配達員Yoshiyukiのページ

このページは、配達員として頑張っているYoshiyukiのページです。いわゆる自己紹介・プロフィールです。
配達員で料理を運んでいるのに、もの凄く警戒されていると感じられたため、自分を知ってほしくてページを作りました。

面白い情報(ペライチで公開バージョン)

プロフィール写真も含めて、かなり怖い人に見られているようで、自転車で走ってると、歩行者などに凄い警戒されますが(小学生に防犯ブザーを鳴らされた経験あり)、昔はこんな顔ではありませんでした。

(以下、ペライチで公開できる内容に書き換えています)
もう20年以上前からあることに悩まされていますが、それより前の10年近くも別のことで悩んでいました(合計30年以上)。その10年近く悩んでいたことが解決しそうなときに、抜け駆けが起きたため、そこからさらに20年以上も悩まされることになりました。そういう問題を耐え続けてきたため、今の顔になってしまいました。おまけに、今でもたまに、それに関する存在が夢の中に出てくるため、思い出して苦しむこともあります。これは、例えるなら禁酒や禁煙など、守るのが難しいと言われているものを耐え続けるようなものです。自分の場合、小さい頃から好きなものなので、それから離れる、耐え続けるのは極めて難しく厳しいです。今までにいい出来事、いい思い出が無さすぎて、今の状態になったとも言えるでしょう。その他にも、酷い顔になってしまう原因はいろいろあります。

※お断り・禁止などを守らない人が多い
以前、完全歩合制でチラシポスティングをしていたことがありますが、集合住宅には行かず、一戸建てのみに、ポストの表示もすべて確認して、禁止やお断りの表示があるポストには配らないことをルールとしてましたが、自分は防犯も考えて集合住宅には行かないのに、集合住宅に無断で入ってのチラシポスティングや訪問販売などが多いこと、お断りなどのステッカーを無視する人が多いことなど、そういうことに対してイライラし、あるいは、普段も疑心暗鬼で、外で物音がすれば部外者かと警戒したり、心が休まることが全く無いため、酷い顔になりました。
ポストにもインターホンにもお断りステッカーを貼っていますが、足立区ではほとんど効果がないようです。何度も何度も無視され続ければ、誰でもイライラして酷い顔になります。

※宣伝・広告・CMに対しての不満
以前、自転車を使った広告サービスを個人でやっていましたが、テレビで取材を受けて放送されたものの、結局スポンサーは付きませんでした。1年間ほど走り続けましたが(スポンサー募集やタイアップのみ)、結局お金にならずに辞めてしまいました。が、自分は排気ガスを出さないエコ広告として走っていたものの、エコを考えない広告が多いことに不満があり、エコで頑張ってるのになぜ?という思いがあって、嫌な思いをしています。
この自転車の広告、1年間続けた結果、体重が70か80kg台だったものが、最大で53kgほどに減り(針で表示のアナログの体重計による数値)、かなりダイエットにもつながっていました。しかし自転車の広告をやめてからは体重がもとに戻り、かなり増えました。(チラシポスティングをしていたとき職務質問を受けたことがあり、身分証明書を見せたところ「太りましたか?」と言われたほどです。)
また、広告は、バナー広告や動画広告では、なぜかいつもお金・金融や仕事、住宅販売・売却などに関するものなどが表示され、うんざりしているのにどうにもできないこと(興味があるのは映画や音楽、スポーツ、ラジオなどですが、Googleの広告設定でオフにしている要素ばかりが、なぜか広告として表示される)、テレビを見ていればテロップもなくいきなりCMに入る手法が気に入らず(昔はCM前には必ずテロップなどがあった)、これも顔が酷くなっていく原因なのかもしれません。

※まじめにやってるのに警戒される世の中
自転車では道路交通法を極力厳守して、車道の左側を走り、信号も守り、標識も守り(例えば止まれの標識で止まるなど)、まじめにやっているのに、なぜか顔だけを見て警戒する人が多いのが嫌ですが、
資源ごみを持ち去ったり、違法な広告を使ったりしている人が何も警戒されないのが納得できません。

