ウーバー 大阪 タクシーの
プロモーションコードで
Uberの無料乗車の方法は

スマホに Uber・ウーバーアプリをダウンロード、

iPhone
https://itunes.apple.com/us/app/uber/id368677368

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ubercab


初期設定は、

①携帯電話番号を入力する

②メッセージで送られてくる4桁のコードを入力

③メールアドレスを入力

④アカウントのパスワードを設定する

⑤名前を入力する

⑥規約・個人情報保護方針に同意する

⑦支払い方法を設定する(スキップ可能)

重要なのは!

無料乗車ができるプロモーションコードの入力!

メニュー画面から「支払い」を選び、
「プロモーションコードを追加」から

ubertokyolove

を入力

これで無料乗車クーポンの適用が完了!

あとは、Uber・ウーバータクシーを利用して降車時には自動的に無料プロモーションが適用されます

Uber・ウーバータクシー大阪
クーポンの使い方は?

Uber・ウーバータクシーの使い方は、

①Uber・ウーバータクシーアプリからタクシーの配車依頼をする

②位置情報により、タクシーが配車される

③Uber・ウーバータクシーに乗って目的地へ

④到着したらUber・ウーバータクシーに事前に登録したクレジットカードで支払い

Uber・ウーバータクシー降車時に自動的に無料乗車クーポンの適用が完了!
無料プロモーションが適用されます













現在
UberTaxi・ウーバータクシーの配車エリアは、「未来都」の営業エリアである「大阪市、堺市、東大阪市、八尾市、守口市、門真市、吹田市、豊中市 」です

Uber Eats・ウーバーイーツ 大阪
2000円クーポン券の
プロモーションコードは

Uber Eats・ウーバーイーツ 大阪 2000円クーポン券のプロモーションコードは

eats-ubertokyolove


Uber・ウーバータクシーアプリと同じく、インストールしてからプロモーションコードを入力しましょう!

iPhone
https://itunes.apple.com/us/app/uber/id368677368


Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ubercab.eats
























個人情報保護方針

本ポリシーには、Uber のサービスを提供するために、Uber およびその関連会社が、個人情報をどのように収集し、使用するかが記載されています。本ポリシーは、Uber のアプリ、ウェブサイト、機能またはその他のサービスを利用する世界中のユーザーに適用されます。ただし、Uber Freight 個人情報保護方針 などのプライバシー ポリシーが別途適用される場合は、この限りではありません。本ポリシーは、具体的に次のユーザーに適用されます。
乗客: 移動サービスを依頼する、または移動サービスの提供を受けるユーザー。
ドライバー: 個人で、または交通輸送のパートナー会社を通じて移動手段を提供するユーザー。
配達受取人: 料理またはその他の物品の配達を依頼するユーザー。
配達パートナー: 配達サービスを提供するユーザー。
本ポリシーは、Uber のサービスを利用するために、アプリに関する情報を Uber に提供する人、または Uber のサービスに関してその他の理由により Uber が受け取る情報 (Uber Eats レストラン パートナーに関係する個人の連絡先情報など) の主体である人にも適用されます。本ポリシーの目的において、本ポリシーの適用対象者を、以下「ユーザー」といいます。

本ポリシーに記載された取り組みは、Uber が事業を運営する地域の適用法に準拠します。すなわち、特定の国または地域において Uber は、当該地域の法律に基づき認められることを条件として、本ポリシーに記載されたものに限り、その取り組みを行うことを意味します。ご自身の国または地域における Uber の取り組みについてのご質問は、Uber にお問い合わせください。

Uber または Uber の代理人は、次の情報を収集します。

ユーザーが提供する情報
これには、次の情報が含まれる場合があります。

ユーザー プロフィール: ユーザーが Uber アカウントの作成や更新を行った時点で、Uber による情報収集が行われます。収集される Uber アカウントの情報には、ユーザーの氏名、メール アドレス、電話番号、ログイン名とログイン パスワード、住所、支払い情報または銀行情報 (関連の支払い確認情報など)、社会保障番号、運転免許証、パスポートなど政府発行の識別番号 (法律によって要求される場合)、生年月日、写真および署名が含まれる場合があります。収集される Uber アカウントの情報には、ドライバーの車両または保険に関する情報も含まれます。さらに、ユーザーが Uber アカウントで有効にしている優先度および設定も含まれます。
身元確認情報: ドライバーまたは配達パートナーとして Uber のサービス利用登録を行ったユーザーについて、Uber は、身元確認情報を収集する場合があります。収集される身元確認情報には、運転経歴または犯罪記録 (法律により認められる場合) などの情報が含まれる場合があります。このような情報は、Uber の代理業者が収集する場合があります。
人口統計上のデータ: Uber は、ユーザー アンケートなどからユーザーに関する人口統計上のデータを収集する場合があります。一部の国においては、Uber がユーザーに関する人口統計上の情報を第三者から取得する場合があります。
ユーザーのコンテンツ: ユーザーがカスタマー サポートに連絡したとき、他のユーザーに関する評価や苦情の申し立てを行ったとき、またはその他の理由により Uber に連絡したとき、Uber は、ユーザーが送信した情報を収集する場合があります。
ユーザーが Uber のサービスを使用する際に作成される情報
これには、次の情報が含まれる場合があります。

