と向き合いやすい場になるようにつとめています。

例えば、何気なく話しているうちに、これまで気づかなかった自分に気づいて、これまで気づかないようにと潜在的に費やしていたエネルギーを解放し、気楽に生きるきっかけの場になればと思っています。

お一人お一人を尊重しながらも、ゆるい感じで応対することがあります。

こういったことを望まれている方へ

・自分の心と向き合いたい。自分のことを
 もっと深く知りたい

・意見されずにただ自分のことを話したい

・心理学的な視点からどういうことが自分
 の心に起きているか知りたい

・自分の可能性に気づきたい

・落ち着いて誰かと話せる時間が欲しい

・ご自身、あるいま周りの方が病院受診や
 カウンセリングが必要か知りたい

カウンセリング後の変化

・こんな自分の気持ちがあるんだということに気づけた。

・何が自分の中で引っかかっていたのかがわかった。

・自分を大切にしようと思えるようになった。

・許せなかった自分を許せるきっかけになった。

・希望が見えた。

クライアントの方の声

「どんな内容でも優しく受け入れてくださり、とても心強く感じました。どんな方向にでもそっと導いてくれるような安心感もありました。」

「自分で話して潜在的なものが表に出てきて、自分でもこんなこと思ってるんだとびっくりした。聞いてもらえたり、フィードバックがあることで、どこかで自分の答えを持ってるなと思った。」

「上手く聞き出して下さってとても良かったです。自分と同じ目線からみるだけでなくて、自分を客観視させてもらった様な感覚でした。」

「自分の気付かなかった葛藤に気づいて困ってることの突破口が見えた。」

「自分にも長所があるんだと思えた」

【推薦の声】

株式会社コーデュケーション代表取締役 石川英明

「臨床心理士」に「カウンセリング」をしてもらうというと、何か自分が病的なものを抱えていて、それを治してもらうものだ、というようなイメージを持っている方もいるかもしれません。

私も橋本さんにカウンセリングをしてもらったことがありますが、カウンセリングと言うのは決してそういうものには限らないのだな、ということを実感しています。

もしかしたら言葉としては「コーチング」といった言葉のイメージを持ってもいいのかもしれません。自分の個性が分かったり、自分の本音の夢を思い出せたり、そういうことはコーチングの領域と思っている人も多いかもしれませんから。


私は、知人友人にコーチや講師、カウンセラーといった職種の人が多いのですが「ホントのホントに聴くプロ」と思える方は、正直限られています。(実際に、ご紹介するコーチやカウンセラーはほんの数名です)

そのうちの一人が橋本さんなんですが、やっとこうやって自分のページを持ってくれて「遅いよ、もう」と個人的には怒っております(笑)


結局、答えみたいなものは自分自身の中にしかないんですよね。ホントにどうしたいのか。ホントにどうしたらいいのか。それは、自分の中にしかないし、自分でしか決められないものです。

どれだけ素敵なアドバイスをされたって、自分が腑に落ちなかったら、自分にとっては無用の長物です。

かと言って、自分一人で悩んでいても堂々巡りになってしまう。

そんな時に「聴くプロ」の価値があるんだろう、と思っています。

仕事のこと、人間関係のこと、将来の夢のこと、お金のこと・・・・色んなことについて悩んだり、考えたりすると思うのですが、そんな普通の日常の延長線上で気軽に臨床心理士を使ったらいいんだと思います。

そして、私としては、この人は心からお勧めできるのです。

臨床経歴

上智大学大学院心理学専攻を修了。2000年に臨床心理士の資格を取得。総合病院、心療内科、精神科にて10年間勤務。その後、カウンセリングオフィス・こころのドア、明治学院大学大学カウンセリングセンターにてカウンセリングを行う。カウンセリング1万セッション以上を経験。その間1000時間以上の研修、スーパービジョン500時間以上を受ける。2014年より英国国立Tavistock and Portman Trust にて精神力動的精神療法トレーニングコースにて3年間研修を積む。ロンドン在住。

セッション料金体系

スカイプ・対面

初回から3回目まで:60分7,000円

4回目以降:60分10000円

※事前のお振込をお願いしております

詳細についてはお問い合わせください。

セッションのお申込み・お問い合わせ

takainquiry@gmail.com