ほかにもいろいろあるかもしれませんが、自分が酷い顔なだけで周りに警戒されるのは、顔だけで何もかも判断する人が多い世の中なので仕方がないのでしょう。
自分は怒っているわけでも、人に危害を加えることも無く、心の中は平穏です。それをわかってほしいです。始めの方にもありますが、あまりにもいい出来事やいい思い出が無く、明るくなれることが無いためなので、そういう事情もわかってほしいです。

その他の経験(これもペライチで公開バージョン)

今は、会社、法人向けの各種サービスの取り次ぎや、動画投稿サイトやSNSに、自転車の車載動画の投稿などをしています。このほか、遠い昔ではありますが、とあるアートのスクールの初級コースとホビーコースを受講した経験があります。(ただし、今はほとんど忘れてますが…)
ルーズリーフにひったくり防止のアドバイスを載せて無料配布もしてましたが問い合わせはありませんでした。あと、自分のサイトの広告を載せた振り込め詐欺防止のチラシ配布をしたこともあります。

ドライバーとして働く理由

今現在、会社・法人向けの各種サービスの取り次ぎをしていますが、全く問い合わせがありません。ネットの広告や新聞折込も利用しましたが梨のつぶて。年賀状を使ったりダイレクトメールも送りましたが返信なし。宅配買取のチラシ配布もダメで、以前は自転車に広告を付けて走ったり(排気ガスを出さないエコ広告としてテレビの朝の番組で取材も受けた)、ひったくり防止のルーズリーフ無料配布や、自販機無料設置その他いろいろやりましたが収入にならず、このままではいけないと、別のビジネスの資金も作りたいという目的と、国民年金保険料などの支払いができるようになればという思いで、配達を始めました。

配達に関して

配達に関しては、配達の依頼を受ける前に、除菌のウェットティッシュで自転車のハンドルを拭く、手指も同じように除菌のウェットティッシュで拭く&手指の消毒をするハンドジェルの使用などをして、口やのどの殺菌スプレーで口の中も清潔にして、できるだけ清潔になるように心がけています。(ちなみに1回の配達の度に毎回行います)
自分の見た目は、人によっては酷く見えるかもしれませんが、清潔には心がけていますので、ご安心ください。

