打越氏(内越氏)は、清和天皇及び物部氏族熊野国造系和田氏を源流とし、南北朝の動乱を契機として、河内(甲斐)源氏流小笠原氏(本姓源氏)と楠木正成の弟又は従弟・楠木正家(本姓橘氏)とが姻戚関係を結んで発祥した氏族であり、戦国時代、小田原征伐、関ケ原の戦いなどを契機として出羽国由利郡で勢力を伸ばし、1系統16流(本家3流、分家13流)の系流に分かれながら日本全国へ進出して行った同祖同根の氏族です。現代に残る限られた古文書等から、その歴史的な事跡を明らかにします。
電子書籍BOOK☆WALKER<第3版/無料>
      Google Play ブックス<第3版/無料>
      Kindleストア<第3版/無料>
紙書籍 Amazon<第3版/3307円(税込)>
※全国の所蔵図書館(2020/12/20現在)
国立国会図書館、秋田県立図書館、由利本荘市立図書館、石川県立図書館、茨城県立図書館、長野県立図書館、浜松市立図書館、大阪府立図書館、河内長野市立図書館、神戸市立中央図書館、大和郡山市立図書館、和歌山市民図書館、新宮市立図書館、田辺市立図書館、鹿児島県立図書館  など