位置情報

ユーザーが利用する Uber のサービスおよびアプリ設定または機器の許可に応じて、Uber は、GPS、IP アドレスおよび Wi-Fi などのデータを通じて特定されるユーザーの正確な位置情報、またはおおよその位置情報を収集する場合があります。

ユーザーがドライバーまたは配達パートナーである場合、Uber は、ユーザーの機器上で Uber アプリがフォアグラウンド (アプリが起動され画面上に表示されている状態) またはバックグラウンド (アプリが起動されているが画面上に表示されていない状態) で実行されているときに、位置情報を収集します。
ユーザーが乗客で、位置情報データの処理を許可している場合は、Uber アプリがフォアグラウンドで実行されているとき、Uber は位置情報を収集します。特定の地域においては、ユーザーがアプリ設定または機器の許可からこのような情報収集を有効にしている場合、Uber は、Uber アプリが機器のバックグラウンドで実行されているときにこのような情報を収集します。
乗客および配達受取人は、その位置情報を Uber に収集させることなく Uber アプリを利用できます。ただし、この場合、ユーザーが Uber アプリで利用できる機能に影響する可能性があります。たとえば、Uber によるユーザーの位置情報の収集を有効にしていない場合、ユーザーが乗車場所の住所を手動で入力する必要が生じます。また、ユーザーが Uber による位置情報の収集を有効にしていない場合でも、乗車中にドライバーの位置情報が収集され、そのユーザーのアカウントにリンクされます。
取引情報

Uber は、ユーザーによる Uber のサービス利用に関する取引の詳細情報を収集します。これには、ユーザーが依頼または提供したサービスの種類、注文の詳細、配達情報、サービス提供の日時、請求金額、移動距離、および支払い方法が含まれます。さらに、他者がユーザーのプロモーション コードを利用した場合、Uber はユーザーの氏名と当該他者を関連付ける場合があります。

利用情報

Uber は、ユーザーによる Uber のサービスの活用方法についての情報を収集します。これには、アクセスした日時、閲覧したアプリの機能またはページ、アプリのクラッシュおよびシステム上の他のアクティビティ、ブラウザの種類、ならびにユーザーが Uber のサービスを活用する前に使用していた第三者のサイトまたはサービスが含まれます。Uber は、Cookie およびピクセル タグ、ならびに識別子を作成し維持する類似の技術によってこのような情報を収集する場合があります。このような技術の詳細については、Uber の Cookie に関する声明 をご覧ください。
機器情報

Uber は、ユーザーが Uber のサービスにアクセスするために使用する機器の情報を収集する場合があります。これには、ハードウェアのモデル、機器の IP アドレス、OS とそのバージョン、ソフトウェア、ファイル名とそのバージョン、選択言語、機器固有の識別子、広告の識別子、シリアル番号、機器の動作情報、およびモバイル ネットワーク情報が含まれます。

コミュニケーション データ

ユーザーは、Uber アプリ、ウェブサイトおよびその他のサービスを通じて、その他のユーザーまたは Uber と連絡を取ることができます。たとえば、ドライバーと乗客、および配達パートナーと配達受取人は、相互に電話やテキスト メッセージによるやり取りができます (一部の国では双方の電話番号を開示することなく通話やメッセージの送受信が可能です)。Uber は、このサービスを提供する目的で、電話またはテキスト メッセージ送信に関する情報を受け取ります。これには、電話またはテキスト メッセージ送信の日時およびその連絡内容が含まれます。Uber は、カスタマー サポート サービス (ユーザー間の紛争解決など)、安全および安心の確保、Uber の製品およびサービスの向上、ならびに分析に用いる目的で、これらの情報を使用する場合もあります。

他の情報源からの情報
これには次の情報が含まれる場合があります。

評価または苦情などのユーザーからのフィードバック。

紹介プログラムに関して自身の情報を提供するユーザー。

ユーザーを代理してサービスを依頼するユーザー。

申し立てまたは紛争に関して情報を提供するユーザーまたは第三者。

ユーザーが Uber アカウントの作成またはアクセス時に経由した Uber のビジネス パートナー。決済サービス プロバイダー、ソーシャル メディア サービス、オンデマンド音楽サービス、Uber の API を使用するアプリもしくはウェブサイト、または Uber がその API を使用するアプリもしくはウェブサイト (ユーザーが Google マップ から配車を依頼した場合など) などがこれに該当します。
保険提供者 (ユーザーがドライバーまたは配達パートナーの場合)。

金融サービス提供者 (ユーザーがドライバーまたは配達パートナーの場合)。

交通輸送のパートナー会社 (その会社に関連するアカウントを通じて Uber のサービスを使用するドライバーの場合)。

ユーザーが使用するビジネス用 Uber または Uber の家族用プロフィールの所有者。

公的に入手できる情報源。

マーケティング サービス提供者。

Uber はこれらの情報源から収集した情報と Uber 自らが保有する他の情報を組み合わせることができます。