おまけ:デリバリーアプリで配達するのに役立ちそうなアプリ

  • 「KillApps : Close all apps running」
    これは、ボタン一つで不要なアプリを強制終了するアプリで、ウィジェットでボタンを設定しておけば、ボタンのタップだけで、設定したアプリを強制終了できます。「一度起動すると強制終了するまで動いたままのアプリ」を止めたり、できるだけ不要なアプリを停止して動作を軽くして、コンディションが良好な状態で配達をしたい場合に便利だと思います。
  • 「Wifi AP Switch」
    これは、不要なWi-Fiに接続できないように、一時的にWi-Fiスポットを無効にできるアプリで、例えば、配達中に弱い電波のWi-Fiスポットに自動接続してしまい、通信に問題が起きるなど、通信に関するトラブルを防ぐことができます。接続したことのあるWi-Fiスポットは記録に残るため、再度Wi-Fiをキャッチすると自動で接続してしまいます。おまけに、無料のWi-Fiスポット接続アプリを起動しているときは、認証が自動で行われて普通に接続できるのですが、弱いWi-Fiスポットの場合、認証がうまくいかずに接続と切断を繰り返すなど、通信がうまくいかなくなる場合があるため、不要なWi-Fiスポットをあらかじめ無効にしておくことで、配達中の通信状態を維持することができます。アプリでは、Wi-Fiスポットを切り替えスイッチで自由に無効にしたり有効にしたりできるので、配達中に勝手に受信して問題が起きそうなWi-Fiスポットをすべて無効にして、最低限接続するWi-Fiスポットだけを有効にしておくといいと思います。
    ちなみに自分の場合は、東京メトロの電車の車庫の近くで待機していたとき、たまたま東京メトロWi-Fiの電波が出ている車両が近づいたため、それを拾ってしまって、依頼を受けた直後に回線が切れるトラブルがあったため、受けた直後にキャンセルしたと判断されたことがあります。
  • 「メモリそうじ専科 (サクサク最適化)」
    これは特に無くても大丈夫ですが、これもウィジェットで設定しておくと、タップだけで不要なアプリを停止して、メモリの容量を増やすことができます。ただ「強制終了」とは違うと思うので、一時的に止まるだけだと思います。(一度起動すると強制終了まで動いているアプリは、アプリが一時的に止まってもすぐに復活します)
  • 「GPS One Time」
    これは、GPSの精度を確認するのに使うことができるアプリで、画面上のボタンのタップで現在位置を測定して、画面にマップと住所などを表示できます。共有も可能です。配達の前に精度を確認しておけば、正しく位置情報が表示できるかを知ることができます。これは位置情報を利用したゲームにも活用できるので、うまく位置情報が取得できない場合に確認に使えます。
  • 「GPS Reset COM」
    これは、GPSをリセット・初期化ができるアプリで、うまく位置情報が取得できない、または現在位置がおかしく表示されるなどの場合、GPSのリセットができます。屋外でGPSをリセットして、空が見える場所でスマートフォンを使っていれば、GPSの電波を徐々に受信して、正確な位置情報の取得が可能になります。ちなみに、日本語で表示できますが、多機能のようですが自分はイマイチ使い方がわかっていないため、GPSのリセットだけに使っています。
  • 「Wifi AP Switch」
    これは、不要なWi-Fiに接続できないように、一時的にWi-Fiスポットを無効にできるアプリで、例えば、配達中に弱い電波のWi-Fiスポットに自動接続してしまい、通信に問題が起きるなど、通信に関するトラブルを防ぐことができます。接続したことのあるWi-Fiスポットは記録に残るため、再度Wi-Fiをキャッチすると自動で接続してしまいます。おまけに、無料のWi-Fiスポット接続アプリを起動しているときは、認証が自動で行われて普通に接続できるのですが、弱いWi-Fiスポットの場合、認証がうまくいかずに接続と切断を繰り返すなど、通信がうまくいかなくなる場合があるため、不要なWi-Fiスポットをあらかじめ無効にしておくことで、配達中の通信状態を維持することができます。アプリでは、Wi-Fiスポットを切り替えスイッチで自由に無効にしたり有効にしたりできるので、配達中に勝手に受信して問題が起きそうなWi-Fiスポットをすべて無効にして、最低限接続するWi-Fiスポットだけを有効にしておくといいと思います。
    ちなみに自分の場合は、東京メトロの電車の車庫の近くで待機していたとき、たまたま東京メトロWi-Fiの電波が出ている車両が近づいたため、それを拾ってしまって、依頼を受けた直後に回線が切れるトラブルがあったため、受けた直後にキャンセルしたと判断されたことがあります。

収入源が確保できるようになるまで頑張ります!

今のところ、個人事業主でも法人でもなく、個人の実名で別のサイトを運営していますが、代理店や取次店として各種サービスの取り次ぎをしたくても、知名度も低く、アクセスもほとんど無いため、全く収入になっていません。そこでしばらくは、配達員として頑張り、新たな収入源を確保できるように、現在検討している新たな代理店や取次店などに登録(登録には費用がかかります)し、最低でも国民年金保険料が毎月払えるように、また、地震や台風その他、災害義援金などの寄付もできるように、さらに、独立開業ができるように頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

ちなみに、使えるお金は限られているため、現在、60円から食事の寄付ができる、国連WFPの「ShareTheMeal」で少額の寄付をしています。
ShareTheMeal(国連WFP) : https://sharethemeal.org/ja/index.html

最新情報(2020/03/22)

久々の更新。アプリの情報を追加しました。(2020/03/22)


現在、東京の足立区内で、屋外用のラジオを自転車の前かごに積んで、ラジオを聴きながら運転(配達)しています。夜間には、LEDのランタンを前かごに載せて明るくして運転しています。わざと目立つように?すれば警戒されないだろうとの判断です。他人には何もしないので、警戒しないでください。
警戒しなければいけない相手は、チラシポスティングなどの部外者ですよ。

それから、Wi-Fiのテザリングを使って、メッセージ?も配信していますので、Wi-Fiの一覧を表示して確認してみてください。
(配達時に配達用のアプリを起動しているため、負荷を減らすために、テザリング系のアプリを停止していることがあります)

参考情報
世界のWi-Fiを活用した巧みなプロモーション10選 | AdGang
https://adgang.jp/2015/02/88429.html